コラム

2015-10-21

マナーうんちく話1070《大切にしたい「叱る時」のタイミングとマナー》

このところ秋晴れが続いていますが、菊の花が咲いている頃に、空が晴れ渡ることを「菊晴と」言います。

秋の澄み切った空の下で、香り高く咲いている色鮮やかな菊の花を眺めるのは、心が晴れ晴れしますが、人生心地良いことばかりではありません。
時には心を鬼にして、厳しく注意したり、叱ったりする必要もあります。

ところで、子どもや部下を叱る時に、色々と迷ったことはありませんか?
人を褒めることは比較的たやすく、それなりの心構えと具体的に褒めることが大切なポイントになります。

しかし、褒めるばかりが能ではありません。
叱ることも大切ですが、問題は叱り方です。

叱り方は褒め方に比較すると難しいので、ポイントをしっかり押さえて下さい。
褒め方と同様、叱り方も「マナーの視点」が重要になります。

叱る時のポイントはタイミングがとても大切です。
間髪いれず、リアルタイムで叱って下さい。

マナーの根源を成す「思いやりの心」には、「相手に好感を及ぼす」ことと、「相手に不快感を与えない」という二つの側面があります。

前者は大人や上司が子どもや部下に対して、常に良い見本を示すことです。
これは信頼関係を築く上でとても大切です。

一方、後者の場合、つまり子や部下が相手に不快感を与えたら、大人や上司はリアルタイムで注意することです。
このタイミングを逃せば、逆効果にも成りかねません。

部下が自信を無くし、やる気をなくした時も同様です。
上司としてモノ申すことが大切ですが、細心の注意が必要です。

人前で叱らないことも大切かもしれませんが、間違いを犯した時は、たまには人前で恥をかかせるのも、いい場合もあると思います。

但しお客様の前で叱るのは感心しません。
客は不快になり、店のイメージダウンや信用も失うことになるかもしれません。

お客様の前で、「こうしてみたら」等と、優しく言い聞かせて、良いお手本を示して下さい。

そして、叱る時の大切にしたいのはタイミングばかりではありません。
上司と部下の日頃の人間関係、平たく言えば「信頼関係」が大切です。

信頼関係は、ある程度の時間をかけて熟成されるもので、多様な要素から成り立ちます。

日頃から良いお手本を、子どもや部下に対して示すことが非常に大切です。
賢くて楽しい食事に心がける、先手必勝の挨拶に心がける、身嗜みに気配りするなど、素敵なマナーを発揮することです。

加えてお勧めしたいのが、部下の欠点ばかり見るのではなく、「長所」をしっかり把握することです。この点は特に大切です。

そのためには、自分の長所も把握していなくてはいけませんよ。
自己理解が大切だと言うことです。

日頃から部下の長所を理解していれば、いざという時にきつく叱っても、それが生きて来るわけです。

部下のアラ探しばかりしていては、叱れば叱るほど反感を買います。

また、叱るのは小手先のテクニックではありません。
相手に間違いを反省させ、同じ間違いを起こさないためです。

つまり、相手が素直に聞く耳を持たなければいけないと言うことです。
繰り返しになりますが、いかに、信頼関係が大切であるかと言うことです。

そして、間違いを犯した原因究明も大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ