コラム

 公開日: 2015-08-21 

マナーうんちく話1027《日本人と物さびた可憐な「秋の七草」①》

七草には「春の七草」と「秋の七草」がありますが、春の七草は「七草粥」になり、食用として重宝され、早春の風物詩として有名ですが、いずれも地味な花で華やかさは感じられませんね。

ちなみに「春の七草」とは、なずな(ぺんぺん草)、ほとけのざ、はこべ、せり、ごぎょう、すずな(かぶら)、すずしろ(大根の葉)です。

これに対して秋の七草は観賞用で見て楽しむ花として、日本人には古くから愛されてきました。

古代大和民族がいかに秋を愛し、物さびた可憐な秋草に対して、いかに豊かな詩情をいだいてきたか、如何に親しみを込めたが伺える句があります。

《秋の野に 咲きたる花を および折り かき数ふれば 七種の花》

《萩が花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花》

いずれも万葉集に収録されている山上億良の歌で、これが「秋の七草」の起源だと言われています。

秋の野に咲いている花を 指折り数えたら七種類の花があります。
ハギ、オバナ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、アサガオ。

長かった猛暑がおさまり、やっと過ごし安すくなって、秋風が吹いている中で、花を愛でる山上億良の優しい心根が、ヒシヒシと感じられる歌です。

特にこの中で登場する花は、昔から日本人には相性が良かったのでしょうね。

但し、古代人は現在の桔梗を「朝顔」といい、芒(すすき)を動物の尾のようだとして「尾花」と表現しています。

秋の七草は時代により若干異なる点にご注意ください。

それでは、秋の七草を順に紹介して参ります。
話の種にして頂ければ幸いです。

【萩】
草冠に秋と書かれるように、日本の秋を代表するマメ科の花です。
加えて、これは是非頭に入れて頂きたいのですが、万葉集の中で一番多く詠まれている花です。

紅紫色の可憐な花が秋風になびく風情は、日本人の心に沁みるものがあります。

平安貴族は、春には梅の花を、秋には紅色の萩の花を彼女に頭にかざしたのでしょうか・・・。

いずれも西洋の貴族にも負けない素敵なロマンを感じさせてくれますね。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ