>   >   >   >   >   >  人間関係を良好にするマナー

コラム一覧 :人間関係を良好にするマナー

1件~15件(250件)

過去の15件

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかりでしょう。日本語はとても美しい反面、とても難しい面が多々あります。「漢字」もあれば「ひらがな」もあるし「カタカナ」もある・・・。そして漢字は大変数が多いのが特徴... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-14

マナーうんちく話1650《知って得する「ありがとう」の言葉が伝わる素敵な言葉②》

〇「身に余る」日本人は謙虚を美徳としてきましたが、「身に余る」とは自分にはもったいないほどの素晴らしい」という意味で使います。この言葉は使う方も、使われる方も響きのいい表現です。行為や処遇が自分の能力や地位や業績などを超えて良すぎるときには、とても便利な言葉で、身に余... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-12

マナーうんちくばなし1649《知って得する「ありがとうの気持」が伝わる素敵な言葉①》

新芽が萌えだし、色とりどりの花が咲き、生命が躍動するこの時期。何かいいことありそうな、そんな期待感を抱いている人も多いと思います。しかし「春は嵐とともにやってくる」ともいわれます。今日は荒れ模様の天気になりそうです。ご自愛ください。ところでマナーとは「尊敬」「思い... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-11

マナーうんちく話1648《万国共通のもてなしの極意とは?日本語留学生を我が家でもてなししました

春の陽光の中を、風がそよそよと吹き渡るさまを昔から「風光る」と表現しますが、うららかな春の日に山々の様子を見ていると非常に穏やかな気分になります。先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、今まさに山笑う頃です。「マイベストプロ岡山」にコラムを寄せるようになり7年が経... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-09

マナーうんちく話1645《出会いをものにする丁寧なコミュニケーションの勧め》

前回のコラムで「袖触れ合うも多生の縁」という言葉に触れましたが、「多生」という言葉は日常生活ではなじみが薄い言葉です。詳しくは《マナーうんちく話516「袖触れ合うも多生の縁」》を参考にしていただきたいと思いますが、一口で言えば、生まれる前からの縁、つまり前世という意味です... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-03

マナーうんちく話1644《縁に気づき、縁作りに励む出会いの4月》

草木もより元気になり、百花繚乱と表現されるように沢山の花が咲き乱れ、小鳥がさえずり、優しい風が吹く春はいくつ年を重ねてもウキウキ、ワクワクします。どんどん春の鋭気に触れて下さい。そして「出会いの春」といわれるように、4月は新年度のスタートで、学校でも、職場でも多くの新しい... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-04-01

マナーうんちく話1636《秘すれば花なり?初対面の人に対する心構え》

別れと出会いが交差する季節になりました。ところで人生には数えきれないくらいの出会いがありますが、人との出会いにおいて「第一印象」はとても大切です。では具体的に好印象を与える第一印象とは何でしょう。沢山あります。身だしなみ、表情や態度、立ち居振る舞い、会話、謙虚さ、... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-03-17

マナーうんちく話1635《どう違う?「お裾分け」「お福分け」「お移り」》

日本には「冠婚葬祭」といわれる人付き合いの基本になる大切な儀礼があります。その冠婚葬祭に必要不可欠なものが「冠礼」「婚礼」「葬礼」「祭礼」ですが、「礼」とは、相手を敬う気持ちとともに、互いに支えあい、助け合い、生きていることに感謝し、喜ぶ気持ちです。まさに農耕文化で栄... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-03-15

マナーうんちく話1622《目は口ほどに物を言う!」。大切にしたい「視線」のマナー》

「嘘をついても目を見ればよくわかる」とよく耳にします。また「目は口ほどに物を言う」と昔から言われます。情けのこもった目つきは、口でものを言うのと同じくらいに、相手に気持ちが伝わるという意味で使用されます。よく似た言葉に「目は心の窓」がありますね。「話し上手は聞き上... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-02-22

マナーうんちく話1615《「聞き上手」と「話し上手」、どちらがいい?》

再び冬将軍がやってきましたね。厳しい寒さを「冬将軍」と擬人化して呼んでいますが、この将軍はナポレオンが関係しています。今から約200年前の話ですが、ナポレオン軍がモスクワに攻め込む際、あまりにも寒さが厳しいので退却を余儀なくされました。ナポレオンが厳しい寒さに打ちのめさ... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2018-02-11

マナーうんちく話1585《こんな時代だからこそ改めて考えてみたい「義理」と「マナー」》

一年の最後の月「除月」もわずかになりました。年内に仕上げなくてはいけないことが多々あり、何かとあわただしく過ごされている人も多いと思います。特に人間関係に関わることはおろそかにできません。ところで今やAIつまり人工頭脳全盛の時代になろうとしていますが、こんな中先人が大... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-12-25

マナーうんちく話1583《只今運気上昇中!「幸運」は人が運んでくる》

前回「冬至の七草」に触れましたが、冬至は昔の捉え方では、冬の極まりの最悪の日であると同時に、春のスタートでもあります。(現在は立春からというのが定説です)だから縁起の良い食べ物をしっかり食べて運気を高めたのでしょう。特におすすめなのが「ん」がダブルの食べ物です。「幸... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-12-23

マナーうんちく話1581《「言いにくいこと」はどう伝えたらいいの?②》

【言いたいけど、なかなか言えない理由】プライベートやビジネスシーンで相手に言いにくいことを上手に伝えられなくて、気分がいらいらすることやした経験は誰しも多かれ少なかれあると思います。その理由は概ね下記のようなことではないでしょうか。〇相手が悲しむ姿は見たくない。〇相... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-12-21

マナーうんちく話1570《気配りで気が重くなっていませんか?ポイントは一方通行にならないこと》

先日歴史と文化溢れる島々を結ぶ「しまなみ海峡」を経て、四国の伊予地方に旅行に行きましたが、ミカンが収穫期を迎え大賑わいでした。現在110種くらい存在するといわれている柑橘類の原産地ですが、これは大変複雑で世界中に分布しているようです。ちなみに私たちが日ごろ味わっている「... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-12-03

マナーうんちく話1553《天高く馬肥ゆる秋、対話と共感の勧め》

秋晴れの気持ちよい日が続いていますが、秋の絶好の季節を表現する言葉に「天高く馬肥ゆる秋」があります。本来の意味は、空が澄み渡り、気候が良くなると馬が食欲を増し逞しく肥えてくると、それに乗った盗賊がやってきて、収穫したての穀物を奪い去るので、収穫時は特に注意が必要と警告した... 続きを読む

人間関係を良好にするマナー

2017-11-03

1件~15件(250件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ