コラム

 公開日: 2015-10-20 

マナーうんちく話1069《お世辞は言えた方がいいの?》

お世辞を言う人をどう思いますか?

「お世辞を言う必要ない」、あるいは「お世辞を言う人を軽蔑する」と言う人も多いと思います。

しかし、「こんな時くらいはお世辞の一つや二つは言えたらいいの」に、と思う人も結構います。

「お世辞」と「称賛」の違いは、それを言った事により、代償を求めるか否かです。

しかし、「お世辞」と「称賛」の線引きは、非常に難しいのが現実です。
真心こめて褒めたつもりでも、相手からは軽いお世辞にとられることも多々あります。これでは気持ちが正確に伝わりませんね。

日本人は欧米人に比べいいところは沢山ありますが、情感を込めて人を褒めたり、感謝の気持ちを表現することは、あまり得意ではないようです。

それどころか、メール全盛になったせいか、話し方がそっけない人が益々増加傾向にあるような気がします。
つまり、中身はキチンと伝えても、感情までは伝わらないということです。

お世辞になるか、称賛になるかは、長い間培われたその人の人柄によるところが多いと思います。

また、サラリーマンだったら出世の道具として、お世辞を堂々と言う人も多いと思います。
接客の時もしかりです。

一方、「称賛」は見返りを求めない純粋な行為です。

そして、褒めるタイミングは、間髪いれず、具体的に、相手の目を見てですが、これがまた難しいわけです。

いざという時に、適当な褒め言葉が浮かんでこない人が多いようですね。
どうしたらいいのでしょうか?

先ずは、心を豊かにして下さい。
加えて、相手を察する思いやりの気持ちを持つことです。

お世辞も、称賛も、相手を心地よくさせると言う点では、言えないより言えた方が良いと思います。

心を豊かにすれば、まず態度が違ってきます。
積極的な態度になれば、不思議な事に、自然に言葉が湧いてきます。

たとえ言えなくても、笑顔になり、その人の前に進み出るくらいの前向きの態度を示して下さいね。

その真剣な態度は、他のどんな上手なお世辞や称賛より、相手の心に響きます。

ちなみに、心を豊かにすることは、人柄を磨くことです。
小手先のお世辞や称賛のテクニックより、自分を磨くことをお勧めします。

以前このコラムで「江戸しぐさ」を取り上げましたが、江戸しぐさでは、お世辞が言えて初めて一人前の大人になれます。

「三つ心 六つ躾 九つ言葉 十二文 十五理で末決まる」と言う江戸しぐさは、当時の子どもの段階的養育法を説いたものです。

3歳までは子に精一杯愛情を注ぎ、6歳までには箸使いなどの基本的な躾を施し、九歳になるまでに大人としての挨拶がきちんとできて、お世辞が言え、人付き合いが上手に出来るようになると言うことで、良好な人間関係を築く処方箋のようなものです。

かなりレベルが高いと感じますが如何でしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ