コラム

 公開日: 2015-09-12 

ワンちゃんのお散歩・外出時のマナーについて

外を歩いていると犬の糞が落ちていることがあります。
地域によって差はありますが、みなさんのお家の周りはいかがでしょうか?

ジョリィ01

近年、動物の地位はある程度向上し、終生飼養の義務化、飼養管理の適正化などが進んでいますが、同時に飼い主側のマナーが厳しい目で見られるようになってきました。「20~30年前はそんなこと言われなかった!」なんて言わずに、近所の方と仲良くするためにも最近のマナーを勉強しておきましょう。

1、散歩・外出時の排尿への対処


お散歩中はペットボトルに水を入れて用意しておきます。壁や電柱、地面に排尿をしたらそのお水をたっぷり使って臭いが残らないようにしましょう。おしっこの臭いは意外と長く残ります。

よそのお家やお店へ行く場合、可能ならトイレは済ませておきましょう。マーキングがあるコやトイレをがまんできないコはマナーパンツやマナーベルトをつけるようにします。
もしお出かけ先でおしっこをしてしまった場合は持参したペットシーツやティッシュで吸い取り、あとをウェットティッシュなどでキレイにふいておきましょう。

2、散歩・外出時の排便への対処


散歩時、必ずうんち袋は持ち歩きましょう。排便をしてしまったら袋にとって持って帰るのが基本です。また、地面に便がついてしまった場合はペットボトルのお水でなるべく流します。

お出かけする場合はなるべく排便を済ませておくようにしましょう。それでも排便をしてしまった場合は便をとった後、ウェットティッシュでキレイにふきます。

3、よそのワンちゃんには失礼のないように


相手が知らないワンちゃんであればリードを短く持ってこっちを見るように指示します。座って待てをさせたまま相手のワンちゃんが通り過ぎるのを待つか、こっちを見ながら歩いて通り過ぎるように指示します。
相手のワンちゃんがどう思っているのかわからないので、挨拶をさせる場合は注意してください。もしかしたら向こうのワンちゃんには迷惑かも?

ワンワン吠えてしまう場合は相手の方にも迷惑になりますので、吠えてはいけないことを教えてあげてください。

4、人が寄ってきたら飛びつかせない


飼い主様がリードを長く持ってよその人に飛びついているワンちゃんがいますが、危険なのでやめさせましょう。相手の方もそれは望んでいないかもしれませんし、転んでケガをしてしまうかもしれません。

相手が子供の場合は特に、何をしてくるかわかりません。もしあなたのワンちゃんが人を咬んだことがないコであっても、痛いことをされたら我慢ができるでしょうか?
念のために首輪と顔はしっかり持って、やさしく頭や背中を触ってもらうようにしましょう。


最後に、外出時の不安関連行動に対する対処法です。

5、吠えるのはいけないことだと教える


よその人やワンちゃんに吠えてしまうコの場合、やめさせるために抱っこをしたり、やさしく声をかけている方がいますが、これではこのコの不安はなくなりません。こういう場合は飼い主様がちゃんとリードしてあげて、吠える必要がないこと、怖くないことをしっかり教えてあげてください。ちゃんと自分より強いリーダーがそばにいてくれれば、ワンちゃんも意外と落ち着くようです。

6、抱っこをすると落ち着くコは抱っこをしない


必死で抱っこをせがむコがいますが、多くの方は抱っこをして安心させようとしているようです。ただ、抱っこを当たり前にしてしまうと、たとえば病院の診察台の上に載った時など不安で仕方ありません。抱っこはせず、座って待てるようにしつけることで抱っこされていなくても不安の少ないコになってくれるのではないでしょうか?


前半のマナーはともかく、後半のしつけについてはなかなかすぐにはできないことだと思います。
もしうまくいかなかったら気軽にドッグトレーナーさんに相談してみましょう!

当院のしつけ相談

当院のホームページ

この記事を書いたプロ

ノエルペットクリニック [ホームページ]

獣医師 亀森直

岡山県岡山市北区今3-23-2 [地図]
TEL:086-250-2252

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
亀森直 かめもりなお

人とペットがともに幸せに暮らし続けられる社会づくりを(1/3)

一時のペットブームを経て、自宅で飼われるイヌ・ネコなどペットの数は今や、子どもの数をも上回ると言われています。それに伴ってトリミングサロンやペットホテルなど、ペット関連施設も急増。当然、動物病院も例外ではありません。けれど、そのサービスの内...

亀森直プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

ペットのホームドクターとして、地域に根差した柔軟なサービス

医院名 : ノエルペットクリニック
住所 : 岡山県岡山市北区今3-23-2 [地図]
TEL : 086-250-2252

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-250-2252

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

亀森直(かめもりなお)

ノエルペットクリニック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

医療、美容、宿泊をトータルに送迎つきでお願いできる

こちらに依頼したきっかけは医療、美容、宿泊をトータルに送...

F・U
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
高齢者とペットについて(現状と問題点)
イメージ

近年、ますます高齢化と核家族化が進み、新たに増えてきた問題がたくさんあります。社会保障の問題はもちろん、個...

[ シニア世代とペット ]

動物病院がトリミングをする理由
イメージ

前回は動物病院がペットホテルをする理由について書きましたが、今回はトリミングについてどういうケースで求めら...

[ トリミング ]

ワンランク上の安心感!動物病院のペットホテルについて
イメージ

動物病院がペットホテルをしてるって、なんだか違和感のある方もおられるかもしれません。一般の方にとってはペッ...

[ ペットホテル ]

ペットホテルやトリミングでの送迎、動物病院での往診について
イメージ

 当院ではトリミングとペットホテルも行っておりますが、時々往診・送迎についてのご質問をいただくことがありま...

[ 往診・送迎 ]

動物病院の夜間救急診療について
イメージ

ペットを飼っておられる方にとって一番不安なことと言えば、夜中に容態が悪くなった場合の対処法ではないでしょう...

[ 夜間診療 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ