コラム

 公開日: 2015-08-18 

マナーうんちく話1025《メールでの謝罪や依頼はOKなの?②》

手紙はメールに比較して、封筒に便箋が必要で、しかも文章を書いて、糊づけをして、切手を張り、ポストに投函しなければなりません。

多大な手間暇がかかります。
さらに、相手に届くまで時間を要します。

では、手間暇がかかると言うことはどういうことでしょうか?

手間暇がかかると言うことは、相手にそれだけ「丁寧さ」が伝わるということです。

メールに比較して、感情も伝わりやすいですし、設備等も不要です。

だからお願い事やお詫びは、メールより手紙が良いわけです。

謝罪は様々なシーンがあります。

いずれも誠心誠意にすることです。

従って、先ず電話をかけることによって、相手が言いたいことを真摯な態度で、全て伺うことが出来ます。
当然、不快な思いも味わうことになります。

しかし、相手の言い分をしっかり聴くことに徹すれば、相手にも余裕が生まれるので、その時始めてこちらの事情を説明すればいいでしょう。

ただ、最近のことですから、大至急謝罪しなければいけないような場合、取り急ぎメールでお詫びすることがあるかもしれませんね。

このような場合は、相手の都合に合わせ、直接会って、お詫びする日時を決めることが目的になります。

従って、こちらの都合を提示するのではなく、相手の都合が優先です。
「○○月○○日の○○時は如何でしょうか」ではなく、「ご都合のよい日を教えて下さい」になります。

また、直接相手のところに出向いて、謝罪した後のフォローを、メールでするのは効果的かもしれませんね。

この際は、多忙な時に会ってもらってありがとうの言葉と、相手に対する思いやりの言葉を添えて下さい。

不変のモノがないと基礎は固定せず、さ迷います。
一方、変化するモノを正しく理解しないと進歩がありません。

1990年代頃から「ポケベル」がブームになって以来、コミュニケーションツールは多種多様になり、益々高機能化しています。
これに追従するには、それなりの努力が大切です。

しかし、それぞれのツールには、ツールである以上、長所も有れば、短所も有ります。
そして、限界もあります。

加えて、技術が進歩しスピード化されても、伝え方の基本は変わりません。

いくら時代がメール全盛になっても、謝罪の本質は、小手先のスキルではなく、誠心誠意、心を込めることが大切だと考えます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ