コラム

 公開日: 2018-01-12  最終更新日: 2018-01-16

捨てられないから〇〇するのは、〇か×か?

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。

先日実家に帰ったとき、もう少しで母とケンカになるところでした。


どうしても捨てられない人

私の母は「もったいない」と言って、モノを捨てるのが苦手です。

私は「いらない」と思ったらすぐに手放すので、子どもの頃から
「あんたはすぐにモノを捨てる!」
と、よく叱られていました。

「どうしてもモノを捨てられない」
という気持ちは理解できます。

でも、代わりに捨ててあげることはできません。

そんな私に、母がとった行動とは・・・


捨てられないから、〇〇する

先日家族4人で私の実家に行くと、<あみだくじ>が用意されていました。

よく分からないまま<あみだくじ>を引き、当たった景品を渡されます。

開けてみると
「なんでこれ?」
と思うようなモノが入っていました。

母に聞くと
「自分では捨てられないから、あげようと思った。」
と言うのです。

「これなら楽しく渡せるじゃろ?」

・・・本当にそうでしょうか?

少なくとも、私は不快に感じました。
渡されたモノが、“私には必要ない”モノだったからです。


罪悪感を押し付けない

“自分が捨てられないモノを、誰かにあげる”ということ自体は、悪いことではありません。

ただ、渡す相手が
「欲しい」
と言ったときだけです。

相手が欲しいと思っているかどうか分からない場合は、まず確認してからですよね。

“自分が捨てられないモノをやみくもに誰かにあげる”というのは、捨てることの罪悪感を押し付けているだけです。

不用品を誰かにあげるときは、必ず相手に“必要かどうか”を確認してからにしましょう。


「いらなかったら捨てて」という気遣い

「いらなかったら、捨ててくれていいから。」

これ、相手を気遣っているようで、、実は違います。

地域によっては、“モノを捨てるのにもお金がかかる”時代です。

“必要のないモノをもらって、お金を払って捨てる”

なんだかおかしいと思いませんか?

立場上、断れない相手だっていますよね。
(私の場合、今回がそうでした。どうしてもケンカしたくない日だったのです。)

「いらなかった捨てて。」
と言う前に

「これ、自分には必要ないんだけど、あなたは使う?」
と、聞いてあげてくださいね。


「自分で責任を持つ」ということ

自分の不用品を相手も「いらない」と言った場合は、自分の手で処分しましょう。

リサイクルショップやバザーでも引き取り手がなく、タダでも欲しいと言う人がいない場合は、自分で使うか捨てるしかありません。

“捨てる=もったいない”

ではなくて

“使わない=もったいない”

だからです。

“誰も使わないモノを持ち続ける”ことがどんなにもったいないかは
「整理収納」と「片づけ」の違い、分かりますか?
のコラムでも書いてあります。

モノを捨てるということは、気持ちの痛みを伴います。

でも、その痛みを経験すると、次は使わないモノを手に入れないようになってきます。

そうやって、徐々にモノを少なくして、スッキリとした暮らしに近づくことができるようになるのです。

この記事を書いたプロ

整理収納サポート にこぴか  [ホームページ]

整理収納アドバイザー 松井朋美

岡山県岡山市北区 [地図]
TEL:090-5693-2425

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
松井朋美 まついともみ

“想い”を大事に、笑顔になれる整理収納の仕組み作りをサポート(1/3)

 「いつも散らかっている家を何とかしたい」「子どもがどうしてもお片づけをしなくて困っています」。日常生活におけるこうした悩みの心強い助っ人として活躍しているのが、整理収納アドバイザー「にこぴか」(岡山県岡山市北区川入)の松井朋美さん。自宅兼...

松井朋美プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

家族みんなで整理収納できる仕組みづくりのお手伝い

会社名 : 整理収納サポート にこぴか 
住所 : 岡山県岡山市北区 [地図]
TEL : 090-5693-2425

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-5693-2425

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松井朋美(まついともみ)

整理収納サポート にこぴか 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
“なぜ捨てられないのか?”を考える

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。「整理収納アドバイザーだから、何でも捨てるんでしょ?」と...

年賀状の保管と処分の基準

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。毎年お正月に楽しみにしているのが、年賀状です。なかなか会...

じぃじ・ばぁばの“孫フィーバー”対策

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。子どもとおもちゃの問題を考えるとき、意外に多い悩みが祖父母...

子どもの片づけで、ありがちな困ったこと

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。歳の差9歳の兄弟の母親です。ついつい長男に頼ることが多く...

朝から晩まで「おもちゃの片づけ」に追われないために

岡山市の整理収納アドバイザー 松井朋美です。「子どもがいると、とにかくおもちゃが散らかって困るのよね・...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ