コラム

 公開日: 2017-10-03  最終更新日: 2018-02-15

保護者の方とピアノ教本

レッスンで習ったことを定着させ上達につなげたい場合、やはり練習が必要です。
ただ、小学校に上がる前の生徒さんには「宿題」という概念がほぼありません。
「お家でやってこようね。」
やる、やらないは別として、このフレーズがすんなり通じるのは、小学生以上の生徒さんです。

それまでの「お家でやってこようね。」はどうするのでしょう。
「お家の方とやってこようね?」

ピアノの先生に、お家の状況をお伝えしてみるといいですよ。

実は昭和に使われてきた「バイエル」などは、お家にお母さんがいて、ピアノのそばについて指示があって成立する教本です。
今は働くお母さんも増え、お子さんのピアノをお家でみる時間がなかなか取れませんよね。
お子さんの練習時間も減っている時代変化に合わせて、ピアノ教本も新しくなっています。
「練習は少なく。でもピアノが弾けるようになりたい。」という声に答えて、進度はゆっくりですが 、一人でも取り組みやすいイマドキの教本が出てきています。

最初はスイミングスクール感覚で、ピアノレッスンに通う考え方も有りです。

保護者の方に進度についての考え方やお家で練習に関われる時間などをきいて、
よりよいレッスンにつなげます。


1710pianotextbook
2017年発行「ピアノ教本ガイドブック」著者、山本美芽先生 ピアノ教本セミナー受講


●10月1日更新ブログ
レッスンは水物

●サロン・ド・アコール ピアノ教室 ホームページ
https://s-d-accord.com

この記事を書いたプロ

サロン・ド・アコール [ホームページ]

ピアノ講師 松浦容子

岡山県岡山市中区 (詳しい住所は予約時にお伝え致します) [地図]
TEL:080-5612-6307

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

76

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
松浦容子さん

心身に安らぎを与え、美と健康を導くピアノレッスン(1/3)

 小さな子どもから大人まで、幅広い年代層の生徒が集まるピアノ教室「サロン・ド・アコール」。岡山市中区に教室を構える主宰の松浦容子さんは、長年の講師経験から生徒の個性や能力に合わせ、生涯にわたってピアノと親しめるようなレッスンを提供しています...

松浦容子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

生徒の理解力を重視し心を込めて指導

屋号 : サロン・ド・アコール
住所 : 岡山県岡山市中区 [地図]
(詳しい住所は予約時にお伝え致します)
TEL : 080-5612-6307

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5612-6307

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松浦容子(まつうらようこ)

サロン・ド・アコール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
HQ(人間性知能)の向上
イメージ

昨年末だったでしょうか、テレビで、脳科学者の澤口俊之先生が「習い事をさせるならピアノがいい」「ピアノが脳に...

[ ピアノ ]

毎日ピアノに向かう習慣が身につくまで
イメージ

レッスンでは、ピアノを弾く技術だけではなく、続ける力を養うことにも力を注いでいます。ピアノ以外で、何かを...

[ ピアノ ]

本番力は、本番で身につける
イメージ

人生では、「ここぞ」という場面に臨むことが必ずありますよね。学校行事や受験、試合、試験、面接、プレゼン、...

[ ピアノ ]

王様に出会う儀式
イメージ

大きさ、重さ、構造、性能の面から、「ピアノは楽器の王様」という説があります。グランドピアノの圧迫感、重厚...

[ ピアノ ]

2年後は「エリーゼのために」
イメージ

「弾いてみたい曲はありますか。」という私の質問に、「『エリーゼのために』とかですかね。」と答えられた40代男...

[ ピアノ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ