コラム

 公開日: 2010-11-29  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話25≪もてなしのマナー≫


マナーうんちく話25《もてなしのマナー》

もてなしのポイントは、客人を気持ちよくお迎えすることです。
さりげなく、最高の心遣いをすることが大切です。相手の負担になってはいけません。

①客人を迎えるに当たって
客人から予約が入ったら、都合のよい日時をキチンと伝えることです。周囲の人たちにも、どんな人が、どういう目的で、何時頃来るということを伝えておくことも必要です。

②客人を迎えるための準備
ポイントは、どのようにしたら客人に快く感じてもらえるかです。きれいに掃除をしておくことが大前提です。特に玄関は家全体の第一印象を決定するので特に念入りに。さらに客室・トイレ・清潔なスリッパ・和室だったら座布団にも気を配りたいところです。季節の花はおもてなしの心をさりげなく表現するのでお勧めです。

③チャイムが鳴ったら
すぐに応対します。玄関にお招きして、「お待ちしていました」「いらっしゃいませ」と簡単な挨拶をします。特に雨降りの時は「雨の中わざわざお越しいただき・・」とねぎらいの言葉を添えます。これは好感を持たれます。コート類があれば「お預かりいたします」と言って預かります。上がるように勧めてスリッパを差し出し、客室へと案内します。もし客人の靴が気になってもここでは靴を揃えません。

④客室にて
客室では客人を上座に案内します。
手土産は遠慮なく感謝の言葉を述べて両手でいただきます。この手土産はそのままにせず、部屋を出る時に持って出て下さい。そして客人が帰るまでには中身を確かめてください。親しい間だったら、その場で開けて、その場でお礼をいっても結構です。

⑤茶菓の用意
客人を客室に案内して、キチンとした挨拶がすんだら茶菓を出します。
頂いた手土産がケーキや果物だったら、キレイに盛りつけ、お茶と一緒に出してもかまいません。菓子が先で左側に置きます。続いてお茶を右側に置きます。お茶のお代わりをする時には、「お代わりをお持ちします」と言って茶卓ごと下げます。
親しい間柄だったら目の前で注いでもOKです。茶卓に乗せたままではいたしません。

⑥客人が帰る時は、いったん引きとめるの?
客人が帰る時にいったん引きとめるのがマナーとされているようですが、本当にもう少しいてほしい客人は引きとめるのもいいですが、そうでなかったら無理に心にもないことを述べる必要はないと思います。自分の気持に忠実にされたらいいと思います。

⑦玄関まで案内する
玄関に案内し、預かっていたコート類を渡し、「どうぞこちらでお召になって下さい」といって着用を勧めます。別れの挨拶は手短にして、手土産のお礼を再度言います。

⑧見送り
客人にもよりますが、丁寧な見送りは基本的には敷地の限界まで出て、姿が見えなくなるまで見送ります。客人が途中で振り返る時が往々にしてあるので、それまではしばらく見送って下さい。高層ビルなどでは、エレベーターに乗り込むまで見送ります。

もてなしの仕方は大体以上ですが、ここで、もてなしの基本になるお茶について触れてみます。多分世界中でお茶を飲まない民族はないと思います。お茶の内容や飲み方等は様々でしょうが、いずれもそれなりの茶文化を形成しています。紅茶の文化、コーヒーの文化、日本茶の文化等などで、これらの共通点は「もてなしの心」です。

特に日本茶は、冬には温かい緑茶、夏は冷たい麦茶、ティータイムと食後といったように、季節や状況により温度や種類に工夫を凝らします。

《太閤・豊臣秀吉の一生をつづった伝記「太閤記」の一節を紹介します》

夏のある日、秀吉が狩りの途中に山寺を訪れた時、そこの小坊主から茶の接待を受けます。
小坊主は、最初は暑いさなかに飲むお茶だから、喉の渇きを鎮めるために、ぬるめの薄い茶を用意しました。ほどなくして今度は、少し濃いめの少し温かめの茶を供し、最後には濃い目でかなり温かいお茶を出したそうです。
この小坊主こそ後の石田三成です。
客人の状況に合わせ臨機応変に対応するということですね。

フランス料理のフルコースの最後には「デミタスコーヒー」が出されます。すなわち、食後だから、濃い目のコーヒーを、量を半分にして出すということです。
※フランス語でdemi-tasse(ドゥミタッス)で、demiは半分、tasseはコーヒーカップ。

最後に日本茶の適温について述べておきます。
番茶は熱湯、煎茶は70-80度位、玉露は60-70度位が目安です。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ