コラム

 公開日: 2015-09-13 

まなーうんちく話1044《「美しい食べ方」とはどんな食べ方なの?》

以前にも触れましたが「秋」の語源は、実りの秋、収穫の秋を迎え食べ物が飽きる位出回るからという説が有力ですが、いよいよ食欲の秋到来です。

テーブルマナーに関わって40年になります。

40年前に比較すると、今の日本の食事情は大きく変化しましたが、テーブルマナーでは、「和食」も「洋食」も一貫して「美しい食べ方」に重きを置きます。

なぜなら、何度もお話ししていますように「生きることは食べること」ですから、美しい食べ方は身も心も美しい生き方に直結するからです。

しかし、現在の日本は世界一「飽食の国」、「美食の国」ですが、お世辞にも美しい食べ方とは言えないと痛感します。

何もかも恵まれた先進国でありながら、「孤独死」「自殺」「いじめ」「離婚」等の矛盾が多いのは、このためだと言っても過言ではないでしょう。
だから、私が担当するマナー講座は「テーブルマナー」を最優先します。

食品業界におけるコマーシャル戦線の中において、美しい食べ方は微弱なモノですが、それでも講義をお聞きいただいた方から美しい食べ方を実行し、「夫婦仲が良くなった」「家族間に団らんが生じた」「子どもに落ち着きが出てきた」「人付き合いがスムーズになった」「姿勢が良くなった」「生活にめりはりが出てきた」等々のお話を聞くことが結構あります。

ところで、「美しい食べ方」とはどんな食べ方だと思いますか?

一言で言えば周囲への配慮です。

周囲とは非常に範囲が広く、下記のように多種多様なものが含まれます。
○同じ食卓を囲む全ての人
○料理を作ってくれた人
○料理をサービスしてくれる人
○食材や飲み物
○食器や箸やスプン等
○食文化など

さらに、共に食卓を囲む人に不快感を与えず、好感を与える食べ方です。

不快感を与えないためには、食卓に着く前の身だしなみや姿勢も大切です。
加えて、美しい箸使いやフォーク・ナイフ・器・グラス類等の扱い方も大切です。

料理のスピードも皆と歩調を合わすことで、テーブルマナーではとても大切な要素です。

会話の内容も大切で、楽しい話題に集中してください。
勿論、ご馳走には「笑顔」がお似合いです。

次に、料理を作ってくれた人やサービスをしてくれる人、さらに食材や食器に至るまで、感謝の気持ちを込め、食べ残しをせず、綺麗に、美味しく食べることです。

欲を言えば、今、口にしたものがどんな食材で、どんな特徴があり、どんな調理方法で作られているのか等が把握できれば最高です。

そして、一口、一口、食べ物と真摯に向き合うことです。

食事を終えた後は、お皿や箸の置き方まで美しく保って下さい。
その人の品格はここに出ます。

人を採用したり、仕事の相棒になる人、結婚相手になる人等は、その人がどんな人かキチンと把握することが必要ですが、そんな時には、和食でも洋食でもいいですから、共に食事をしてみて下さい。美しい食べ方が出来る人は信頼できる人だと思います。

10月24日(土)、岡山県和気町鵜飼谷温泉にて「父母と祖父母と未来の紳士淑女のためのマナー&和食マナー講座」を開催します。
腹話術、セミナー、実践マナー指導、マナークイズ、食育落語等の充実食育講座です。
詳しくは《新着のセミナー・イベント情報をご覧ください》

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ