コラム

 公開日: 2015-10-09 

マナーうんちく話1062《供花・献花の知識と作法①》

【供花・枕花の意味と役割】

「供花」とはお悔やみの意味を込めて仏や死者に花を添えることで、「きょうか」、あるいは「くげ」と読みます。
白菊のほかにも最近では洋花も用いられます。

死者の霊を慰めると共に、祭壇や会場の雰囲気を高める意味もあります。

一般的には親族や故人と親しい中にあった人が贈りますが、都合により葬儀に参列できない人が贈る場合もあります。

一つは「一基」、二つで「一対」と表現しますが、贈り方にルールがあるわけではありません。葬儀を執り行う葬儀社に問い合わせをするのが良いでしょう。

贈るタイミングも大切で、早い方が良いでしょう。

但し、葬儀にお供えが出来なかったら、初七日から四十九日までの「後飾り」として自宅に贈っても、遺族の寂しさを和らげるので喜ばれます。

また会場では、供花の飾り方に注意が必要です。
届いた順に飾るわけではありません。

祭壇の中央から近い順に、遺族や親族、親しかった人、そして勤務先関係が一般的です。
供花をお供えするには、葬儀を取り仕切る葬儀社に、電話で「お花を備えたいのですが・・・」と切り出せばいいでしょう・

ちなみに、花の代わりの果物やお菓子をお供えするのは「供物(くもつ)」と言います。個人の霊を慰めるためにお供えしますが、祭壇の脇に飾られるケースが多いようですね。

線香、ろうそく、果物、干し菓子等が一般的ですが、弔事用の包装紙で包み、不祝儀の結び切りの水引で、表書きは「御供物」「御霊前」でいいでしょう。
葬儀に参列するに当たり、「供物・供花はお断りします」と有れば、花も品物も遠慮するという、故人の遺志や遺族の意向なのでそれを尊重して下さいね。
但し、香典は受け取ります。

また、「ご厚志お断り」と有れば、香典も供花・供物も全て受け取りません。

さらに、亡くなった人の枕もとに飾る花は「枕花(まくらばな)」といい、通夜の前から葬儀が終わるまで飾ります。

血縁関係の人や故人と親しかった方が、亡くなったら直ちに飾ります。

宗教、地域差もあるようですから、葬儀を取り仕切る人に伺って下さい。
要は、「何をさておいても・・・」と言う素直な気持ちでお供えする花で、悲しみの気持ちをいち早く形にするものですから、くれぐれもビジネス色は出さないようにして下さいね。
そして「枕花」と必ず確認して発注して下さい。

加えて「花輪」も供花と同じ意味合いを持ちます。
最近では、外観の問題を始め色々な問題がありますので、葬儀社と相談される事をお勧めします。

ところで、供花を頂いた時のお返しはどうしたらいいでしょう?
基本的には、弔電や供花に対するお返しはしなくていいとされています。

自然界の厳しい環境に耐え、やっと咲いた花の姿は、人間と仏の相性が良いのでしょうか?古代から仏教と花の関わりは深いようです。

そして、供花や枕花にどんな花を贈るのか?白色で統一した方がいいのか?迷うこともありますが、これといった根拠は無いようです。

とげとげしい花や香りの強い花は不向きだと思いますが、問題はお供えする人の心と、それを受け取る遺族の気持ちではないでしょうか?

弔事のスタイルも多様化しましたが、追悼の気持ち大切にしたいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ