光畑浩美

みつはたひろみ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

[ 岡山エリア他 ]

職種

コラム

 公開日: 2013-02-23  最終更新日: 2016-01-24

月刊ショパン連載:「大人ピアノ指導のコツ」 第1回 高齢化社会ニーズ・顧客は何を求めているの?

今回の月刊ショパン3月号「 大人ピアノ指導 」 では、
『 その3 学びたくなるような教室づくり 』 と題して、執筆させていただきました。
宜しかったら、ご覧下さいね。

ところで、
『 その1 高齢化社会のニーズ 顧客は何を求めているの? 』 についてですが、

お蔭様で、とても大きな反響をいただきました。
ありがとうございます。

ではさらに、もう少し内容を噛み砕いて、
 『 高齢化社会のニーズ 』 をお伝えさせていただきますね。

ご存じの通り、今は、超高齢化社会です。

総務省統計局によれば、
現在、 「 65歳以上は、4人に1人の割合 」 になっているそうです。

ピアノの先生も、それは痛感されています。

『 一生懸命に指導していれば、そのうち、だんだん生徒が集まる 』
という法則は、完全に崩れてきている時代です。

子供は少なくなっていますし、自分も少しずつ年齢を重ねています。

ですから多くの先生方は、こう考えます。
「 午前中、または、午後の早い時間帯で、
大人を対象に、ピアノを教えることが出来ないかしら・・? 」 と。

ごもっともな、お気持ちです。
私も以前、同じことを考えていました。

同時に、
心の片隅ではありますが、ちょっと本音も隠しています。

『 出来れば、自宅でレッスンしたい。 』 
『 子供指導のように、1対1のレッスンで。 』 
『 どこかに、熱心にピアノを学びたいと望まれる、大人生徒さんは居ないかしら? 』
と。

子供ピアノ指導の経験を、しっかりと積み重ねている先生方なのですから、
そう願うのも、無理はありません。

でも、蓋を開けてみると、
『 自宅 』 に来てくれる大人の生徒さんは、
子供生徒ほど、多くはありません。

これが 現 実 です。

自分の地域だけ、少ないのではなく、
どの地域でも同じです。

では、大人の生徒さん(特に60歳以上の、中高年)は、
ピアノを弾きたくないのでしょうか?

いえいえ!!
とんでもありません!!

高度経済成長の時代、一生懸命に仕事をしていた大人生徒さん。

子供の頃から、憧れているピアノ。

娘に習わせた人々の多くは、こう言います。
「 実は、私が習いたかったのよ。 」 と。

心にも、脳にも良い、ピアノ。
趣味として、多くの人々がピアノを、楽しみたいと望まれています。

でも、ここからが問題。

『 大人のピアノは、ニーズが多様化 』 しています 。

これを、多くのピアノの先生は、本当の意味で理解されていない気がします。

結果から、お伝えします。

自宅教室に足を運んで、学びたいと願う大人生徒さんは、少ないです。

そして、大半の、大人の生徒さんは、
『 地域の皆様と交流しながら、又は、同世代の皆様と交流しながら、
学びたい 』 と願っています。

これが、 『 高齢化社会のニーズ 』 です。

彼らの年代は、ダンス・絵手紙・水泳・合唱・詩吟・・・と、多忙です。

月曜日の午前中は、○○。 午後は、○○。
火曜日の午前中は、○○。 と、だいたい月2回のペースで、
スケジュールが決まっています。

多くの場合、それは 『 地域の施設 』 で行われます。

駐車場の便利が良い場所ですし、
『 地域の施設 』 では、様々な人に出逢えます。

彼らは、 『 広く・長く・学びたい 』 と願っています。
しかも、とても真剣に、それに向かって学びます。

多くの場合、ピアノ教室は、個人宅です。
そして、大人の生徒さんの多くは、主婦です。

主婦は、他のお宅に御邪魔する事を、遠慮します。

掃除やお茶を出すこと。。
その他いろいろ。。
家を守ってきた主婦だからこそ、気兼ねします。

そういう意味では、
『 地域の施設 』・『 カルチャー教室 』・『 楽器店 』
のほうが、よほど気楽です。

ピアノ講師は、本当の意味で、
『 大人のピアノは、ニーズが多様化している 』 ことを、
熟知しておく必要がありますね。

ちょっと、このお話を、
琵琶湖の風景を見ながら、続けてみたいと思います。

ここは、琵琶湖のほとりです。
先日、滋賀リビング新聞社でセミナーを行い、
その帰りに、ここへ立ち寄りました。

らくらくピアノⓇ認定講師養成講座

いいお天気です。
ここからは、比叡山や比良山が、見えます。

高齢化社会のニーズ ピアノ教室運営法

見渡す限り、素敵な湖が広がります。

高齢化社会のニーズ ピアノ教室運営法

例えば、この湖に面して、
端っこに、 『 小さな小屋 』 があると想像してみて下さい。

その 『 小屋 』 では、稚魚を育てています。

Aさんは、その 『 小屋 』 で稚魚に、御飯(エサ)をあげるのが、大好きです。

稚魚の成長に合わせて、Aさんは、とても上手に御飯をあげます。

そして、何年かすると、稚魚は立派な大人になって、
この広い湖に旅立ちます。

Aさんは、その旅立ちを、誇らしく見送ります。
そして、再び、
稚魚に御飯をあげることを、生き甲斐と感じます。

ところが、だんだん、稚魚が少なくなってきました。

Aさんは、 「 御飯を、他の魚にもあげたい! 」 と思い、
大きな魚(しかも60年・70年成育している魚)が、
『 小屋 』 に来るのを待ちます。

嬉しいことに、やっと1匹。
大きな魚が、『 小屋 』 にやってきました。

でも大きな魚の多くは、 『 小屋 』 に来ません。
Aさんは、がっかりします。

Aさんは考えます。
「 大きな魚は、御飯を食べないの? 」

でも、それは違うことを、
皆様ならお解りですよね?

大きな魚は、それぞれの生態系があり、
集まる場所が、ある程度決まっています。

御飯は大好きなのですが、 『 小屋 』 は、入り難いのです。

。。。 ここまで、お話すると、何をお伝えしているのか、
きっと、お解り下さいますね。

『 小屋 』 とは、自宅音楽教室です。
稚魚は、子供。 御飯は、音楽・メソッドです。

稚魚(子供)は、ある程度守られた空間で、
じっくりと育てるように、ご飯(音楽・メソッド)をお伝えする必要があります。

しかし、60年・70年成育している大きな魚(大人)は、
それぞれに、生活パターンが確立されており、
多くの場合、群れをなして、ある一定の場所へ集まります。

勿論、ご飯(メソッド)の食べ方も、目的も、稚魚とは異なります。

ですから、私は講師陣に、
こうお伝えしています。

「 幅広い年代に、
ご飯をあげる仕事を望まれるのであれば、

『 小屋 』 だけでなく、
広い湖へ出向いて行く必要があります 」  と。

まずは、湖がどんな場所か。
大きな魚は、どこへ集まっているのか。
何を求めているのか。
どれほど多くの魚が、存在するのか。

まず、知る必要があります。 ( 知識 )

そして、 『 小屋 』 から出た、ほんの一歩、外で、
思いもかけない、大きな湖・大きな魚が、

沢山存在することを、
目で見て知る必要があります。 ( 体感 )

ステップは、それからです。

私は、年代に関係なく、多くの人々に、
御飯(音楽)を楽しんでいただきたいと願っています。

狭い価値観は、大きな流れを見落とす原因となります。

まずは、幅広い情報を得ることです。

新しい情報は、出逢いを生みます。
新しい出逢いは、新しい価値観を生みます。
新し価値観は、新しい行動力を生みます。

『 高齢化社会において、
大人のピアノは、ニーズが多様化している 』 ことを覚えておくと良いですね。

共に、歩んでまいりましょう!

近くに居る、大切な人々の笑顔と共に!

らくらくピアノⓇ認定講師養成講座

「らくらくピアノ認定講師養成講座」のお問合わせ先は、コチラ!

この記事を書いたプロ

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会   [ホームページ]

教師 光畑浩美

大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL:06-6734-3339

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講師養成講座
イメージ

※ 「らくらくピアノ認定講師養成講座」(大人ピアノ指導者養成講座)の企画・募集・受付等は、各社にて実施されています。直接の会場にてご連絡・お問合わせ下さい...

動画で活動紹介・法人概要
イメージ

■■ 動画で、活動内容をご紹介しています! ■■    https://youtu.be/QkHpyLuVoZU■法人概要■【  設立  】2011年12月7日  (2006年10月結成)【...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
らくらくピアノ|光畑浩美さん

『気軽・喜び・集いの音楽を!』を提供する「らくらくピアノ」(1/3)

「レッスン初日から両手で弾ける」「楽譜が読めなくてもOK」「中高年、特に70~80代が大勢受講」という画期的なピアノセミナー「らくらくピアノ®」が、いま全国各地で大人気。全日本らくらくピアノ®協会(大阪府大阪市北区大深町)代表理事の光畑浩美...

光畑浩美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

中高年を専門に、「気軽・喜び・集い」の音楽を全国提供。

会社名 : 株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  
住所 : 大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪ナレッジキャピタル8階 [地図]
TEL : 06-6734-3339

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

06-6734-3339

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

光畑浩美(みつはたひろみ)

株式会社 PREMUSE  一般社団法人 全日本らくらくピアノ®協会  

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

養成講座で出会った言葉「中高年はマイナススタート」は、正に私の事でした。

「らくらくピアノ®」を知る事となった今から半年前の私は、街...

田中 千晶
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(13

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
株式会社クレディセゾン、UCカード・セゾンカード会員誌に掲載されました!
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクトLED関西クレディセゾン賞を受賞しましたので、こ...

[ お知らせ ]

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト『LED関西」 5社からサポート賞を受賞
イメージ

経済産業省近畿経済産業局主催:女性起業家応援プロジェクト「LED関西」。『5秒で世界が広がる らくらくピ...

[ お知らせ ]

DVD注文・予約開始!『講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2』 講演:光畑浩美
イメージ

■ DVD注文・予約開始!『 講師目標を実現化させる3要素 仕事の秘訣vol.2 』 講演:光畑 浩美おかげ...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」が開催されました!
イメージ

■第6回「らくらくピアノフェスティバル in 岡山」開催:2015年12月1日2015年12月1日。 山陽新聞本社 さん...

[ 【 グレード認定・発表会・コンサート 】 ]

2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?
イメージ

■ 2日間で、約1,000名がピアノ体験会に参加!業界関係者も驚く、長蛇の列の秘訣とは?今回は、『...

[ 【高齢化社会のニーズとピアノ教室運営法】 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ