コラム

 公開日: 2015-08-09  最終更新日: 2015-08-11

マナーうんちく話1019《国際化の中で再認識したい「お盆」の意義①》

立秋後も相変わらずの暑さが続いていますが、世界的な傾向のようですね。
そして、この暑さにも関わらず、今年も民族の大移動が始まりました。

飛行機、高速道路、新幹線が大混雑する様子を見て、お盆で里がえるされるご先祖様もさぞ、お喜びのことだと思います。

日本では昔から嬉しいことが重なると、「盆と正月が同時にやってきた」と言いました。

四季がある関係で、年中行事は世界屈指の多い国だと言われていますが、中でも「お盆」と「お正月」は格別な意味を持っているのですね。

お盆もお正月もご先祖様の里帰りの日ですが、いずれも時間をかけて丁寧にお迎えして、お持て成しして、再度お見送りをすることは共通しています。

例えば正月は、煤払いなどをして家を清め門松を立ててご先祖様をお迎えし、お節料理でお持て成した後、とんど焼きでお見送りします。

これに対して、お盆のお迎えの準備は七夕に始まると言う説があります。
さらに、今も残っていますが、地域に依っては「道普請(みちぶしん)」といわれる、村人が協力して道掃除等をする行事もあります。

そしていよいよお盆になると、ご先祖の霊が迷わず実家に帰られるように「迎え火」を家の前や庭で焚きます。

地域によっては共同で焚く所もありますが、最近では住宅事情や焚き火の規制等度で出来ない所も多いようです。
また、「盆提灯」に火をともしてお迎えするお家もあります。

ちなみに、お盆用の花として「ほおずき」が飾られているのは、「迎え火」や「送り火」の盆提灯に見立てているからです。

そして、お帰り頂いた霊は、ご馳走や盆踊りなどで丁寧に供養します。

この時期になると、全国津々浦々において、町内会や自治会主催の「盆踊り大会」が開かれます。

やぐらを組んで、その周りをくるくると回りながら踊るわけですが、日本人なら誰しも経験があるのではないでしょうか。

お盆で里帰りした先祖の霊を供養するために、平安中期頃から踊ったのが起源だと言われています。
そういえば盆踊りは、なんとなく哀愁の漂う曲が多いようですね。

これが江戸時代になると盆踊りは各町内の交流の場になり、娯楽として発展していきます。

時期的にも満月の頃ですから、娯楽の少ない当時としては、かなり熱が入ったと思いますが、同時に男女の出会いの場でもあったようです。

盆踊りの歌詞にも、それに関連した表現が結構あるのはそのためでしょうか。

次回に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1679《法要の心得》

法要は「法事」ともいいます。死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。ちなみに死後の...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1678《これくらいは心得ておきたい「香典」の意味とマナー》

香典とは、本来死者に手向ける香の代金です。昔は香や野菜や供物を供したものですが、それがやがて現金を包む...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1677《「葬儀」と「告別式」の意味と心得》

結婚式と披露宴は異なります。特に神前結婚式の場合は親族で行うものだと思います。そして、その後の披露宴は...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1676《二十四節気の一つ「小満」。難局に挑み人間力を磨こう》

春先によくみられる色ですが、萌え出る若葉の、やや黄色を帯びた鮮やかな色を萌黄色(もえぎいろ)と表現します。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ