コラム

 公開日: 2015-09-25 

マナーうんちく話1052《「中秋の名月」の意義とお供えの意味》

9月下旬は何かと忙しいですね。
お彼岸が過ぎれば、今度は「仲秋の名月」。
晴れてくれればいいのですが・・・。

仲秋の名月に関しては「マナーうんちく話132《仲秋の名月とお月見ロマン》」で取り上げていますが、今回は別の角度から触れておきます。

月の満ち欠けを基準として作られた「旧暦」では、「満月」は最も解りやすい指標で、まさに生活の折り目になりました。

だから、一年の中でも満月の日には四季を通じて多彩なお祭りが多いわけです。

また、満月の事を「十五夜」と呼ぶのも、非常に単純明快です。
新月から15日経過すると満月になるから「十五夜」と名付けられました。

また、旧暦による季節の区分は、1月から3月までが「春」で、4月から6月は「夏」、7月から9月が「秋」、そして10月から12月が「冬」になります。

新暦とかなりずれがあるので、違和感を覚えるようなことが日常生活でもありますね。例えば、一年で最も寒い時期の年賀状の賀詞で、「新春」と言う言葉が使用されるのもこのためです。

雛祭りは「桃の節句」と呼ばれますが、新暦では桃の花はまだ咲きません。
さらに、最近取り上げた9月9日の「重陽の節句」を「菊の節句」と言いますが、新暦では9月頃に菊の花は咲きません。

ところで、旧暦の秋は7月、8月、9月ですから、8月は真ん中の秋、つまり仲秋になり、その時訪れる満月を「仲秋の満月」と呼ぶわけで、新暦では概ね今の時期になります。

そして、この時期は大変空気が澄み渡り、一年で一番お月様が美しく見える時なので、特にこの満月を観賞するイベントが生まれたようです。

但し、単に風流を味わいながら十五夜を鑑賞するだけではありません。
信仰の対象にもなっていたわけです。

米や芋などの収穫を感謝する意味合いを多分に有しています。
だから、お月様の形に似せて、米粉で作った丸い団子をお供えします。

芒(ススキ)をお供えするのは、芒はイネ科の食物だから稲(米)の代わりと言う説と、月の神様を招く依り代(神霊がよりつくもの)になると言う説があります。
さらに、芒は邪気を払う力があるとも考えられていたようです。

ブドウの収穫期でもあるのでブドウがお供えされる場合もありますが、ブドウは蔓ものですから、人と月がつるむ(繋がる)ので大変縁起がいいと考えられたからでしょう。

加えて、野菜では芋が収穫期を迎えるので芋をお供えします。
仲秋の名月を「芋名月」と言うのはこのためです。

今から約150年前までは日本は旧暦の生活です。
従って、この頃は月の満ち欠けで農事をとりおこなっていたわけですが、満月は非常に明るくて、欠けた部分が無い完璧の姿です。

だから豊作の象徴になったようですね。
当時はまさに「生きることは食べること」なので、豊作の意味は今のような「飽食の時代」には考えられない位、大切だったと容易に考えられます。

だから、それを祈願し、感謝する十五夜の意義は大きかったと思います。

それが、次第に物が豊かになると観賞することに重きが置かれ、詩歌や俳諧の材料に好んで取り上げられたのですね。そして、今では「お月見」と言えば「観月」とも言われ、主に満月を眺めて楽しむことになりました。

しかし、統計的には、曇りや雨の日が多いのですが、満月の夜に雲で覆われて月が見えなかったら「無月(むげつ)」と言い、雨が降れば「雨月(うげつ)」と名付けて、風流を楽しむようにしたわけです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ