コラム一覧

1件~15件(20件)

過去の15件

脳はごちそうを待っている

イメージ

脳にとってのごちそう、それは、複雑で難解なものだと言われています。楽なもの、安易なものは飽きやすく好みではないようです。そのような特性の臓器・脳に、栄養を与えるには、クラシックのオーケストラ音楽がおススメです。なんといっても響きの層が重厚。様々な種類の楽器の響きに触... 続きを読む

音楽

2018-02-15

ホットな韓国クラシック界

イメージ

間もなく平昌オリンピックの開幕です。その開催国の韓国では、才能あふれる若き音楽家が次々と育ち、国際舞台で頭角を現しています。一部ですがご紹介しましょう。            :2008年 ロン=ティボー国際コンクール ヴァイオリン部門 第1位 シン・ヒョンス2011年 エリザベート... 続きを読む

音楽

2018-02-05

福を呼び込む歌で、音感も身につける

イメージ

そろそろ暦の上では春を迎える節分ですね。恵方巻きに福豆、鬼のお面…と、準備リストにもう一つ加えたいのが「まめまき」の歌。おにはそとふくはうちぱらっ ぱらっぱらっ ぱらっまめのおとおには こっそりにげていくおにはそとふくはうちぱらっ ぱらっぱらっ ぱ... 続きを読む

音楽

2018-01-25

音楽を味方に

イメージ

前回のコラムに続き、今回は「音楽を味方に」ということで、アメリカ生まれの音楽による認知症ケアプログラム「ミュージック・アンド・メモリー」についてです。私の祖母は認知症ではありませんでしたが、晩年をケアハウスで過ごしました。身内への少ない頼みの一つが「ラジカセを持ってき... 続きを読む

音楽

2018-01-15

2018年、音を味方につける

イメージ

謹んで、新年のお慶びを申し上げます。初詣のお参りをされた方も多いのではないでしょうか。実は、参拝の中で発する音には、厄払い、お清め、神様につながる役割があるのです。柏手、鈴、銅、鐘、祝詞。(参拝先によって異なる)音が空気にバイブレーションを起こし、邪気を払い、神様... 続きを読む

音楽

2018-01-05

ピアノで高める心の伸縮性

イメージ

私が今年のニュースから共通して感じたと、それは「身の破滅を招く怒りの扱い」についてです。暴言、煽り運転、殴打…おわかりでしょうか。誰しも、思い通りにいかずカッとなり、瞬時に怒りの沸点に達することはあるでしょう。しかしその後どうするか。思い出したレッスンがあります。レ... 続きを読む

ピアノ

2017-12-25

手先を使う遊びで指の発達を

イメージ

寒波到来… 室内で過ごすことが増えてきますね。室内遊びのメニューに、次のような遊びを加えてみてください。指や関節の発達が自然に促されて、ピアノを弾く時のフニャフニャ指がしっかりしてきます。お手玉・おはじき・あやとり・折り紙ビーズ遊び・リリアンの指編み影絵・手遊び歌... 続きを読む

ピアノ

2017-12-15

師走の季節を心穏やかに

イメージ

「きよしこの夜」「諸人こぞりて」「牧人ひつじを」「あら野のはてに」「さあかざりましょう」「神のみ子は」これらはクリスマスソングに欠かせない定番曲ですが、8世紀頃から歌い継がれている讃美歌です。讃美歌はキリスト教において礼拝や集会などで一般民衆が一斉に歌う神を... 続きを読む

音楽

2017-12-05

毎日ピアノに向かう習慣が身につくまで

イメージ

レッスンでは、ピアノを弾く技術だけではなく、続ける力を養うことにも力を注いでいます。ピアノ以外で、何かを続ける経験があれば、それは幸運です。もし未経験なら、ピアノレッスンを通して、続ける力を身につけてほしいと考えています。とは言え、生徒さんは一人一人、性格も生活スタイル... 続きを読む

ピアノ

2017-11-25

園や学校の発表会で一回り大きく成長する生徒さん

イメージ

この季節は園や学校の音楽発表会がありますね。生徒さんがピアノレッスンから離れたところで音楽を習得している様子を聞くのが、私の楽しみの一つです。本番の日に足を運ぶこともあります。曲目は、流行りのものから、私が遠い過去に演奏した同じものもあります。担当楽器決めは、先生指定... 続きを読む

ピアノ

2017-11-15

王様に出会う儀式

イメージ

大きさ、重さ、構造、性能の面から、「ピアノは楽器の王様」という説があります。グランドピアノの圧迫感、重厚感に、幼児の生徒さんは「怖い」という印象を受けるかもしれませんね。ところが、ピアノの中をのぞいて見たら… 一気に、ピアノのふしぎに夢中!線がいっぱい張ってありますよ。鍵... 続きを読む

ピアノ

2017-11-05

本番力は、本番で身につける

イメージ

人生では、「ここぞ」という場面に臨むことが必ずありますよね。学校行事や受験、試合、試験、面接、プレゼン、実技、告白に出産…(笑)事前に練習を重ねられる場合もあれば、いきなり急に、ということもあるでしょう。そんな「ここぞ」という本番で実力を発揮する力を、ピアノのステージ演奏... 続きを読む

ピアノ

2017-10-25

ピアニッシモに思う事

イメージ

今年の中秋の名月は、雲一つなくまぶしいくらいの月光でした。そんな夜に、倉敷芸文館でのピョートル・アンデルシェフスキ ピアノ・リサイタルに行って参りました。19時開演の会場へは倉敷駅から徒歩で20分ほど。暑くもなく寒くもない秋の澄んだ外気に、足取りも軽くなりました。... 続きを読む

ピアノ

2017-10-15

保護者の方とピアノ教本

イメージ

レッスンで習ったことを定着させ上達につなげたい場合、やはり練習が必要です。ただ、小学校に上がる前の生徒さんには「宿題」という概念がほぼありません。「お家でやってこようね。」やる、やらないは別として、このフレーズがすんなり通じるのは、小学生以上の生徒さんです。それまで... 続きを読む

ピアノ

2017-10-03

謹んで、新年のお慶びを申し上げます。

イメージ

いつもコラムをお読みくださりありがとうございます。本年もよろしくお願いいたします。クリスマス、年越し、お正月と… と非日常モードから、すっかり日常モードに切り替わっていらしたでしょうか?私の切り替えポイントは、娘たちの学校給食の終始に比例しているようですね。キラキラ... 続きを読む

ご挨拶

2017-01-10

1件~15件(20件)

過去の15件

コラムのテーマ

RSS
 
このプロの紹介記事
松浦容子さん

心身に安らぎを与え、美と健康を導くピアノレッスン(1/3)

 小さな子どもから大人まで、幅広い年代層の生徒が集まるピアノ教室「サロン・ド・アコール」。岡山市中区に教室を構える主宰の松浦容子さんは、長年の講師経験から生徒の個性や能力に合わせ、生涯にわたってピアノと親しめるようなレッスンを提供しています...

松浦容子プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

生徒の理解力を重視し心を込めて指導

屋号 : サロン・ド・アコール
住所 : 岡山県岡山市中区 [地図]
(詳しい住所は予約時にお伝え致します)
TEL : 080-5612-6307

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-5612-6307

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松浦容子(まつうらようこ)

サロン・ド・アコール

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
HQ(人間性知能)の向上
イメージ

昨年末だったでしょうか、テレビで、脳科学者の澤口俊之先生が「習い事をさせるならピアノがいい」「ピアノが脳に...

[ ピアノ ]

毎日ピアノに向かう習慣が身につくまで
イメージ

レッスンでは、ピアノを弾く技術だけではなく、続ける力を養うことにも力を注いでいます。ピアノ以外で、何かを...

[ ピアノ ]

本番力は、本番で身につける
イメージ

人生では、「ここぞ」という場面に臨むことが必ずありますよね。学校行事や受験、試合、試験、面接、プレゼン、...

[ ピアノ ]

王様に出会う儀式
イメージ

大きさ、重さ、構造、性能の面から、「ピアノは楽器の王様」という説があります。グランドピアノの圧迫感、重厚...

[ ピアノ ]

2年後は「エリーゼのために」
イメージ

「弾いてみたい曲はありますか。」という私の質問に、「『エリーゼのために』とかですかね。」と答えられた40代男...

[ ピアノ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ