コラム

 公開日: 2015-09-30 

マナーうんちく話1055《「玉串」の知識と「玉串奉奠」の作法》

玉串(たまぐし)とは、榊(さかき)の枝に、紙垂(かみしで)をつけたもので、神道の儀式において、神職や参拝者が神前にささげます。

ちなみに「榊」は「神」と「木」から成り、葉の先端が尖った常緑樹で、古くから神様の依り代に相応しい木とされていました。私は必要に応じて山から切ってきますが、スーパー等でも手に入ります。

語源は「神様」と人間の境目である「境木」、そして常緑樹なので「繁える木」つまり「繁木」等がありますが、定かではありません。

神事における榊の具体的な使用例は下記の通りです。

○結婚式、お宮参り、七五三、お祭り等。
○合格祈願、安産祈願、商売繁盛、安全祈願、病気回復祈願等。
○厄除け、地鎮祭等。
○葬儀、法要等の弔事の時。

以上のように、無病息災、健康長寿、豊作、子孫繁栄、邪気払いを祈願するために、酒、米、野菜、魚介類、塩等を神前にお供えするわけですが、玉串はそれと同じ意味を持ちます。

但し、上記のお供え品と異なる点があります。
大変真心のこもったお供えである点です。

勿論、酒や魚や野菜も心を込めてお供えしますが、玉串はさらに神事の中で拝礼の形をとるので、格別な意味を有すると言うことですね。

そこに祭られた神様の魂と、お参りする人の魂が、串のように合わされる、つまり神と人が一体になる役割を果たす供物と認識したらいいと思います。

また、「玉串奉奠」とは、神職に祝詞をあげてもらう時や、祈祷やお祓いしてもらう時に、神様への捧げものとして、祭壇に奉納するわけですが、このことを「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」と言います。

非常に神聖な儀式であるので、奉奠の仕方にもキチンとした作法があります。

○前に並んで、順番を待って下さい。

○順番が来て、神職から玉串を渡されたら両手で受け取るわけですが、右手で玉串の根元(枝側)を持ち、左手で葉先を支えたらいいでしょう。

○玉串は胸の当たりで持つようにして、葉の方をやや高めに持つとスマートです。

○玉串を捧げる神前に進み、やや手前で軽くお辞儀をします。

○玉串の根元が、自分の方向に向くように右手を引き、時計回りに玉串を半回転させ、根元が神前に向いたら、そのままお供えして下さい。

○二礼二拍手一礼して、二歩から三歩後ずさりして下さい。

○神職や参列者に一礼して自分の席に戻ります。

なお、葬儀においての玉串奉奠は、仏式の焼香に当たるような儀式ですが、玉串を供える際の拍手は、音を立てません。
これを「しのび手」と言います。

また、神社に祈祷をお願いする際に、納めるお金のことを「玉串料」と言います。

なお、信者に参拝する時の作法は「マナーうんちく話436《初詣と氏神様》」を参考にして下さい。

いずれにせよ、「神社参拝の作法」と、今回の「玉串の知識と奉奠の作法」は日本人として是非知っておきたいことではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

14

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ