コラム

 公開日: 2015-10-14 

マナーうんちく話1065《「献杯」と「黙とう」のお勧め》

結婚式や入社式などでは「乾杯」と言う言葉を使用しますが、葬儀や法事では「献杯(けんぱい)」という言葉を使用します。

献杯の意味は相手に対して敬意を表すために盃をさすことですが、乾杯はお目出度い時に使用されるので、弔事には乾杯に変わる言葉として献杯が使用されるようになりました。

従って葬儀や弔事の時に献杯するのは、「故人を悼み、盃を捧げるため」と理解して頂ければ良いと思います。

もともと乾杯が日本で初めて使用されたのは、江戸幕末の頃です。

1854年に「日英和親条約」が締結された後の宴席でのことですから、まだ歴史はそんなに長くは有りません。

では、「献杯」と言う言葉が法事などで何時頃から使用され始めたのでしょうか?

私がホテルに入りたての頃には、既に法事などがホテルで行われていましたが、当時は「献杯」という言葉はまだ使用されてなかったように思います。
勿論地域差はあるかもしれませんが・・・。
従って、この言葉はまだ半世紀もたっていないと思います。

以前にも述べましたが、そもそも乾杯の由来は古代、神や死者に対して酒を捧げた宗教儀式が転じて、健康、入学、入社、成功等を祝う儀式になったいきさつがあります。

日本の神前結婚式などでは、「三三九度」の儀式をしますね。

ところで、献杯は具体的には、葬儀・告別式後や法事(法要)の席などにおいて、食事をする時ですが、行う場合もありますが、行わない場合もあります。

施主や遺族で相談されたらいいと思いますが、故人が、酒が好きで生前、皆と酒を酌み交わされていた様な人であれば、取り入れられたらいいと思います。
どの場面で、どのようにするかは、細かい決まりは有りませんが、概ね下記の様にされたらいいでしょう。

タイミングは、儀式が終わって、会食を始める時です。

○位牌にお酒を捧げて下さい。

○遺族代表の挨拶をして下さい。
内容は、会葬のお礼や(法事の場合は参列のお礼)と、これから会食を始めさせていただきますという挨拶がお勧めです。

○献杯の発声人の指名(お願い)。
「それでは○○さまに献杯の音頭をお願いしたいと思いますので、よろしくお願いいたします」等とお願いして下さい。

○指名された人は献杯の挨拶を手短に述べて下さい。
予め打診される場合も有れば、その場でお願いされる時もあります。
故人を偲ぶ言葉やお悔やみの言葉を添えて、1分位で纏めて下さい。

○挨拶終了後に献杯

○黙祷
「マナーうんちく話1042《正しく理解したい「黙祷」の知識と作法》」を参考にして下さい。
黙祷が終わった時点で、「遺族がありがとうございました。それではお食事を始めて下さい」と挨拶して、食事がスタートします。

食事中は、故人の話題が中心になります。

結婚式は当事者が主体的に色々な事を執り行うことが出来ますが、葬儀や法事はそうはまいりません。

遺族や故人と親しかった人が中心となり、計画が進められると思いますが、予算がかかることではありませんので、故人になり変わり、なるべくとりおこなって下さいね。
形式より真心が大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ