コラム

 公開日: 2015-09-26 

マナーうんちく話1053《「十五夜」と「月ウサギ伝説」と「スーパームーン」》

幼い頃、祖父母から、お月様には兎が澄んでいて、満月の夜には餅搗きをするのだよ!と教えてもらったからでしょうか・・・。

十五夜を眺めていると、不思議にキネをもったウサギが登場するような気がしませんか。

しかし「所変われば品変わる」です。
お月様の模様は世界中同じでしょうが、その模様の捉え方はお国柄により様々で、とてもユニークです。

日本ではウサギがキネで餅を搗く姿に見られますが、ヨーロッパでは「本を読む老婦人」や「蟹のはさみ」に見られているようです。
また、ウサギではなく「ライオン」と見ている国もあるようです。

ではなぜ日本ではウサギに見られているのでしょうか?
その由来となる物語があります。

昔、昔、ある所に、猿と狐と兎が住んでいました。
そこに、疲れ切った老人がやって来て、食べ物を所望しました。

狐と猿は持ち前の技量で食べ物を持ってきましたが、兎はできませんでした。
そこで兎はまさかの行動に打って出ました。
火の中に自分の身を投じて、老人に自分の身を捧げたのです。

みすぼらしく見えた老人は、実は帝釈天だったわけです。

帝釈天(たいしゃくてん)はインドの神話では大変重要な神様で、仏教の守護神で有り「天帝」とも呼ばれています。

この帝釈天が三匹の動物の行動を観察するために、みすぼらしい老人に身を変えて試したわけです。そして兎の慈悲深い捨て身の行動を、広く後世に伝えるために、兎を月に登らせたと言われています。

それが仏教神話として日本に伝えられ、現在に至ります。

物の豊かさより心の豊かさが求められる今、人の役に立つことで大きな幸せを感じられますが、狐も兎も同じなのですね。

ちなみに、一生懸命努力して、みすぼらしい老人のために食べ物をとってきた猿と狐は、ご褒美として、望み通り、今度生まれて来る時は人間として生まれるようにして頂いたそうです。

改めて、数多い生物の中で人間に生まれた事、食べ物に恵まれていることに感謝したいものです。

また、兎が餅月をするのは、収穫に感謝しているからとか、生涯食べ物に困らないようにとの説もありますが、いかにも日本的な捉え方だと思います。

このように先人は、食べると言うことをとても大切にしたわけですね。
だから、和食のマナーは「感謝の心」と「同席した人への配慮」を大切にするわけです。

そして9月28日(月)はスーパームーン(supermoon)です。
月が地球に最も近づいた時の満月や新月の形のことで、普通の満月よりとても明るく、大きく見えます。

9月27日(日)の仲秋の満月に引き続き、美しいお月さまが楽しめるわけですが、最も近づく時間は27日の午前11時50分の予定ですから、この時間帯でお月さまを観賞することは無理です。

従って、日没からお楽しみください。
午後6時30分頃から7時30分頃がお勧めです。

スーパームーンは天体用語ではなく、星占術に由来しているそうですから、願い事をすると何かいいことがありそうですね・・・。

加えて、10月25日(日)の「十三夜」もお忘れなく・・・。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1401《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ