コラム

 公開日: 2015-08-17 

マナーうんちく話1023《メールでの謝罪や依頼はOKなの?①》

猛暑とお盆の移動でげんなりされている人も多いとおもいます。
しかし、こんな中で益々威勢が良くなるものもあります。
夏の終わりを告げる「ひぐらし」です。

《やがて死ぬ けしきは見えず 蝉の声》(松尾芭蕉)

暑い中、一生懸命鳴きたてる蝉の声を聞いていると、秋を待つことなく、間もなく死んでしまう気配は全く感じられないという意味でしょうか。

「蛍二十日に蝉三日」といわれるように、蝉の盛りは非常に短いわけですが、残された期間子孫繁栄のために一生懸命仕事をしているのですね。

ところで、松尾芭蕉と言えば「不易流行」を説いた人で有名です。

ちなみに「不易」とは、たとえ時が経過しても変わらないもので、「流行」とは、時の経過と共にその状況に応じて変わっていくものです。

実は、マナーの世界にも不易流行的側面は見受けられます。
その典型的な例がメールや携帯電話ではないでしょうか。

マナーはIT社会になって急激に変わった感があります。

アナログ人間の私にはついていけない面も多々ありますが、違和感を覚えることも少なくありません。

メールで、お願いやお詫びするのは時代の流れだから大丈夫だと思いますか?

以前は、目上の人に対して、メールで依頼したり謝罪したりするのは失礼だと思う人も結構多いかったようですが、最近はどうでしょう。
メールに対する感覚も変わって来ているようですね。

しかし、メールは便利で良いですが、どこまでがメールで良いのか、明確な線引きが出来なくて不安と言う声も聞かれます。

色々な考えがあってしかりだと思います。
メールの謝罪文の例文も掲載されているので、それも有りかと思いますが、私は基本的には感心しません。

例文に記載されているような通り一遍の文面で、こちらの誠意が伝わるとはとても思えないからです。
謝罪する人の声も顔も見えないと言うことです。

やはり、心からお詫びしたい時や、改まったお願いごとには直接出向くか、電話や手紙がお勧めです。

メールは、時と場所を選ばずに、すぐに情報が送れるので、クレーム等にも直ちに対応できます。

加えて、一度に皆に発信することが可能です。
さらに、相手の小言を聞くこともなく、嫌な思いをすることもありません。

手紙のような煩わしさもありません。

しかし、一方的になってしまいがちです。
相手が見ているか否かの確認もできません。

やり取りが、とかく無機質になりがちで、しかも微妙なニュアンスも正確には伝わりません。

また、メールが使えない人もいれば、嫌いな人も少なくありません。
時と場合によると、相手の怒りをより高めるかもしれません。


先ずは電話で直接お詫びして、次に直接出向くとか、手紙というのが筋だと思いますが、如何でしょうか?

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1689《今、中高年齢者の孤独が危ない!どうする?》

世界屈指の長寿国になった日本。あなたは長い人生をどう生きますか?長生きを競うことも大切ですが、長い人...

マナーうんちく話1688《「平服でお越しください」の招待状。どう対応する?》

日本は物が豊かで何もかもとても便利な国になりました。ファッションにしてもそうでしょう。通勤や日常生活...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1687《「包装」に込められた相手を尊ぶ日本人の心意気》

外国人が日本の贈答文化について大変驚きを感じる点は多々あります。贈答の種類の多さ、渡すタイミングや渡し...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1686《神様への感謝とお願い!日本の贈答の起源》

そもそも日本では縄文時代の頃から贈答の習慣があったといわれます。このころは稲作文化も未発達で、狩りで射...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1685《時の記念日と時間泥棒》

梅雨に入り蛍が飛び交う頃になりました。蛍は成虫になるまでかなりの時間を要しますが、成虫になるとほとんど水...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ