コラム一覧 :マナーの心得

1件~15件(84件)

過去の15件

マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒いとされる時期で、味噌や酒の仕込みのニュースが聞こえてくる頃ですね。ちなみに大寒の水は雑菌が少ないので、長期保存によく効くとされています。また寒さが非常に厳しい時期の... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-19

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいもあり、昔から単独行動より「和」を大切にしたようです。米作りは水田作りから始まりますが、水田は田を耕し、水を引いて、それを管理しなければなりません。1人ではできない大... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-18

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店として利用されていると思います。一方コンビニより身近な存在が神社で、全国には約81000社あります。今では身近なようで遠い存在になっているかもしれませんが、正月や祝い... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-12

マナーうんちく話1597《世界共通の美しいテーブルマナーとは?》

食べることと飲むことは動物が生きていく上で必要不可欠な行為ですが、人間は他の動物と異なり、食べることに様々なルールを定めました。食べ物を調理して、道具を使用します。加えてみんなで仲良く食べます。皆が集まれば、お年寄りもいれば幼い子供もいます。色々な人が一緒に仲良く... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-09

マナーうんちく話1595《小寒の水、大寒に解く!物事は必ずしも計画通りにはいかない》

まだまだ正月行事が続くときですが、1月7日は「七草」です。セリ、ゴギョウ、ハコベラ、ナズナ、ホトケノザ、スズナ、スズシロなど春の七草を入れたお粥を食べ、お正月料理を食べすぎて弱った胃腸を休めると同時に、無病息災を祈願します。五節句の一つで「人日の節句」ですから、人にやさし... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-06

マナーうんちく話1594《幸運を呼ぶ!時を超えた「縁作り」と「縁結び」》

「ご縁」をいただく。素敵なご縁を求めて「初詣」に行かれた方も多いと思います。私たちは日頃から、プライベートやビジネスシーンで多くのご縁をいただいています。特に日本人は昔からご縁を大切にしており、何かと縁起を担いで「縁起物」や「縁日」にもこだわってきました。正月の「お... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-05

マナーうんちく話1592《なぜ「日の出」を拝むと縁起が良くなるの?》

初日の出を拝みに出かけられた人も多いと思います。近くで拝むことができればそれに越したことはないのですが、なかにはかなり遠方まで無理して出かけられた人も多いのでは・・・。確かに初日の出にあやかることができれば、なんとなく縁起がいいように思え、苦労の甲斐がある」というもの... 続きを読む

マナーの心得

2018-01-02

マナーうんちく話1579《有名人の振る舞いとマナー》

寒さが厳しくなるにつれ、うつむき加減になることが多いものですが、この時期冬の夜空を見上げるのもお勧めです。澄み切った冬の夜空に瞬く星屑に、神々しさを感じる人も多いのではないでしょうか。加えて寒空の月も格別で、冷たく冴えわたった光の月を、先人は「寒月」と表現しています。... 続きを読む

マナーの心得

2017-12-18

マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労して身に付けるものだと考えます。例えば次のような例が考えられます。世の中には安全な飲み物や食べ物に不自由している人が10億人前後いるといわれていますが、一週間も何も口に... 続きを読む

マナーの心得

2017-12-16

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋の語源の一つになっていますが、秋は空気が澄み、すべてが明らかになる時節ですから、お月様も大変美しく見えます。白露は、このお月様が夜に間にこぼした雫(しずく)だから「月の... 続きを読む

マナーの心得

2017-09-12

マナーうんちく話1506《平和祈念式典と世界平和度指数》

突然ですが世界で最も平和な国はどこでしょうか?現在地球上には国連に加盟している国が190余り存在しますが、その中で最も平和な国はアイスランドで、次はニュージーランド、3位はポルトガルです。これは「経済平和研究所」が世界各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化して発表し... 続きを読む

マナーの心得

2017-08-07

マナーうんちく話1501《「継続は力なり」を実感!コラム1500回を迎えて・・・。》

今年は鰻のかば焼きを食す「土用丑の日」が2回あるので、鰻の需要はさらに高まりそうですね。江戸時代の万能学者である平賀源内が鰻屋の主人から夏の売り上げ対策を依頼されるわけですが、それに対して「本日土用丑の日」と書いた垂れ幕を店頭に掲げて、鰻が売れるようにした策力は見事だと思い... 続きを読む

マナーの心得

2017-07-28

マナーうんちく話1500《石の上にも7年!1500回ありがとう》

暑中お見舞い申し上げます!立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を「土用」といいますが、今では土用といえば夏の土用を意味するようになりましたね。年に4回土用が存在するのに「夏の土用」だけが脚光を浴びるようになったのは、一年で最も暑さが厳しく身も心も最も疲れるからでしょうか・... 続きを読む

マナーの心得

2017-07-26

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょう。マナーとは本来、社会の秩序を保ち、日常生活を円滑にすると共に、心地良い人間関係を築くための規範です。それが地域の風習やライフスタイルなどにより異なるケースは多... 続きを読む

マナーの心得

2017-05-22

マナーうんちく話1464《賢い休養のお勧め》

四季が明確に分かれて、それがゆっくり移り変わる日本では吹く風にも豊かな感性を働かせました。丁度今頃に吹く少し強い南の風を「青嵐(せいらん)」と呼びます。そして青嵐が吹きぬけると木々が揺れ、緑のグラデーションがとても美しく見えます。まさに新緑から万緑に移行する時節で、全... 続きを読む

マナーの心得

2017-05-16

1件~15件(84件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ