コラム

 公開日: 2015-10-09 

マナーうんちく話1062《供花・献花の知識と作法①》

【供花・枕花の意味と役割】

「供花」とはお悔やみの意味を込めて仏や死者に花を添えることで、「きょうか」、あるいは「くげ」と読みます。
白菊のほかにも最近では洋花も用いられます。

死者の霊を慰めると共に、祭壇や会場の雰囲気を高める意味もあります。

一般的には親族や故人と親しい中にあった人が贈りますが、都合により葬儀に参列できない人が贈る場合もあります。

一つは「一基」、二つで「一対」と表現しますが、贈り方にルールがあるわけではありません。葬儀を執り行う葬儀社に問い合わせをするのが良いでしょう。

贈るタイミングも大切で、早い方が良いでしょう。

但し、葬儀にお供えが出来なかったら、初七日から四十九日までの「後飾り」として自宅に贈っても、遺族の寂しさを和らげるので喜ばれます。

また会場では、供花の飾り方に注意が必要です。
届いた順に飾るわけではありません。

祭壇の中央から近い順に、遺族や親族、親しかった人、そして勤務先関係が一般的です。
供花をお供えするには、葬儀を取り仕切る葬儀社に、電話で「お花を備えたいのですが・・・」と切り出せばいいでしょう・

ちなみに、花の代わりの果物やお菓子をお供えするのは「供物(くもつ)」と言います。個人の霊を慰めるためにお供えしますが、祭壇の脇に飾られるケースが多いようですね。

線香、ろうそく、果物、干し菓子等が一般的ですが、弔事用の包装紙で包み、不祝儀の結び切りの水引で、表書きは「御供物」「御霊前」でいいでしょう。
葬儀に参列するに当たり、「供物・供花はお断りします」と有れば、花も品物も遠慮するという、故人の遺志や遺族の意向なのでそれを尊重して下さいね。
但し、香典は受け取ります。

また、「ご厚志お断り」と有れば、香典も供花・供物も全て受け取りません。

さらに、亡くなった人の枕もとに飾る花は「枕花(まくらばな)」といい、通夜の前から葬儀が終わるまで飾ります。

血縁関係の人や故人と親しかった方が、亡くなったら直ちに飾ります。

宗教、地域差もあるようですから、葬儀を取り仕切る人に伺って下さい。
要は、「何をさておいても・・・」と言う素直な気持ちでお供えする花で、悲しみの気持ちをいち早く形にするものですから、くれぐれもビジネス色は出さないようにして下さいね。
そして「枕花」と必ず確認して発注して下さい。

加えて「花輪」も供花と同じ意味合いを持ちます。
最近では、外観の問題を始め色々な問題がありますので、葬儀社と相談される事をお勧めします。

ところで、供花を頂いた時のお返しはどうしたらいいでしょう?
基本的には、弔電や供花に対するお返しはしなくていいとされています。

自然界の厳しい環境に耐え、やっと咲いた花の姿は、人間と仏の相性が良いのでしょうか?古代から仏教と花の関わりは深いようです。

そして、供花や枕花にどんな花を贈るのか?白色で統一した方がいいのか?迷うこともありますが、これといった根拠は無いようです。

とげとげしい花や香りの強い花は不向きだと思いますが、問題はお供えする人の心と、それを受け取る遺族の気持ちではないでしょうか?

弔事のスタイルも多様化しましたが、追悼の気持ち大切にしたいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ