コラム

 公開日: 2010-12-05  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話26≪年賀状のマナー≫


マナーうんちく話26《年賀状のマナー》

今年も年賀状書きの季節になりました。
何かと忙しい年の瀬に年賀状の準備は大変です。
今回はその知識とポイントについて触れてみます。お役にたてれば幸いです。

○年賀状の雑学
年賀状の起源は平安時代まで遡ります。そして江戸時代には武士は上司に、町人はお得意先に、子どもは寺子屋の先生に年始のあいさつに出向いていたそうです。このように本来は直接年始に挨拶に行くことでしたが、遠くて行けない人に年始の挨拶の書状をしたためたようです。一部のお金持ちは飛脚に託すことができましたがそれはごく一部です。

そして幅広く広まってきたのは明治になっての近代的郵便制度の普及に伴ってからです。
さらに爆発的に広まったのは、何と言っても1949年(昭和24年)の「お年玉つき年賀葉書」の誕生です。気象用語に「桜前線」「紅葉前線」というのがありますが、それを考えた人も素晴らしいと思いますが、正月に「お年玉つき年賀葉書」を考えた人も感心します。いずれも四季の美しさを愛で、絆を大切にする日本人ならではの感性ですね。
ちなみに昭和24年の特等は「ミシン」、1等は「純毛服地」だったそうです。

○年賀状のマナー
人間関係を円滑にするための年賀状です。目上の人やビジネス関係では襟を正し、親族や友人関係でも「親しき仲にも礼儀」ありです。礼儀正しい文章を心がけたいものです。

年賀状に使用する「新年を祝う語句」を「賀詞」と呼び、漢字、一文字・二文字・三文字・四文字・文章等がありますが、それぞれの意味を考慮して使い方に注意が必要です。ここが大きなポイントになります。
※「賀詞」は本来、年賀に限らず「お祝い」の言葉です。

一文字の「寿」「賀」は単におめでたいという意味で、二文字の「賀正」は正月を祝う、「迎春」は春(新年)を迎えるという意味で、また三文字の「四海春」は世界に春が来た、という意味だけで、いずれも敬意はないので目上の人には不向きです。

目上の人には「相手を尊ぶ漢字である謹」「うやうやしいという意味の恭」等が使用されている、「謹賀新年」「恭賀新年」等は敬意と丁寧さが伝わりお勧めです。
また「新年おめでとうございます」「明けましておめでとうございます」「新春をお慶び申し上げます」等は相手を選ぶ必要がありません。

また、「元旦」や「1月1日」、「新年」と「明けまして」はいずれも同じ意味なので重複表現に注意して下さい。

年賀状の投函時期ですが、年賀状は本来1月7日の松の内に届けばいいのですが、折角ですので元旦にキチンと届けたいものです。そのためには12月25日までには投函する必要があります。
「松の内」を過ぎたら、「寒中見舞い」(立春まで)として届けたらよいと思いますが、立春を過ぎたら「余寒見舞い」として出します。

さらに毎年よくあることだと思いますが、出していない人から年賀状を頂いたら直ぐに返事を書きましょう。この時は投函日が1日以降になれば、「元旦」という文字は使いません。投函日を書いて下さい。この点にくれぐれも注意して下さい。

最近は特にデザインにこだわる方も増え、また枚数が多いのでパソコン使用が目立ちますが、できれば1-2行はその人にふさわしい手書きの文章をお勧めします。
例えば、日頃からお世話になっている感謝の言葉、相手の健康・幸福を祈る言葉、今後とも変わらぬ付き合いを願う言葉等自由に綴って下さい。
「実礼」になるか、「虚礼」になるかは、差し出す人の「思いやりの心」次第です。
その意味において、手書きの1-2行は大きな意味を持ちます。


夏にこのコラム欄にて「暑中見舞い」を取り上げましたが、日本は元々四季が明確に分かれている関係で四季折々の節目の行事を大切にしてきました。なかでも年始と盆の挨拶は特別で、それがいずれも明治維新後の郵便制度の発達により、「書状」という形ですっかり定着したようです。

今では書状とともに、「メール」という選択肢も加わりましたが、普段は連絡をとったり、会ったりしなくとも、仲のよい者同士・お世話になった人・親族などに絆を保つ機会を与えてくれるのが暑中見舞いであり、年賀状だと思います。

「不易流行」という言葉があります。
暑い時・寒い時に互いの健康を思いやり・近況を報告し合うこれらの習慣は、如何にメール全盛の時代とはいえ何時までも大切にしたいものですね・・・

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ