コラム

 公開日: 2015-08-22 

マナーうんちく話1028《日本人と物さびた可憐な「秋の七草」②》

【尾花】
動物の尾に似ているから尾花になりましたが芒(ススキ)のことです。
芒と言えば秋の月がお似合いですが、イネ科の植物ですから、お月見に芒を供えるのは、米に見立てていると言う説があります。

昔から、日本全国、各地で自生しており、家畜のえさに使用される等、昔から日本人になじみが深い多年草です。

別名「茅(かや)」とも呼ばれ、茅葺の屋根の材料になりましたが、最近はあまり見られなくなりました。

【葛】
非常に繁殖力が強く、他の樹木に蔓がまきついている姿をよく見かけます。地下部の葛の澱粉(でんぷん)は「葛湯」で親しまれています。

【撫子】
控えめで清楚で品の良い女性を「大和撫子」と表現しますが、秋風に揺られている姿はなんといえない趣があります。撫でて愛でるほど可愛い子の意味です。

「川原撫子」「美女撫子」「大和撫子」等の種類があります。

【女郎花】
遠くから眺めるととても清楚で美しいですが、鼻のいい人は近づかない方が良いかも。見た目と裏腹に臭いがよろしく有りません。

【藤袴】
もともと薬用として日本に伝わり、かつては日本の各地域で見かけることが出来ましたが、今では絶滅危惧種になりました。

生のままだとあまりにおいませんが、乾燥させるとほのかな香りが立ち込めてきますので、昔の女性は乾燥させた藤袴を服にしのばせていたとか・・・。

【朝貌】
秋の七草の最後に詠まれた「朝貌」は、「朝顔」ではありません。「桔梗」の説が有力で、気品に満ちた古典的な風情は今なお、多くの人を魅了しています。

ところで、「春分の日」「秋分の日」は有りますが、「冬分の日」「夏分の日」は有りません。

「春の七草」と「秋の七草」はありますが、「冬の七草」と「夏の七草」はありません。

厳しい寒さや、暑さが終わり、心地良い春や秋になるから、このような言葉が生まれたのでしょうか?
大変趣のある言葉です。

特に秋の七草はどちらかと言えば控えめな感じがします。
だから、「謙虚さ」「わび」「寂」を好んだ日本人の感性に受けたのでしょう。

そして秋の七草は、一斉にぱっと咲いて、パッと散るモノではありません。

先ず萩、桔梗、撫子が咲き、やがて芒や女郎花が続き、最後に藤袴が咲いてきます。恐らく今の時期は全ての秋の七草を見かけることが出来ると思いますので、山上憶良が数えているように、指折り数え、七草に親しみ、自然を理解して下さい。

自然を大切にし、自然と仲良くなりたい気分になります。

経済効率のみで原発を稼働させるのが、いかに愚かな行為につながるか、このような感じになるかもしれません。

8月22日は、私が主催している地域創生講座《和気町幸齢者大学第4回講座「生き生きコミュニケーションで絆作り」》が13時から開催されます。

昨日は、近隣の野山に出向き「秋の七草」全て調達してきました。
毎回40人から50人くらいが参加されますが、今日は会場一杯秋の七草でお持て成しです。

地域創生に関心がある方が、目先の自然に親しみを感じて頂ければ嬉しい限りです。地域創生は地域の自然を理解することから始まります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ