コラム

2015-10-23

マナーうんちく話1071《知っておきたい季節の美しい言葉「霜降」と「三つ花」》

「秋の夕暮れはつるべ落とし」と表現されますが、めっきり日暮れが早くなり、寒気が増してきましたね。

これからは天気の移り変わりも激しく、寒さが日毎に増してくるわけですが、こうなると今までの露が冷気で冷え込み「霜」になります。

10月24日は二十四節季の一つ「霜降」です。
秋が深まり、霜が降りて来る頃とされています。

勿論旧暦の話ですから、実際に霜が降りて来るのは、まだ先です。
私が住んでいる「晴れの国」岡山では、例年だと、ひと月以上先のことです。

しかし油断大敵です。
農作業にとって霜は大敵です。

従って冷え込みが厳しい日には霜に要注意で、天気予報から目が離せません。
霜が降りるまでは夏野菜のナスビやピーマンは収穫できますが、霜にあたれば、殆どの野菜や花がやられてしまいます。

今では温室栽培方法も確立されていますが、昔は想像以上に大変なことだったと思います。

「生きることは食べること」ですが、その食べ物が霜により大打撃を受けるわけですから・・・。

だから二十四節季に、「霜降」という節目を設けて注意を促したのでしょうね。

しかし、先人はこの霜に恐れていただけではありません。
野菜や花に大打撃を与える霜も、細かく観察し素敵な名前をつけて、その風流を楽しんでいたわけです。

外国人のように、虫の鳴き声を単なる音として聞くのではなく、それぞれの虫の声として聞く耳を持ち、「虫聞き」と言う文化まで築いた日本人です。

霜の美しさを見事に映し出し「霜の花」と表現しました。
雪の表情にも色々な名前をつけて楽しみましたが、霜にまで名前を付けるとはすごいですね。

また「霜の花」は「三つの花」とも言われます。

ちなみに雪は「六つの花」と言われます。
「三つの花」は雪の「六つの花」に対してつけられた名前で、季語は晩秋です。

その年の晩秋から秋にかけて、初めて降りる霜の事を「初霜」と呼びますが、冷え込みが強い朝には是非注意して観察してみて下さい。

そして、霜が降り始めたら紅葉の季節です。
春は、「山笑う頃」と表現されますが、紅葉の季節は、赤や黄色に色づいた葉っぱがお化粧するので「山彩る頃」と表現されます。

季節に合わせ、山の表情にまで風流な言葉で表現した、日本人の感性は実に見事です。

昔の建物は、霜や雪や雨の降り具合、風の吹き方等々、自然の在り様を緻密に観察し、それらに逆らうことなく上手に工夫して作られています。
だから何百年も美しい状態が保たれているのではないでしょうか?

今回、一流と呼ばれる企業が建てて販売したマンションやゴム製品にデーターの改ざんが発覚し、大きな問題になっています。

和食が無形文化遺産に登録された頃には、やはり一流と言われる百貨店やホテルにおいて、食品偽装表示が話題になりました。

売り上げ至上主義は、自然も人の心も蝕んでしまいますね。
せめて季節の節目くらいは、自然に触れ、自然を大切にするよう、一人ひとりが心掛けたいものです。そうすることにより思いやりの心が目覚めてきます。

また、時節の挨拶や朝礼などにおいて、季節の言葉を取り入れてみるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。風物詩は俳句の「季語」のように...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1314《一人の高齢者が死ぬと一つの図書館がなくなる》

敬老の日にちなみ、新聞やテレビで全国の長寿の人達が紹介されていますが、豊かで平和な国ならではの微笑ましい光...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ