コラム

2015-09-09

マナーうんちく話1041《知っておきたい季節の言葉「重陽の節句」と「菊酒」》

従って5つの節句でも、特に格式が高い節句と認識頂いたらいいと思います。

そしてそれぞれの節句にも別名がありますが、重陽の節句は「菊の節句」とも言われています。

日本には5つの節句がありますが、9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。

中国では奇数は縁起のいい「陽」の数字とされ、中でも「9」は一番格式が高く、それが重なる、つまり陽が重なるから「重陽」になります。
菊は邪気を払い、長寿を招く大変お目出度い花です。

平安時代には、重陽の節句になると貴族たちの間で、盃の中に菊をちりばめて飲む風習が出来上がり、江戸時代になると、諸大名が江戸城に登城して、菊を献上し、菊酒でお祝いをしております。

ちなみに、日本酒の好きな人はお分かりだと思いますが、日本酒の銘柄には「正宗」や「鶴」と同じく、「菊」の名前が多く有ります。
実はその由来は、この「菊酒」にあります。

《草の戸や 日ぐれてくれし 菊の酒》(松尾芭蕉)

重陽の節句には、早朝から菊の酒で祝うのに、自分には関係ないと思っていたところ、夕暮れになって門弟から酒が届いた。

ほのぼのとした句ですが、今夜あたり、健康と長寿を祈願して、親しい人同士で菊酒を楽しむのもお勧めです。
できれば、一句ひねってみるのもいいかも・・・。

平安貴族は、重陽の節句には、盃に菊の花びらを浮かべた酒を飲みながら、詩歌を詠みあって、雅なひと時を過ごしたそうです。

しかし、現在では五節句の中でも、殆ど知られてないのが現状です。

一番格式が高い節句なのになぜ?と思われるかもしれませんが、今の季節と菊が結びつかない理由の他に、儲からないからというのも大きな原因ではないでしょうか?

もっとマスメディアが、重陽の節句の由来などを積極的に報道すればいいのにと思うわけです

「地獄の沙汰も金次第」と言います。
平安時代からの歴史を有する由緒ある「重陽の節句」が忘れ去られて、主として英語圏で開催されているハロウィンが日本にすっかり定着し、年々派手なイベントが繰り広げられるのは矛盾を感じます。

ハロウィンが定着した理由は、その行事の趣旨に賛同するより、ハロウィン関連商品販売の大きなビジネスチャンスになるからで、それにイベント性が加味されたからだと思いますが、儲かればいい!楽しければいい!では寂しいですね。

このイベントは何のために行うのか?
その由来や意義を正しく子ども達に伝えて欲しいものです。

ハロウィンは悪霊を払うと共に、収穫祭の意味合いを持つようですが、実は「重陽の節句」も、収穫祭の意味合いが濃い行事で、「栗の節句」とも言われています。

だから栗ご飯などを焚いて祝い、感謝するわけです。
米を中心とした農耕文化で栄えた日本人にとって、切っても切れない関係にあり、歴史的な価値も高いわけです。

国際化の時代だからこそ、自国の文化は大切にしたいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。風物詩は俳句の「季語」のように...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ