コラム

 公開日: 2018-02-01  最終更新日: 2018-02-02

子どもの連れ去り事件② 直後の探索と自力救済の禁止

子どもの連れ去り事件② 直後の探索と自力救済の禁止

別居・離婚をめぐっての子の連れ去りについては、社会問題化し、様々な立場から意見が交わされており、2013年に日本がハーグ条約(国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約)を締結したこともあり、国内事件についても、違法な連れ去り別居を強く批判する論調が一方であります。

逆に、DV被害者支援や虐待事件の子どもの保護の観点から考えると、暴力的な家庭環境からの脱出は極めて困難で、暴力被害を受け続けている女性が、子どもを連れて家を離れることそのものが生命の危険にさらされるという事例も少なからずあり、子の安全を守るために意を決して、子を連れて家を離れた母子への支援も必要となります。

一方当事者からは、「違法な連れ去り」と主張される事件でも、他方当事者からは、「DV・虐待からの避難」と主張されることも多く、事件の全体像の把握が困難な事例も少なくありません。

いずれにしても、子どもが連れ去られた場合、心配して思い当たる立ち回り先に連絡をとって行方を探すことは、当事者としては当然の行動と言えます。

ただ、行方が確認できたとして、連れ去られたのだから、自力で連れ戻す、実力行使に出ることはどう考えたらよいでしょうか。

こうした実力行使を認めてしまうと、互いに際限ない「子どもの奪い合い」が始まってしまい、子どもはもみくちゃ状態となり、子の福祉を害する結果となってしまいます。

通常、直接の捜索活動で行方が見つかった場合に、強引な実力行使に出た場合、警察に通報されることもあります。住居侵入や迷惑行為などに該当して検挙されるリスクがあります。

行方がわかった場合は、冷静に任意の引渡しを求めることが大切です。一時の感情にまかせた連れ去りケースでは、その場で任意の引き渡しに応じ、大騒動にならずにすむこともあります。

それでも、任意の引渡しに応じてもらえない場合は、早めに家庭裁判所の判断を仰いだ方が、結果として早い解決につながるので、すみやかに弁護士の法的支援を受けた方がよいことが多いです。

一方、DV・虐待ケースで子どもを連れて避難した側にとっては、すぐに避難先に押しかけられることの恐怖感は想像以上のものがあります。

DV・虐待の被害者の場合、公的シェルター・民間シェルターへの一時保護も含めて安全確保を優先することになります。身体的DVや脅迫がある場合は、地方裁判所への保護命令の申立ても重要です。6か月間の子どもへの接近禁止命令が出ると子どもを含めた安全確保ができます。

DV被害者の方は、どこに相談してよいかすらわからない方も少なくありません。
内閣府のサイト「DV相談ナビ」に電話すると、最寄りの相談機関を音声案内してもらえます。相談機関につながり、安全な避難方法をしっかり考えることが大切になります。


※1 本コラムは法律コラムの性質上、弁護士の守秘義務を前提に、事例はすべて想定事例にしており、特定の個人や事件に関する記述はありません。

※2 当事務所では、子どもの利益(安全・安心)を最優先に考えるため、ご夫婦のどちらからの相談も受けています。特に子の連れ去り・引き離し事件に関しては、お子さんと離れてしまった側、お子さんと一緒にいる側、いずれの相談もお受けしていますが、子どもの利益を最優先に考えています。

この記事を書いたプロ

ももたろう第2法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川﨑政宏

岡山県岡山市北区富田町2-12-16センチュリー富田町ビル3階 [地図]
TEL:086-226-7744

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

40

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
ホームページ

http://momo2-law.jp/

法律相談の参考例

弁護士ドットコムの「みんなの法律相談」の相談回答例が掲載されています。下記プロフィールページの末尾の最近の相談回答例をご参照ください。「みんなの法律相...

 
このプロの紹介記事
川﨑政宏 かわさきまさひろ

夫婦・親子間など家庭内にある身近な悩みを法律の力で解決(1/3)

 岡山市中心部の柳川交差点と番町交差点のちょうど中ほどに位置するセンチュリー富田町ビル3階に、2017年8月に移転した「ももたろう第2法律事務所」(岡山県岡山市北区富田町)。「子どもたちや女性、高齢者などに関わるさまざまな問題を、法律の力で...

川﨑政宏プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

相続や離婚など家庭内のトラブル解決の実績と迅速な対応

会社名 : ももたろう第2法律事務所
住所 : 岡山県岡山市北区富田町2-12-16センチュリー富田町ビル3階 [地図]
TEL : 086-226-7744

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

086-226-7744

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川﨑政宏(かわさきまさひろ)

ももたろう第2法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
子どもの連れ去り事件⑦ 相談対応の留意点(その2)

子どもの連れ去り事件⑦ 相談対応の留意点(その2)夫婦間での子どもの連れ去り問題への対応を依頼されたとき...

[ 子どもをめぐる法律相談 ]

子どもの連れ去り事件⑥ 相談対応の留意点(その1)

子どもの連れ去り事件⑥ 相談対応の留意点(その1)離婚や別居に際して、親権や監護権が争われる場合、子ども...

[ 子どもをめぐる法律相談 ]

子どもの連れ去り事件⑤ 弁護士への相談(その2)

子どもの連れ去り事件⑤ 弁護士への相談(その2)離婚や別居に際して、親権や監護権が争われる場合、突発的に...

[ 子どもをめぐる法律相談 ]

子どもの連れ去り事件④ 弁護士への相談(その1)

子どもの連れ去り事件④ 弁護士への相談(その1)離婚や別居に際して、親権や監護権が争われる場合、突発的に...

[ 子どもをめぐる法律相談 ]

子どもの連れ去り事件③ 警察への相談

子どもの連れ去り事件③ 警察への相談別居・離婚の紛争中に、一方配偶者により子どもが連れ去られたり、あるい...

[ 子どもをめぐる法律相談 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ