コラム

 公開日: 2015-09-19 

マナーうんちく話1048《小さい秋から中くらいの秋に・・・。》

夏の残照が次第に遠のき、風や虫の音、そして草花の色づきに秋の気配が一段と強くなった気がしませんか。

そういえば、空が高くなり、鰯雲やうろこ雲が頻繁に見られるようになりましたね。

9月20日は「彼岸入り」ですが、彼岸花が咲き誇っています。
空に向かって真っ赤な花を咲かせるので「マンジュシャゲ」とも言われますが、実はその根は、飢饉の時の大切な非常食でした。

また、この時期に赤い花を咲かせる「鶏頭(けいとう)」の存在も強烈です。
雄鶏のとさかにそっくりだから「鶏頭」の名前が付けられましたが、マンジュシャゲと同様、良く知られた花ですね。

無花果、梨も旬を迎え、食欲の秋に一役買っています。
松茸の声もそろそろ聞かれる頃ですね。

香りの素晴らしさは万葉集にも登場する位で、これほど古くから多くの日本人に好まれた茸はないのでしょうか。

料亭などでは、ひとあし早くから季節の味覚を取り入れますが「松茸の土瓶蒸し」を食す時は、「マナーうんちく話606《松茸と土瓶蒸しの食べ方》」を参考にして下さい。

また、茄子がさらに美味しくなる頃です。
我が家でも栽培していますが、この時期のナスビはお世辞抜きで味が良くなります。

「秋ナスは嫁に食わすな」と言う諺がありますが、これは嫁いびりではなく、可愛い嫁に対する思いやりの言葉です。

夏に収穫されるので「夏美(なつみ)」が「なすび」になったと言う説があり、確かに美味なのですが、夏野菜ですから体を冷やします。

従って、嫁が茄子をたくさん食べて体を冷やしたら、子宝に影響を及ぼすから、くれぐれも気をつけて下さいと言う意味があります。

そして燕が南の国に帰っていく頃です。
春先に訪れた、縁起のいい渡り鳥と半年ほどのお別れです。

来年の春になると、また同じ巣に元気良く帰ってくるわけですが、なぜ同じ巣を覚えているのかは謎です。

燕が帰ると同時に「鶺鴒(せきれい)」がチチィと鳴き始めます。
恋の季節を迎えたと言うことですね。

イザナギの神とイザナミの神が結婚しますが、これからどうすればいいのか解りません。そこにほっそりして尾が長い鶺鴒がやって来て交尾をして、契りの結び方を教えたということが、日本書紀に記載されているそうです。

だから鶺鴒は「恋教え鳥」と呼ばれ、婚礼の時にも縁起物として重宝されるようになりました。
つがいになると本当に仲が良いそうですよ。

ちなみに「番(つがい)」とは、継ぎ合うと言う意味を有し、二つのものが組み合わさって一組になることで、「つがいの鳥」は仲睦ましい夫婦の象徴になっています。

涼やかな風、雲ひとつない青空の下で、周囲には秋を彩る花が咲き、ナシやブドウやイチジクが実るのが、ごく当たり前の暮らしをしていると、多くの人々から素晴らしい所にお住まいですねと声をかけて頂きます。

置かれた環境の素晴らしい数々の恵みを謙虚に受け止め、改めて感謝の気持ちで過ごしたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ