セミナー・イベント情報

生涯現役幸齢者大学記念講演 《加齢を華麗に生きる人生100歳二毛作時代の幸せ探し》

  • [ まなぶ ]
開催日
概要

平成30年度キリン・地域のちから助成事業 和気町文化振興事業

自分らしい飛動・交流・楽習・地域貢献

【東備生涯現役《幸齢者大学》】参加者募集


日本は世界屈指の長寿国になりました。
長寿は人類永遠のテーマですから、これを世界に先駆けて達成できたことは誠に目出度いことで嬉しいことです。
しかし裏を返せば長寿国は高齢者が多い国です。

その高齢者が元気はつらつと生きるか、しょぼくれて生きるかでは家族や地域や国にとっても大きく異なります。
この講座は単に長生きを競うのではなく、高齢期をいかに充実して生きるか?をみんなで考える講座です。
31年3月まで月に一回の割合で開催いたします。
多彩なメニューをたくさん用意してご参加をお待ちいたしております。

「楽習」「交流」に重きを置いた全員参加型のユニークな講座です。
ご都合がつくときだけの参加も可能です。お気軽にお運びください。


【こんな効果が期待できます・・・】
●新たな生きがいができる 
●仲間ができる
●認知症予防になる
●身も心も健康になる 
●社会参加もできる 
●生涯学習が身近でできる 
●多くの出会い・触れ合いができる等など・・・。

【こんな人にお勧めです・・・】
●高齢期を幸齢期、好齢期にしたい人 
●地域貢献したい人 
●触れ合いを持ちたい人
●生きがいを求めている人 
●生涯学習に関心がある人
●ボランティア、地域活動に関わっている人 
●認知症が心配な人 
●ご夫婦大歓迎・・・。

【第1回講座】 平成30年5月10日(木)13:20-16:00

第1部 記念講演 

            幸齢期に乾杯!
加齢を華麗に生きる人生100歳二毛作時代の幸せ探し
            二度目の花はより美しい・・・


第2部 高齢期を幸齢期にする《ふれあい交流会》



会場: 和気町中央公民館1階(和気町尺所7-1)(電話0869-93-1237)

主催: ハッピーライフ創造塾(和気町文化協会所属)
 
参加料: 500円(茶菓、資料代など)

お問い合わせ: 090-4573-1062(平松)

予約: 不要です。お気軽にお運びください。

講師紹介 平松幹夫(マナーと生きがいづくりのプロ)

健康生きがいづくりアドバイザー、シニアライフアドバイザー、
生涯学習インストラクター、マナー講師 検索⇒平松幹夫
山陽新聞社が運営する専門家紹介サイト「マイベストプロ岡山」にてマナー&生きがいづくりの専門家として紹介されており、講演、イベント、コラムの発信を通じ中高年齢者の生きがいづくりに豊富な実績を有す。


※出前講座も好評受付中です。お気軽にお問い合わせください。

平松幹夫(講演会で大活躍!マナーと生きがいづくりのプロ)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

  • 電話:090-4573-1062 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 受付時間:電話は8時から21時まで受け付けています。お気軽にどうぞ。
  • 定休日:不定休

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ