光畑浩美

みつはたひろみ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

[ 岡山エリア他 ]

職種

コラム

 公開日: 2013-04-30  最終更新日: 2016-01-24

月刊ショパン連載:「大人ピアノ指導のコツ」 第4回 弾いて・歌って・学べる総合音楽教室 

月刊ショパン 4月号では、

Q: 大人の生徒さんが、途中で挫折されました。
どうすれば長く通っていただけるのでしょうか?

という問いに関する内容を、執筆させていただきました。

中高年の男性が好む、レッスンの仕方。
そして、中高年の女性が好む、レッスンの仕方を、

なんと、“ お料理 ” で例えて、説明しています。
( 宜しかったら、月刊ショパン4月号をご参照くださいね。 )

しかし現場では、相手・年齢に構わず、
『 情熱の、丼ぶりレッスン 』 を行う講師が多いですね。

( 『 情熱の、丼ぶりレッスン 』 とは、
ひたすらピアノ演奏法のみを、情熱的に指導するという意味です。 )
 
講師は “ 情熱 ” を傾けて教えますから、 
満足感に浸れるのですが、

受講生は、年齢を重ねるほど、
次第に 『 丼ぶりレッスン 』 を、シ・ン・ド・イ と感じます。

『中高年にはシ・ン・ド・イ、情熱の丼ぶりレッスン』
    中高年にはシ・ン・ド・イ『 情熱の丼ぶりレッスン 』
 
講師の熱意は、伝わったとしても、
中高年には、体力の限界があります。

さらに、家族の世話、ご自分の病気等。。
様々な理由もあります。

ですから、ピアノ演奏だけの、
『 情熱の、丼ぶりレッスン 』 では、
長続きしていただくのは、難しいです。

では、長続きするレッスンの秘訣とは何でしょうか?

それは、
『 弾いて・歌って・学べる総合音楽教室 』 である事です。
秘訣は、『弾いて、歌って、学べる総合音楽教室』
    秘訣は、『 弾いて、歌って、学べる総合音楽教室 』

勿論、大好きなピアノ演奏も大切ですが、
■ 脳を活性化するための、中高年ソルフェージュ。
■ 知識を高めて理解を得る、簡単な楽典や曲背景。
■ 気兼ねなく楽しめる、歌の時間。
■ 豊かな時間を実感できる、コンサートやプチ演奏。

など。

たとえ、思うように練習が出来なくても、
そして、たとえ体力的に思うように演奏が出来なくても、

様々なメニューを、
バランス良く、楽しんでただけるように提供する。

これが、長続きするレッスンの、秘訣です。

さてさて、では、それに関する裏話を致しましょう。。。

『 弾いて・歌って・学べる 』 だけでも、足らない。
本当の長続きのコツとは・・というお話です。

先日、あるカルチャー(全体の)責任者の方が、このようにお話下さいました。

「 最近は、どの分野でも、
“ 講師募集 ” に関するお問い合わせが増えています。

時には、受講生からのお問い合わせよりも、
講師からのお問い合わせが多いことも。

特に、ピアノ関係の方からのお問い合わせは、大変多いです。

でも、カルチャー教室は、
子供指導できる講師を、殆ど求めていないのです。

だって、カルチャー受講生は、
中高年層が主流ですから。 

・・(中略)
子供指導の価値観で、大人の指導をされても、困るでしょ。

でも、それを解っていない講師が、多すぎます。 」

又、別地域の、カルチャー責任者の方からは、
この様なお話がありました。

「 ピアノの講師の方は、何故か、
“ いかに、上手に指導できるか ”
いかに、カリキュラムを組むか ”
という点ばかりに、こだわる方が多いですね。

でも、受講生は、
年齢的に、それに応えることが出来ません。

だから、結局、辞めてしまいます。

やはり、指導ノウハウだけでは駄目ですね。

うち(カルチャー)としては、
心から楽しく・長く学んで下さるように指導できる講師
を求めているのです。 」

( 幸い、「 らくらくピアノ 」 は、カルチャー様のほうから、
『 講師紹介 』 を依頼されることが多くありますから、
ホッとしていますが。。 )

彼ら(責任者)の言葉の意味を、
お解りになっていただけたでしょうか?

指導ノウハウ習得や、
カリキュラム構成だけでは、
駄目ってことです。

体力・知力に限界を感じても、楽しめるように、
『 高齢化社会のニーズを知って、
運営法・モチベーションアップ術なども学んで、
“ 実践 ” する必要がある。』 ということです。

彼ら(責任者)の言葉。
ある意味、私はとても共感しています。

なぜなら、大人指導の経験が少ない講師達は、必ず、
一番最初に、このような質問をしてくるからです。

「 光畑先生? このテキストは、
どの位の期間で終わらせれば良いのでしょうか? 」

いかにも、
うわべだけの指導ノウハウを求めているような質問です。

相手も見ないで、そんな質問をするなんて・・。
本当に、がっかりします。

確かに、子供ピアノ指導では、
『 テキストを進める → 進歩の証 → 人間的成長の喜び 』
という図式が成り立ちます。

でも、大人(中高年)ピアノ初心者の指導では、
『 テキストを進める → 最も大きな喜び 』 であるとは限らないのです。

何度もお伝えしていますが、
うわべだけの、指導ノウハウでは、
現場は、通用しません。

彼らが一番に求めているのは、 『 価値ある生活 』 です。

心を燃やして、打ち込める “ 時間 ”。
その事で、周りの人が喜んでくれるという “ 事実 ”。
そして、共に人生を歩める “ 仲間づくり ” 。

これらを “ 実感 ” する事で、
『 価値ある生活 』 となり、レッスン継続へと繋がります。


    『 心を燃やして、打ち込める時間 』


    『 周りの人が喜んでくれるという、事実 』
    『 共に人生を歩める、仲間づくり 』

    体力・知力に限界を感じても、楽しめるように、
    『 高齢化社会のニーズを知り、
    運営法・モチベーションアップ術なども学び、
    “ 実践 ” する必要がある。』 ということです。

微妙なところですが、
上手くお伝え出来ていますでしょうか?

くどいようですが、
中高年は、体力・知力的にも限界がありますから、
『 演奏の上達 = 長くレッスンに通う。 』
『 様々なメニューの提供 = 長くレッスンに通う。 』 
という訳では無い、ということです。

ぜひ、気をつけたいものですね。

ところで、先日、心温まるエピソードがありました。

彼女は、70代・女性。 ショートヘアの、お洒落な方です。
いつもバスを利用して、7年間もカルチャー教室へ通ってきて下さっています。

とても前向きな方で、輝くような笑顔をされるのですが、
実は、乳がん。
過去に大きな手術を、2度もご経験されています。

先日、その彼女が、
小さな声で、私に打ち明けて下さいました。

「 光畑先生。。。 昨日、残念ながら、
乳がんから、他の場所へ転移が見つかりました。

何故か、癌は、
体の内側へ、内側へ・・・と、
広がっていくのですね。

今度は、もう、手術をするのではなくて、
きつい抗がん剤を、飲む方法のようです。

この薬の説明書を読むと、
がっかりするような事ばかりが、
何ページにも渡って書いてありました。

それを一つ一つ読みながら。。 覚悟して。。
今日は、薬を沢山飲んで、ここへ来ました。

と言うより。。 

今日は、なんとか、来れました。。

( 彼女は、言葉を詰まらせながら、
それでも、毅然とした態度で、私に伝えて下さいます。 )

先生? 私、ピアノ。。 
弾いていて、良かったと思います。

8月のフェスティバルには、もしかしたら、
これを弾けるかも知れませんものね。

ちょっと、しばらくは、大変かも知れませんが。。 」

彼女の横顔を見ても、
私には、どうする事も出来ません。

それが、とても、とても、悔しく思います。

人よりも、2倍も3倍も前向きに、過ごしている彼女。

もう既に痩せ細ってしまっている、手足。

それでも、お洒落な格好をして、
笑顔を絶やさない彼女。

そんな彼女に、授業終了後、
カルチャー受講生の仲間が、声を掛けます。

「 検査、どうだった? 」

ほんの短い会話が交わされた後、
8名ほどが、素早く彼女のもとに集まります。

そして、彼女を中心に、支えるようにして、取り囲み、
ほんのひとときの “ お茶 ” へと向かいました。

これが、「 らくらくピアノⓇ 」 の求める
教室のあり方だと、思いました。
(こうなってくると、
受講生の数がどうこう、メソッドがどうこうという話では無いですね。)

『 事実は、変わらないかも知れないけれど、
心だけは、結ばれていたい。。。 』

そんな皆さんの、お気持ちが、
胸に熱く、ストレートに伝わってきました。

この現場を、ひとつ振り返ってみても、
痛感します。

頭だけの理解では、駄目です。

口先だけの論議では、駄目です。

足を運んで、心を知り、
共に泣いて・共に笑って、
共に、 『 価値ある生活 』 を過ごせる講師であれ!

そう、心から願います。

講師として、力を合わせて頑張ってまいりましょう!

次回は、
『 集客に繋がる、地域密着型の音楽教室 』 に関して、
お話致します。

by.
「 中高年ピアノ初心者を指導するプロ
  全日本らくらくピアノⓇ協会  代表理事 光畑 浩美 」


 お知らせ  
『 中高年メソッド 』、『 高齢化社会のニーズと教室運営法 』、
『 中高年モチベーションアップ術 』 等は、
【 らくらくピアノ認定講師養成講座 】 で学べます。

現在、東京・横浜・埼玉・大阪・京都・滋賀・和歌山・岡山・香川 で開講中です。
詳しい日程やお問い合わせ・お申し込み等は、こちらをクリックしてご覧下さいませ。

この記事を書いたプロ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会   [ホームページ]

教師 光畑浩美

大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL:06-6734-3339

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講師養成講座
イメージ

※ 「らくらくピアノ認定講師養成講座」(大人ピアノ指導者養成講座)の企画・募集・受付等は、各社にて実施されています。直接の会場にてご連絡・お問合わせ下さい...

動画で活動紹介・法人概要
イメージ

■■ 動画で、活動内容をご紹介しています! ■■    https://youtu.be/QkHpyLuVoZU■法人概要■【  設立  】2011年12月7日  (2006年10月結成)【...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
らくらくピアノ|光畑浩美さん

『気軽・喜び・集いの音楽を!』を提供する「らくらくピアノ」(1/3)

「レッスン初日から両手で弾ける」「楽譜が読めなくてもOK」「中高年、特に70~80代が大勢受講」という画期的なピアノセミナー「らくらくピアノ®」が、いま全国各地で大人気。全日本らくらくピアノ®協会(大阪府大阪市北区大深町)代表理事の光畑浩美...

光畑浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

中高年を専門に、「気軽・喜び・集い」の音楽を全国提供。

会社名 : 株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  
住所 : 大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL : 06-6734-3339

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6734-3339

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

光畑浩美(みつはたひろみ)

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

自宅教室だけではない方法を知り、新たな挑戦が始まりました。

らくらくピアノ認定講師養成講座に通い始めたのは、友人の一...

松本 陽子
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
株式会社クレディセゾン、UCカード・セゾンカード会員誌に掲載されました!
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクトLED関西クレディセゾン賞を受賞しましたので、こ...

[ お知らせ ]

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト『LED関西」 5社からサポート賞を受賞
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト「LED関西」。『5秒で世界が広がる らくらくピ...

[ お知らせ ]

DVD注文・予約開始!『講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2』 講演:光畑浩美
イメージ

■ DVD注文・予約開始!『 講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2 』 講演:光畑 浩美おかげ...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」が開催されました!
イメージ

■第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」開催:2015年12月1日2015年12月1日。 山陽新聞本社 さん...

[ 【 グレード認定・発表会・コンサート 】 ]

2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?
イメージ

■ 2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?今回は、『...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ