コラム

2015-10-08

マナーうんちく話1061《知っておきたい季節の美しい言葉「寒露」》

雲ひとつない秋晴れに恵まれ、全国津々浦々で多彩なイベントが展開されています。

スポーツの秋を身体で、味覚の秋を舌で、芸術の秋を心で思う存分お楽しみください。

ところで朝晩今までと違った空気が漂い始め、布団を変えられた人も多いのではないでしょうか?
実質上の衣替えの時でもあります。

また、日暮れが早くなり、次第に秋が深まってきた感があります。
このコラムでも触れましたが、「秋の日は釣瓶落とし」と言われ、日中は晴天に恵まれていても、夕刻になると太陽があっという間に沈みます。

暮れそうでなかなか暮れないのが春の日ですが、秋は反対で暮れるような気配はないのに急に暮れてしまいます。
ご用心下さい。

さて、「マナーうんちく話1040」では二十四節季の一つ「白露」をとりあげましたが、今回は同じく「寒露(かんろ)」です。

「白露」と同様二十四節季の中でもあまり聞き慣れない言葉ですが、空気が澄み、夜空の月が明るむ季節になると、野草に宿る露が冷たく感じるようになります。

二十四節季は元々農作業の目安になるものですが、その農作業にとって「霜」は油断できません。

だから「露」から「霜」に変わっていくプロセスを注意深く観測してきて、喚起を促すために、時期にそった名前を付けたのでしょうね。
まさに「生きることは食べること」だったわけです。

9月8日の「白露」、10月8日の「寒露」、さらに10月24日は、秋が深まり、霜が降りる頃だとされる「霜降」へと二十四節季がなびいていきます。
ちなみに平成27年は、10月25日が「十三夜」です。


先日、我が家に植えていた僅かばかりの里芋を収穫しました。
泥にまみれ、お世辞にも美しいとは言えませんが、味は抜群で、昔から和食には欠かせない食材です。

既にお節料理の予約受け付けが始まっていますが、里芋はお正月のお節料理の定番でもあります。

親芋と言われる大きな芋の周囲に、子芋と呼ばれるやや小ぶりの芋がつき、さらに子芋の先には小さい孫芋が連なっています。

だから子孫繁栄に繋がる縁起ものなのですが、栄養価も非常に高い食材ですから、寒い時期にはなおさらいいですね。

さらに、多くの穴があいているので、先の見通しが立つ縁起のいい食材としてお節料理に取り入れられているレンコンも今が旬です。
秋にしっかり食べたい、栄養価の非常に高い食材の一つです。

また果物では柿が旬を迎えています。
柿も、「柿が赤くなれば医者が青くなる」と言われる位栄養価が高い果物です。

このように今まさに「実りの秋」で、美味しい物が沢山市場に出回る絶好の季節ですが、「女心と秋の空」と言われるように、これからは天気の移り変わりにも注意が必要です。

ちなみに、この諺は、「女性の心は秋の天気のように移り変わりが激しい」と言う意味で使用されますが、移り変わりするのは男心も同じだとする意見もあります。

皆様はどちらだと思いますか?

そして露が冷たい空気と接触して霜に変わる頃になると、紅葉のシーズン到来です。大切な人と楽しい予定を立てるもいいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1322《品格が漂う「ありがとうしぐさ」》

電車にギリギリセーフで乗ったら「ヤレヤレ」と思いますが、御礼を言うことはあり得ないでしょう。しかしエレ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1321《一人暮らしの親の葬儀の香典はどうする?》

最近よくあるケースですが、親が一人暮らしだった場合の葬儀で、子どもは香典をどのようにしたらいいのでしょうか...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ