コラム一覧 :洋食のテーブルマナー

1件~15件(39件)

過去の15件

マナーうんちく話1660《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食⑤」》

食事の席に酒はつきものです。食欲を刺激するとともに、リラックスして楽しい気分にしてくれる働きがあるのでコミュニケーションも弾むでしょう。そして洋食には食前酒(フランス語ではアペリティフ、英語ではアペタイザー)、食中酒、食後酒(フランス語でディジェスティフ)等がありますが... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2018-04-29

マナーうんちく話1659《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食④」》

洋食にはいろいろな器があります。「フィンガーボール」もそうですね。使い方ですが、フィンガーボールは手を使って食べてもよいとされる料理に出てきます。片方ずつ、水の中で指を洗うわけですが、全て食べ終わって使用することがポイントです。また使用後はナプキンで指をふいて下さ... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2018-04-27

マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食べたらソースの味が混ざってしまい、おいしくいただけません。だから洋食は料理ごとに使用するナイフやフォークを取り換えるわけです。製造会社や種類ごとに大きさや形が微妙に... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2018-04-26

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cutlery」と表現されるように「切るもの」が語源といわれています。ちなみに日本では生まれて初めてご飯を食べさせる「お食い初め」とか「箸始め」の儀式がありますが、ヨーロッパで... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2018-04-24

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食を頂く際はレディーファーストがお勧めです。なお、フレンチレストランは、店の業態やカジュアル志向か高級志向かで名称が異なる場合もあります。日本人にはなじみの薄い呼び... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2018-04-23

マナーうんちく話1474《外見も大事だが「何が語れるか?」を大切に・・・》

前回の続きです。マナーうんちく話で《マナーに存在する規則と例外》について触れましたが、食事の席では宗教や政治の話はしない方がいいとされております。このコラムでも以前そのように書きました。ただし例外もあります。「社交の場」はブランド品の洋服や小物で華やかに着飾って、... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2017-06-04

マナーうんちく話1473《嫌われるのは沈黙!パーティー会場におけるマナー①》

「沈黙は金」という古い言葉が有ります。同様な言葉で「雄弁は銀、沈黙は金」という言葉もあります。恐らく世界中に似た言葉が沢山有ると思います。とくに多弁な国では、雄弁よりも「沈黙の意味の大切さを忘れないように」注意喚起する意味かもしれませんね。「沈黙する事は、銀より価... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2017-06-02

マナーうんちく話1253《人生が好転する美しい食べ方のマナー⑨「水とコーヒーの飲み方」》

二十四節気をさらに三等分した「七十二候」では、7月12日から16日頃までが「蓮(はす)」の花が咲く頃ですが、温暖化のせいでしょうか?新聞紙上で早くも蓮の花の記事がお目見えしました。そしてこの時期は全国各地で観蓮会が開催されるわけですが、楊貴妃の美しさに例えられる蓮の花の美... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-07-06

マナーうんちく話1252《人生が好転する美しい食べ方のマナー⑧「ドリンクのマナー」》

洋食はフランス料理やイタリア料理等が有名ですが、大きく分けて「フルコース」と一品料理の「アラカルト」があります。フルコースの場合は、予めテーブルの上にカトラリーやグラス類がセットされますが、グラス類は右側にセットされます。シャンパングラス、赤ワイングラス、白ワイングラス... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-07-05

マナーうんちく話1251《人生が好転する美しい食べ方のマナー⑦「飲み物の知識」》

食事に飲み物は付き物です。だから酒は飲めないより、飲めた方が楽しいと思います。特に酒は味もさることながら、食欲を刺激し、気分を和らげて、コミュニケーションを円滑にする大きな効果があります。酒を受け付けない人も、酒が好きな人も、酒に関する知識を身に付けておくことは、食... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-07-04

マナーうんちく話1250《人生が好転する美しい食べ方のマナー⑥「カトラリー」》

和食では「正しい箸使い」ですが、洋食では優雅に「カトラリー」が使いこなせるか否かが、美しい食べ方のポイントになります。ちなみにナイフやフォークやスプンを総称して「カトラリー」と言います。語源は「CUT」で切るという意味ですが、カトラリーの中で最初に登場したのがナイフだと言わ... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-07-03

マナーうんちく話1247《どう違う?「おしぼり」と「ナプキン」の役割とマナー②》

【ナプキンの役割とマナー】ナイフやフォークを使用するのは肉食が中心の国々ですが、最初は手で食べていました。そして肉を切ったり、突いたり、刺したりする小道具、つまりナイフやフォークが発達するわけですが、ナプキンは手で食べたり、ナイフやフォークを使用する際にも手拭きとして用意... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-06-30

マナーうんちく話1234《野菜の個性と美しい食べ方》

今の日本は年中野菜に恵まれていて旬がはっきりしないものが多いようですが、「ラッキョウ」や「梅」は旬が明確です。ラッキョウはカレーのつけ野菜に重宝されますが、梅は熟れ具合によって用途は様々です。完熟して色づき、木から落ちる位になった梅は生でそのまま食べるのが一番でしょう。そ... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-06-11

マナーうんちく話1143《ビクトリア女王とフィンガーボールに込められたマナーの神髄》

テレビ番組などの「マナークイズ」で、次のうち正しいマナーはどれでしょう?と問いかけるシーンを見て、首をかしげることが多々あります。マナーとは「感謝」「尊敬」「おもいやり」の心を抱き、それを言葉や態度や文字で具体的に表現することです。しかし表現の仕方は実に多種多様です。... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-01-28

マナーうんちく話1142《「フィンガーボール」の知識と美しいマナー》

洋食のレストランで、エビやカニ料理と共に「フィンガーボール」が供される場合が多々あります。オマールエビや殻付きの甲殻類・牡蠣・骨付きのステーキ・さらにマスカットなどを食す際に使用します。ステンレス製のものも有ればガラス・陶器製もありますが、食事中に食卓で手を洗うものが... 続きを読む

洋食のテーブルマナー

2016-01-27

1件~15件(39件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ