コラム

 公開日: 2010-06-13 

貴婦人達の華麗なる食卓


春の陽光をたっぷり浴び、さらに梅雨の恵みをしっかり受け、草木は元気いっぱい成長し、色とりどりの美しい花を咲かせます。いよいよ梅雨入りですね・・・


今日は倉敷西公民館の「女磨き塾」にてお話してきました。内容は「貴婦人達の華麗なる食卓」というタイトルの、「洋食と和食のテーブルマナー」です。

「女磨き塾」は倉敷西公民館主催の、地域の女性を対象にした自分磨き講座の一種です。定員は20人で、笑顔・お金・マナーなど魅力的なカリキュラムで構成されている大変素晴らしい講座です。

今回はテーブルマナーですので、受講生の皆様に、それぞれご家庭にある、箸・箸置き・お椀・フォーク・ナイフ・グラス・ナプキンなど持参していただき、演習も交え、楽しく和やかに進み、あっという間に2時間が過ぎてしまいました。しかしポイントはしっかり把握いただけたようでうれしく思います。

ところで皆様は「テーブルマナー」と言えばどのようなことを感じますか?
「恥をかかないため」「堅苦しい」などいろいろなお考えがあってしかりですが、端的にいえば「食べるという行為に心の美しさを加味したもの」です。

では「心の美しさ」とは何かといいますと、下記の二つの側面があります。

1、感謝の気持ち
  これは食材に対する感謝の気持ちと、料理を作ってくれた人に対する感謝の気持ち、さらに食器にたいしてもしかりです。
日本には食前に「いただきます」という挨拶があります。
これは、「私の命を長らえるために、あなたの命(牛・豚・鶏・魚・野菜など)をいただきます」という、まさに食材に対する感謝の気持ちを言葉で表したものです。
数年前になりますが、ケニアのマータイ環境副大臣が来日されたとき、日本の「勿体ない文化」に共感され世界に広めていただきましたが、そもそも「もったいない」という本来の意味は食べ物に対する気持ちから派生したそうです。つまり、食べ物を粗末にしてはいけないよという意味ですね。
食材にも、作ってくれた人にも、食器類にも感謝の意味を込めて食するわけですから、当然姿勢をただし、食べ残しのないように、きれいに、おいしく、楽しく食べないといけませんね・・・納得!

2、他者に対する思いやりの気持ち
  思いやりの心とは、他者に対し不快感を与えないこと(不幸にしないこと)と、他者に好感を与える(幸福にする)
ことだと前回申しましたが、ここでは、相手を気遣い、笑顔で、おいしく、楽しく食べることではないでしょうか。おしゃれも、会話の内容もそうですね。政治・宗教・イデオロギーに関する話しは食事の時には適しません。また、主賓が存在するときは、主賓を立てる内容がいいですね。
料理を食べるスピードも大切な要素です。一人だけ早すぎても遅すぎてもいけません。程よく皆に合わせてください。主賓に合わすのもいいですね。塩・胡椒・砂糖・ソースなどを他者に気配りしてあげるのも大いにお勧めです。他者に対する思いやりの心はこのようなことからはぐくまれます。社会人になるとき・なった時に大いに役立つことです。

以上のようなことがテーブルマナーの意義・目的だと思いますが、いずれにせよ、持って生れたものではありません。それなりに知識を吸収したり、日頃からの心構えが大切です。

そして、「貴婦人」とは本来「高貴な人」という意味ですが、ここでは「心をぜいたくに使い、思いやりの心を持ち、何事にも前向きに取り組んでいく女性」を意味します。
そういう意味においては、「女磨き塾」の皆様がたは、とても熱心で、素敵な方ばかりです。毎回とても楽しみですね・・・地域の活性化に心強い味方だと思っております。

今日は昨日とうって変わり涼しいくらいです。
ご自愛ください。

岡山ハッピーコミュニケーション  平松幹夫

この続きは木曜日を予定しております。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ