光畑浩美

みつはたひろみ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

[ 岡山エリア他 ]

職種

コラム

 公開日: 2013-08-21  最終更新日: 2016-01-24

月刊ショパン連載: 「大人ピアノ指導のコツ」 第7回 気軽に楽しめる、左手伴奏

大人になってから、「 趣味でピアノを楽しみたい! 」 とお考えの方。
本当に多いですね。

特に多いのは、60代・70代の方々ですね。
でも、よくこんなご意見を耳にします。

「 右手・左手が、バラバラに動くなんて、難しそう!! 」

「 右手のメロディーは、知っている曲なら大丈夫。
でも左手の伴奏が、とても不安。。。! 」

実は、これらの声に応える為、
『 らくらくピアノ® 』 では、とてもシンプルな演奏法を、実践しています。

( 実はこの演奏法が中高年に適しているから、全国的に受講生が増えたのです。。。 )

その内容は、
月刊ショパン:大人ピアノ指導 7月号
『 その7 気軽に楽しめる、左手伴奏 』 にて、楽譜つきで解説させていただきました。



ただでさえ、白鍵盤と黒鍵盤が同じように見えて、
位置が覚えられない大人ピアノ初心者。

まずは、取り外しが可能なシールを貼って下準備です。
( シールは、『中高年から始めるらくらくピアノ』(ハンナ社)
の付録についています。)

シールが必要な人にとっては、これが “ 最大の魅力 ” です。
「 鍵盤が解らない! 」 というストレスから、完全に開放されます。



大人の初心者向け、伴奏方法は、

レベル1、まず 『 単音伴奏 』。
Cは、「ド」を、ポ~ン。
Fは、「ファ」を、ポ~ン。
Gは、「ソ」を、ポ~ン。


レベル2、和音で弾く、『 じゃん・じゃん伴奏 』。
Cは、「ド・ミ・ソ」を同時に、ジャ~ン。
Fは、「ファ・ラ・ド」を同時に、ジャ~ン。
Gは、「ソ・シ・レ」を同時に、ジャ~ン。

( 慣れたら、ジャン・ジャン・ジャン・ジャン・・・と、
沢山弾くと、ちょっと豪華ですね。 )

これが、大人ピアノ初心者にとっては、
第一歩として、気楽に弾ける伴奏です。

「 アルファベット(コードネーム)に5の指を置いて、5・3・1。
どの和音も、同じ形の手のまま、シュ~~カチャン!と移動します。 」
と声掛けをし、指導するのがコツです。

レベル3は、『 たらりら伴奏 』。

Cは、「ド ソ ミ ソ」。
Fは、「ファ ド ラ ド」。
Gは、「ソ・レ・シ・レ」。

全て、ひたすら 『 5 1 3 1 』 (たらりら♪)
と弾きます。

えっ? これだけなの?? 
それじゃ、簡単すぎる!!

「 シンプルすぎる伴奏型は、つまらないのでは? 」
と思われた、そこの貴方様。
これが、落とし穴です。

確かにシンプル伴奏は、全ての人に合うわけではありません。

でも、『 簡単ケータイ 』 と同じように、
複雑な事が苦手な年配者には、
『 シンプル伴奏 』 が、重要な鍵となるのです。

その後に慣れたら、『 ぶん・ちゃ・ちゃ伴奏 』
さらに、『 ぐるりんぱ伴奏 』 『 ぐるりんぱもどる伴奏 』 
『 どどんぱ伴奏 』 『 大ぶん・ちゃ・ちゃ伴奏 』 ・・を習得します。

詳しくは、楽譜テキスト等
(大譜表での、大人向け楽譜をご希望の方は、コチラをご覧ください。)
又は 各地で開講しております、
『 大人ピアノ指導者養成講座 』 にてお伝え致しますが、

さて、これからが、本題です。

こんな質問を、多くの講師陣からいただいています。
宜しかったら、ご参考になさって下さいね。

Q: 取り外しとはいえ、鍵盤にシールは貼るのは、
   大人の生徒さんにイヤがられませんか?

A: 勿論、必要な人のみです。
   
   しかし実際、現場では、
   「 鍵盤シールがあるから、やってみよう!と思う。 」
   という声を、多くの方から、いただいております。
   ちなみに、大正琴も数字等が書いてある為、
   お琴よりも、気楽にチャレンジ出来るようですね。

   ステップアップ過程の一つとして、
   鍵盤シールを取り入れてみるというのも、一つの方法です。

Q: 和音の基本形にこだわるのは、何故ですか?
   Fは、「ド・ファ・ラ」。 Gは、「シ・レ・ソ」
   とお伝えしたほうが、音楽的にも良いのでは
   ないでしょうか?

A: 子供指導であれば、それでも良いと思います。
   でも、実際に60代・70代のピアノ初心者に弾いていただいたところ、
   多くの方が、まず、「ド・ミ・ソ」を弾くだけで、
   結構大変そうでした。

   理由は、5・3・1で弾く時、4の指が邪魔になるからです。
   「 解っているけれど、4の指が、上がらないの。 」

   その時には、 
   「 手のストレッチのつもりで、チャレンジしてみて下さいね。 」
   と指導するのがコツですが、
   
   さらに、Fを「 ド・ファ・ラ 」 Gを「 シ・レ・ソ 」 としますと、
   「 やっぱり、ピアノは難しい。 」 と、挫折する方がゾロゾロ出現しました。

   まずは、基本和音をマスターし、
   “ 弾ける楽しさ ” を味わっていただく方法をお勧めすると、
   継続に繋がり易いです。

Q: 『 アルファベット(コードネーム)に5の指を置いて、5・3・1。
   同じ形のまま、シュ~~カチャン!と移動します。 」 
   と、お伝えすると、
   “ 左手の移動 ” が多くなりますね。
   大変ではないでしょうか?

A: 現場では、「 移動が、大変。 」 という声よりも、
   「 移動が楽しい。 」 という声が圧倒的に多いです。

   先生方も、幼い頃、ピアノの音域を広く使えると、
   嬉しかったような記憶はございませんか?

   「 同じ形のまま、シュ~~カチャン!と移動。 」 
   という具合に、伴奏を単純化することにより、
   『 たらりら伴奏 』 にもステップアップ出来るようになり、
   弾ける楽しみが増していただけるようです。

   ちなみに、テキストでは、C・F・Gの課題曲が終わりますと、
   D(レ・♯ファ・ラ)、E(ミ・♯ソ・シ)といった和音が、少しずつ加わり、
   同じ5・3・1の形のまま、簡単にステップアップ出来るようになっています。
   
Q: 『 中高年から始める らくらくピアノ 』 テキストでは、
   簡単な『 コードネーム譜 』 と、『 大譜表 』 が出版されていますね。
   大人ピアノ初心者は、どちらの方が、学び易いのでしょうか?

A: 個人差もありますが、
   正真正銘、初めての方(60代後半~・80代)であれば、
   『 コードネーム譜 』 をお勧めします。

   文字も大きく、老眼であっても、ハッキリと見えるように、
   独自の工夫がなされています。

   ※『 コードネーム譜 』 の中身を、ちょっとご覧になりたい方は、
   こちらをクリックして(月刊ショパンオフィシャルホームページ)をご覧下さいませ。

   「 大譜表は、ト音記号とへ音記号で、上下に、目がクラクラ。。。
     さらに、鍵盤も探しながら弾くため、左右に、目がクラクラ。。。 」
     という声が多いですから、
   やはり、年配の方には、『 コードネーム譜 』 がお勧めです。

   しかし、40代。又はちょっと理解力の早い中高年層の方には、
   『 大譜表 』 の方が、反応が良いです。

   「 やっぱり、ピアノと言えば、この楽譜(大譜表)よね。 」
   という気持ち・憧れがありますし、様々な楽譜へと移行し易いです。

Q: 大人のピアノ譜は、CD付きで、様々な出版がされています。
   でも何故か、大人生徒さんは、リズムが苦手のようです。
   どうすれば、テンポ良く演奏できるようになりますか?

A: 確かに、様々な楽譜が出版されていますから、楽しみが増えますね。
   でも、現場で、よく困ることがあります。
   その一つが、やはり伴奏に関する事です。

   (1) あまりにもシンプルな伴奏譜である。
       → シンプルすぎて、拍数を自分で数えているうちに解らなくなる。
       という方が、結構多いです。

   (2) 曲の中で、様々な伴奏型が用いられている。
       → 伴奏の変化を頭に入れる必要があるため、
          1曲をこなす事が、シンドイと感じる方も多いです。

   ですから、シンプルすぎる伴奏の楽譜も、
   現場では結構困ることがありますし、
   
   伴奏形がコロコロと変化する楽譜は、
   初心者にとっては、ハードルが高いようです。

   ちなみに、「 らくらくピアノ 」 では、ずっとテキストの最後まで、
   決まったパターンの伴奏形しか、使用していません。

   その方が、リズムも取り易くなりますし、
   弾ける事を楽しめる、ゆとりが生まれます。
   実際、これにより、格段に継続して学ぶ生徒さんが増加しました。

以上です。

要は、多くの人にとって、
「 左手伴奏は、難しいっ!! 」 
という固定観念が、想像以上に強くある。
という事です。

そこをクリアにしないと、
「 ピアノは、敷居が高い。 」 
という固定観念を拭い去ることは出来ません。

せっかく趣味で始めたピアノ。
どんな伴奏型であれ、その人に適した範囲で、
末永く、楽しんでいただきたいものですね。

この記事を書いたプロ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会   [ホームページ]

教師 光畑浩美

大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL:06-6734-3339

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講師養成講座
イメージ

※ 「らくらくピアノ認定講師養成講座」(大人ピアノ指導者養成講座)の企画・募集・受付等は、各社にて実施されています。直接の会場にてご連絡・お問合わせ下さい...

動画で活動紹介・法人概要
イメージ

■■ 動画で、活動内容をご紹介しています! ■■    https://youtu.be/QkHpyLuVoZU■法人概要■【  設立  】2011年12月7日  (2006年10月結成)【...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
らくらくピアノ|光畑浩美さん

『気軽・喜び・集いの音楽を!』を提供する「らくらくピアノ」(1/3)

「レッスン初日から両手で弾ける」「楽譜が読めなくてもOK」「中高年、特に70~80代が大勢受講」という画期的なピアノセミナー「らくらくピアノ®」が、いま全国各地で大人気。全日本らくらくピアノ®協会(大阪府大阪市北区大深町)代表理事の光畑浩美...

光畑浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

中高年を専門に、「気軽・喜び・集い」の音楽を全国提供。

会社名 : 株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  
住所 : 大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL : 06-6734-3339

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6734-3339

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

光畑浩美(みつはたひろみ)

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「らくらくピアノ」を、生き甲斐の一つとしています。

毎日、亡くなった妻の写真に向かって「エリーゼの為に」を弾...

玉野市: 多賀 栄一
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(14

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
株式会社クレディセゾン、UCカード・セゾンカード会員誌に掲載されました!
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクトLED関西クレディセゾン賞を受賞しましたので、こ...

[ お知らせ ]

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト『LED関西」 5社からサポート賞を受賞
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト「LED関西」。『5秒で世界が広がる らくらくピ...

[ お知らせ ]

DVD注文・予約開始!『講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2』 講演:光畑浩美
イメージ

■ DVD注文・予約開始!『 講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2 』 講演:光畑 浩美おかげ...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」が開催されました!
イメージ

■第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」開催:2015年12月1日2015年12月1日。 山陽新聞本社 さん...

[ 【 グレード認定・発表会・コンサート 】 ]

2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?
イメージ

■ 2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?今回は、『...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ