コラム一覧 :マナーの心得

1件~15件(76件)

過去の15件

マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労して身に付けるものだと考えます。例えば次のような例が考えられます。世の中には安全な飲み物や食べ物に不自由している人が10億人前後いるといわれていますが、一週間も何も口に... 続きを読む

マナーの心得

2017-12-16

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋の語源の一つになっていますが、秋は空気が澄み、すべてが明らかになる時節ですから、お月様も大変美しく見えます。白露は、このお月様が夜に間にこぼした雫(しずく)だから「月の... 続きを読む

マナーの心得

2017-09-12

マナーうんちく話1506《平和祈念式典と世界平和度指数》

突然ですが世界で最も平和な国はどこでしょうか?現在地球上には国連に加盟している国が190余り存在しますが、その中で最も平和な国はアイスランドで、次はニュージーランド、3位はポルトガルです。これは「経済平和研究所」が世界各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化して発表し... 続きを読む

マナーの心得

2017-08-07

マナーうんちく話1501《「継続は力なり」を実感!コラム1500回を迎えて・・・。》

今年は鰻のかば焼きを食す「土用丑の日」が2回あるので、鰻の需要はさらに高まりそうですね。江戸時代の万能学者である平賀源内が鰻屋の主人から夏の売り上げ対策を依頼されるわけですが、それに対して「本日土用丑の日」と書いた垂れ幕を店頭に掲げて、鰻が売れるようにした策力は見事だと思い... 続きを読む

マナーの心得

2017-07-28

マナーうんちく話1500《石の上にも7年!1500回ありがとう》

暑中お見舞い申し上げます!立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を「土用」といいますが、今では土用といえば夏の土用を意味するようになりましたね。年に4回土用が存在するのに「夏の土用」だけが脚光を浴びるようになったのは、一年で最も暑さが厳しく身も心も最も疲れるからでしょうか・... 続きを読む

マナーの心得

2017-07-26

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょう。マナーとは本来、社会の秩序を保ち、日常生活を円滑にすると共に、心地良い人間関係を築くための規範です。それが地域の風習やライフスタイルなどにより異なるケースは多... 続きを読む

マナーの心得

2017-05-22

マナーうんちく話1464《賢い休養のお勧め》

四季が明確に分かれて、それがゆっくり移り変わる日本では吹く風にも豊かな感性を働かせました。丁度今頃に吹く少し強い南の風を「青嵐(せいらん)」と呼びます。そして青嵐が吹きぬけると木々が揺れ、緑のグラデーションがとても美しく見えます。まさに新緑から万緑に移行する時節で、全... 続きを読む

マナーの心得

2017-05-16

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのまれています。特に若者にとっての「就職活動」や「結婚活動」、そしてその後の「保育活動」の在り方は大きく変わっています。以前はこれほどエネルギーを注がなくても、普通に... 続きを読む

マナーの心得

2017-04-23

マナーうんちく話1444《その就活・婚活・終活で本当に大丈夫?》

最近「就活」「婚活」「終活」という言葉が至るところで頻繁に登場するようになりました。この他「産活」「美活」「離活」「保活」「恋活」「住活」「財活」等も存在しますが、これらの意味がお解りでしょうか。いずれも豊かな生活を送る上では大切なことで、「活」という言葉がつけば、そ... 続きを読む

マナーの心得

2017-04-14

マナーうんちく話1442《大勢の中で輝く人、くすむ人。その差はどこにあるの?》

花冷えになりましたが百花繚乱の中、春を謳歌する楽しいイベントの目白押しの絶好の季節をむかえております。そして新たな出会いを歓迎する楽しいシーンが、あちらこちらで展開されている時期でもあります。33年間ホテルで接客の仕事に携わり、フレンチレストラン、バンケット、ブライダ... 続きを読む

マナーの心得

2017-04-11

マナーうんちく話1433《女性の社会進出とレディーファースト文化②》

日本では男性優位の生活が長かったので、女性は控えめが美徳とされていましたが時と場合によります。明治に入り洋の文化を受け入れ和洋折衷文化を形成した日本では、「和のシーン」と「洋のシーン」で振舞い方が異なるということです。たとえば料亭の和室では男性優位がいいと思いますが、... 続きを読む

マナーの心得

2017-03-28

マナーうんちく話1432《女性の社会進出とレディーファーストの文化①》

桜前線や花見情報などこれからしばらくは桜の話題で盛り上がる時期ですね。科学が発達したおかげで最近では桜が開花する時期が正確に解るようになりましたが、「3部咲き」「5分咲き」「満開」などと何段階にも分けて情報が発信されるようなことは世界でも珍しいことではないでしょうか。... 続きを読む

マナーの心得

2017-03-26

マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南下します。桜は休眠から休眠打破、そして生成と進行するそうですが、四季が明確に分かれている日本ならではのスタイルでしょう。その華麗な咲き方と潔い散り方がまさに武士の... 続きを読む

マナーの心得

2017-03-24

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ物や他者に配慮する「美しい食べ方」は、身も心も美しい生き方に直結するわけですが、今の日本では大変軽んじられている気がしてなりません。洋食のテーブルマナーは30年以上、... 続きを読む

マナーの心得

2017-01-16

マナーうんちく話1371《日本人の「和の心」と「お持て成し」》

日本の四季の美しさは世界中の人がうらやましがるところですが、同時に日本は「和」をとても大切にする国です。最近欧米諸国から様々な文化や学問が持ち込まれ、欧米の権利や個性を大切にする「個人主義」が特に広まってきた感が有ります。しかし日本は稲作を中心とした農耕文化で栄えた国... 続きを読む

マナーの心得

2016-12-13

1件~15件(76件)

過去の15件

RSS
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ