コラム

 公開日: 2015-10-25 

マナーうんちく話1072《知っておきたい季節の美しい言葉「十三夜」「後の月」》

日本は四季に恵まれているせいでしょうか?
年中行事の数は世界屈指だと言われています。

中でも「月を愛でる習慣」は現在でも受け継がれており、一年で一番美しいとされる「仲秋の名月」には、全国津々浦々で多彩なイベントが繰り広げられていますね。

そして10月25日は、仲秋の名月に次いで美しいとされる「十三夜」です。
平成27年の仲秋の名月は確か9月27日でしたが、その約ひと月後にもう一度お月見をするわけです。

仲秋の名月の後にするお月見ですから、十三夜は「後の月」と言われます。

また仲秋の名月の頃の旬の野菜は芋で、その芋をお供えしたので中の名月は「芋名月」とも言われましたが、「後の月」の頃には栗や豆が収穫期を迎え、栗や豆をお供えすることから十三夜は「栗名月」「豆名月」ともいわれます。

ただ私が住んでいる所では栗の収穫期はすでに過ぎており、豆や芋が収穫期を迎えています。地域により異なりますね。

それはともかくとして、「後の月」は「仲秋の名月」に比較して、大きく異なる点があります。ご存知でしょうか?

仲秋の名月は「十五夜」の満月を愛でるわけですが、後の名月は満月ではなく、「十三夜」です。

まん丸い月、つまり完成されたものではなく、少し欠けています。
それを謙虚で美しいと捉える日本人独特の感性です。

つまり、十五夜のように完成してしまったらもう次は無くなりますが、十三夜のように、未完成だと次に期待が持てるわけです。

扇子を使用する時にも全開しませんね。
少し残した状態で使用するのですが、同じ理屈でしょう。

そして、仲秋の名月を見たら後の月も愛でなければ、縁起が悪いとされていますが、これは「片見月」といって江戸時代の遊女が仕掛けた営業戦略です。

満月は遊女たちにとってかき入れ時になるわけですが、一度だけでなく約一月後の「後の月」もかき入れ時になるようにこのような迷信を作り、客寄せを図ったと言われています。

「茶柱が立ったら縁起が良い!」と吹聴して、比較的売れにくい二番茶を積極的に売ったお茶屋、七五三に参拝客に「千歳飴」と言う縁起の良い名前を付けて売った菓子屋、夏の閑散期に鰻の蒲焼を広めた平賀源内等など・・・。
江戸の人は実に商魂たくましいですね。

それに負けるとも劣らないのが、現代のビジネスマンでしょう。
キリスト教系のお盆と収穫祭の意味合いを有すハロウイーンを利用して、神様仏様の国日本でハロウイーングッズを売り込む商才もすごいです。

但し、仁義なき戦いのように、何でもかんでも売れればいいのではなく、本来の由来を正しく伝えたいものですね。個人的には、儲けに関わらず日本の伝統行事を大切にして、次世代に伝えて頂きたいと思っています。

十三夜には関心ないが、ハロウイーンには興じるというのは本末転倒だと私は思いますが、如何でしょうか?
カラスの勝手でしょうと言われれば元も子もありませんが・・・。

ところで、十三夜に引き続き「十日夜の月」がありますがご存知でしょうか?
「仲秋の名月」そして「後の月」の後に続く月のことで、「三の月」とも言われます。

旧暦10月10日の月ですから「十日夜の月(とうかんやのつき)」と言い、新月から数えて10日目の月ですね。

仲秋の名月、十三夜、十日夜の月はそれぞれ表情が異なり、先人はそれぞれユニークな名前をつけて風情を楽しんだわけですが、三つの名月を愛でると、さらに縁起がいいと言われています。
今年は是非お試しくださいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ