コラム一覧 :歳時記のマナー

1件~15件(479件)

過去の15件

マナーうんちく話1487《この半年にけじめをつけ、新たな気持ちで後半をスタートしませんか》

一年で最も昼が長くて夜が短い時節ですが、梅雨時期でもあるので日差しが雨雲に遮られて実感が湧きませんね。ところで四季が明確に分かれている日本では、季節を端的に表現する言葉が沢山あります。夏は「短夜」、秋は「夜長」と呼びます。ちなみに9月は長月ですがこれは「夜長月」のこ... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-06-29

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です。空梅雨が続きましたがやっと梅雨らしくなってきましたね。そして一年で最も昼が長い時でもあり、夜が短い時でもあります。しかし雨が多い日が続くのでなかなか実感できない... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-06-20

マナーうんちく話1481《「大黒柱」と「父の日」》

クールビズ商戦も梅雨に入り一息ついているようですが、それに代わって商店街やデパートでは父の日のプレゼントコーナーが賑わいを見せています。6月の第3日曜日は「父の日」で、日頃の感謝を父親に伝える日ですね。アメリカで「母の日」に続いて制定され日本にも伝わったようですが、ど... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-06-16

マナーうんちく話1478《入梅と和傘》

あちらこちらで梅が収穫期を迎えていますね。殆どの野菜が一年中出回り、旬が明確ではなくなりましたが、梅は唯一旬を感じさせてくれます。その梅が熟す頃に降る雨を「梅雨」と表現しますが、現在のように気象予報が発達していなかった昔は、梅雨が始まる時期は夏至の10日前頃を目安にして... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-06-10

マナーうんちく話1475《二十四節気の一つ「芒種」と「勿体ない精神」》

この時期になると、いつの間にか梅雨らしくなり、あちらこちらで田植えの準備が始まります。6月5日は二十四節季の一つ「芒種」です。耳慣れない言葉ですが、米を主食にしている日本人にはとてもなじみの深い言葉ではないでしょうか。ちなみにイネ科植物の穂先にある毛の様な部分を「芒... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-06-05

マナーうんちく話1472《衣替えで夏の元気を吸収しませんか?》

クールビズという言葉が産まれて10年以上経過しますが、四季が明確に分かれている日本には昔から「衣替え」といって、季節に応じた衣装に着替える風習が有ります。昔は、一般庶民は衣装を季節に合わせて着変えるほど沢山持っていませんので、この習慣は平安貴族に端を発します。教養も風... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-31

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中でも聞き慣れない言葉ですが、稲作を中心とした農耕文化で栄えた日本にとっては、実はとてもなじみが深い言葉ではないでしょうか。この時期は麦の穂が実りますが、それを見て少し... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-20

マナーうんちく話1462《「母の日」とかけて「竹の子の親勝り」ととく》

この時期畑仕事をしていると土の中から「ミミズ」が出てきます。ミミズは夏の季語ですが、ミミズがいる土地は良く肥えている証拠だと言われています。ミミズが出現するようになると蛙も活発になってきます。蛙が沢山出て来るようになるとヘビも姿を見せるようになります。この傾向は毎年... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-13

マナーうんちく話1458《卯の花の匂う垣根に ホトトギス早もき鳴きて・・・》

4月の事を「卯月」と呼びますが、これは卯の花が咲くから付けられた名前だそうです。旧暦の4月は丁度今頃になります。先日近所の山道を散策していると純白の卯の花が咲いていました。《卯の花の匂う垣根に、時鳥(ほととぎす)早もきなきて、忍音漏らす 夏は来ぬ・・・》と詠まれた唱... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-07

マナーうんちく話1457《春過ぎて 夏来にけらし 白妙の・・・》

地球温暖化のせいでしょうか?従来の季節感がかなり異なってきた感じがします。例えば「桜前線」。桜前線は従来の概念だと、3月に鹿児島県の大隅半島が始発になり次第に北上すると思われていましたが、今年の桜は、全国で東京が一番先に開花しました。開花状況もまちまちです。この... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-05

マナーうんちく話1456《日本人なら知っておきたい「端午の節句」に込められた多彩な意味》

ゴールデンウイーク後半は「憲法記念日」や「みどりの日」がありますが、ビッグイベントは何と言っても「こどもの日」でしょう。吹きわたる薫風を受け、力強く鯉のぼりがなびく姿は、爽やかな季節の風物詩であり、平和と繁栄のシンボルでありますね。5月5日は「こどもの日」であり「端午... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-03

マナーうんちく話1455《「八十八夜」のお茶はなぜ縁起がいいの?》

「薫風自南来」。風香ると表現され、まさに一年で最も心地良い五月です。新緑の間を吹きわたる風の香りを身体全体で感じて、爽やかな気分に浸って下さい。心が洗われます。五月の声を聞けばすぐにやってくるのが「八十八夜」で、お茶の新芽を刈り取る季節です。《夏も近づく八十八夜、... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-05-01

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変わりが激しいようです。最近雨の日が多いようですが、春の雨は「春雨じゃ、濡れてまいろう」といわれるように、穏やかに降るのが特徴のようですね。そしてこの時期に降る雨は、... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-20

マナーうんちく話1441《今こそ再認識したい「菜の花」と「和食」の魅力》

梅が熟する頃に降る長雨の事を「梅雨」と表現しますが、菜の花が咲く頃に降る雨は「菜種梅雨」といいます。春雨に打たれながらも、幸せ色の黄色がしっかり映える「アブラナ」、つまり菜の花もまた格別ですね。ちなみに昔は「な」といえばご飯の「おかず」を意味する言葉です。「おかず」... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-09

マナーうんちく話1440《天上天下唯我独尊》

優しいそよ風が吹き、小川の水がさらさら流れ、多くの花が咲き、小鳥がさえずり、全ての生き物が春の息吹を謳歌する絶好の季節です。ところで四季が明確に分かれ国土の7割以上山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を擬人化して春は山「笑う頃」、夏は「滴る頃」、秋は「装う頃」、冬... 続きを読む

歳時記のマナー

2017-04-08

1件~15件(479件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1487《この半年にけじめをつけ、新たな気持ちで後半をスタートしませんか》

一年で最も昼が長くて夜が短い時節ですが、梅雨時期でもあるので日差しが雨雲に遮られて実感が湧きませんね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1486《便利な暮らしから「丁寧な暮らし」のお勧め》

現在地球上には190余りの国が存在し、約76億人の人が生活していますが、中でも12700万人の日本人は大変...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1485《物の豊かさから心の豊かさを「精神的成長」のお勧め》

日本はここ半世紀の間物質的には大変豊かになりました。衣食住においても世界屈指と言えるでしょう。勿論とて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ