コラム一覧 :歳時記のマナー

1件~15件(467件)

過去の15件

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変わりが激しいようです。最近雨の日が多いようですが、春の雨は「春雨じゃ、濡れてまいろう」といわれるように、穏やかに降るのが特徴のようですね。そしてこの時期に降る雨は、... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-20

マナーうんちく話1441《今こそ再認識したい「菜の花」と「和食」の魅力》

梅が熟する頃に降る長雨の事を「梅雨」と表現しますが、菜の花が咲く頃に降る雨は「菜種梅雨」といいます。春雨に打たれながらも、幸せ色の黄色がしっかり映える「アブラナ」、つまり菜の花もまた格別ですね。ちなみに昔は「な」といえばご飯の「おかず」を意味する言葉です。「おかず」... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-09

マナーうんちく話1440《天上天下唯我独尊》

優しいそよ風が吹き、小川の水がさらさら流れ、多くの花が咲き、小鳥がさえずり、全ての生き物が春の息吹を謳歌する絶好の季節です。ところで四季が明確に分かれ国土の7割以上山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を擬人化して春は山「笑う頃」、夏は「滴る頃」、秋は「装う頃」、冬... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-08

マナーうんちく話1438《祓いたまえ、清めたまえ、守りたまえ・・・》

菜の花畑に 入日薄れ 見渡す山の端 霞深し春風そよ吹く 空を見れば 夕月かかりて 臭い淡し大正の初めに発表された日本の唱歌《朧月夜》です。春の夜に月がほのかにかすんでいる情景をうたった歌ですが、ほのかにかすむ情景の表現は、春と秋では異なります。秋は霧で春は霞、そして... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-04

マナーうんちく話1437《祖国が育んだ価値観を再認識させる「桜」》

暦の上では3月11日頃から15日頃までは「桃始笑」とされていますが、26日から30日までは「桜始開」で、そして只今桜が見ごろになりました。道元は「春は花」と詠んでいますが、昔の人はさぞかし春の花を心待ちにしていたのでしょうね。その代表格はなんといっても梅と桃と桜ではな... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-02

マナーうんちく話1436《新しいご縁に感謝し、それを育む躍動の4月》

「春に3日の晴れ無し」と言われますが、弥生の最後の日は恵みの雨になりました。そして4月は卯の花が咲くから「卯月」と呼ばれますが、まさに花満ちる月です。明るく軽やかに、春爛漫の陽気をお楽しみください。そして百花繚乱と表現されるように、咲き先誇る赤や黄色や紫の花と共に、仕事... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-01

マナーうんちくばなし1427《お彼岸にはなぜお墓参りをするの?》

梅がそろそろ見納めになりましたが、桜はまだ早い。こんな時に目を楽しませてくれるのが桃です。気温が上昇し「桃の花が笑う頃」になりました。桃も梅や桜と同じように、葉が出る前に花が咲きますが、特に水分が多いので昔は「水菓子」と呼ばれ重宝されていたようです。そして桃の花が... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-17

マナーうんちく話1425《日本の「ホワイトデー」と「返礼文化」》

2月14日のバレンタインデーの贈り物のお返しとして、女性に贈り物をする日として誕生した「ホワイトデー」。クッキーやキャンデイー等のお菓子を贈るのが一般的ですが、バレンタインデーの歴史に比べると非常に浅く、日本飴菓子業界により1980年頃に産まれた日本独特の習慣です。「義理チョ... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-13

マナーうんちく話1423《旬を味わい「素材グルメ」を謳歌する弥生3月》

「弥生3月」とは、萌えいずる草がいよいよ生い茂るという意味です。山や海で芽吹いた春の気を力いっぱい取り込んで、心と身体を目覚めさすわけですね。日本人は昔から自然を敬い、自然と共生してきました。だから旬をとても大切にします。つまり植物の成長のタイミングを見届け、一番理... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-11

マナーうんちく話1422《「寒の戻り」は心も寒くする、どうする?》

3月を過ぎれば比較的春らしい暖かい日が続くわけですが、一時的に寒さがぶり返す時が有ります。これを「寒の戻り」といいます。つい3、4日前までは4月並みの気温が続き、このまま彼岸を迎えればと思っていましたが、そんなに甘くはありませんね。春になったら「先ず咲く」といわれる「マンサ... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-09

マナーうんちく話1419《人も虫も和顔愛語で「今日は」する啓蟄》

弥生3月。日差しがかすかに温かみを帯びてきました。そして冬ごもりの虫達が暖かさに目覚め地上に出て来る「啓蟄」は、おなじみの二十四節気の一つで、この日を境にいよいよ春が本格的に始動します。穏やかな春の空気と温んできた水の中で、生き生きと虫や魚が活動を開始する情景は、まさに春... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-04

マナーうんちく話1418《雛人形のしまい方と「桃」と「蛤の吸い物」の驚きの意味》

雛人形を飾って、女子の厄除けと健やかな成長を祈願する行事は人形が売れる行事ですから、業者が大いに盛り上げてくれます。物が豊かで、思いやりの気持ちを発揮したい親心がマッチして今後も大いに発展すると思いますが、艶やかさ、華やかさ、豪華さを競うより、親として大切な事を教える絶好... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-03

マナーうんちく話1417《邪気を払い、春の訪れを祝う「雛祭り」》

春の訪れを謳歌する楽しいイベントがあちこちで開催されています。中でも毎年恒例の「雛祭り」は艶やかで心がウキウキします。ところでこのコラムでも何度も登場しましたが「五節句」をご存知でしょうか?旧暦には四季の他に一年を24に分類した二十四節気がありますが、これよりもさらに... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-02

マナーうんちく話1416《夢と向き合う弥生3月》

春の訪れは幾つ歳を重ねても心が躍ります。長くて厳しい寒さの冬が過ぎれば、嬉しい季節がスタートします。山や海で芽吹いた春の精気を一杯に吸い込んで、いつもと違う新しいことを始めるのもお勧めです。また、自分自身を探るのもいいことです。自然は立春で冬の眠気から覚め息を吹き... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-03-01

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレンタインデーは節分の「恵方巻」と共に2月のビッグイベントになりましたが、「義理チョコ」で複雑な思いをされている人も少なくありません。ちなみにバレンタインデーは、3世紀の... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-02-13

1件~15件(467件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ