コラム

 公開日: 2010-11-25  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話24≪訪問のマナー≫


マナーうんちく話24《訪問のマナー》

ホームパーティーや大変緊張感漂う「訪問」・「もてなし」など、わかっているようで、意外にわからないのが、「訪問」と「もてなし」の仕方・され方のようです。

ポイントは、互いに「訪れて良かったなー」、「お招きして良かったなー」と気持ち良くなることです。相手を思いやる心と、それを上手に表現する知識とスキルが必要です。

そこで今回は「訪問」のマナーについて触れてみます。(次回は「もてなしのマナー」です。)

①訪問に当たって
訪問とは、生活の場である家や、仕事の場である職場を訪れ、相手の大切な時間を頂戴することになるので、相手の了解をとることが先決です。訪問する時間帯も相手に合わすのはもちろん、訪問の目的や、どのくらいの時間を要するか、また何人で伺うか等をキチンと知らせることが大切です。他家を訪問する時は足元に要注意です。靴を脱いで部屋に通されることを想定して靴&靴下のチェックを。

②手土産
日本人はよくケーキなどを買っていきますが、欧米人は「自分の庭で咲いたバラ」を持参するそうです。すなわち「手作りのお土産」などもいいですね。
また、改まって他家を訪問する時は「風呂敷」に包んでいくのがお勧めです。この場合は渡し方が問われます。手土産は相手にふさわしいものを選んでください。

③玄関先にて
先ずは「御免下さい」の言葉をかけます。相手が見えたら「今日は」になります。
冬場のコート類の脱ぎ方ですが、「欧米式」はコートを着たまま玄関に入りますが、日本式は、コートを外で脱いでから部屋に入ります。
和風の家か、洋風の家かにより判断されては如何でしょうか。
但し、目上宅に訪問する時等は、やはり外で脱いでから、中に入るのがお勧めです。
また、玄関での挨拶は手短にして下さい。ここではまだ手土産は渡しません。
部屋に上がるように勧められたら、「ありがとうございます」とか「お邪魔します」等と言って、前向きの状態で靴を脱ぎます。後ろ向きになって靴を脱ぐ人をよく見かけますが、これはよくありません。靴を脱いで上がったら、脱いだ靴は揃えて置いて下さい。

④部屋に通されたら・・・
和室と洋室があり、それぞれ上座・下座がありますが、ポイントは勧められた場所に座ればいいと思います。
和室の上座は、床の間の前、出入り口の近くが下座です。
洋室は、飾り棚や暖炉の前とか入口から遠い場所です。また一人掛けの椅子と、2-3人掛けの椅子がある時は、長椅子が上座になります。
和室の場合はまだ座布団には座らない方がいいですね・・・

⑤部屋における礼儀・作法
ここで本日最高の挨拶を行います。挨拶が終わったら手土産を渡します。ポジティブな言葉を添えて下さい。紙袋に入れていたら、袋から出して渡して下さい。風呂敷に包んでいたら、風呂敷から出して、風呂敷をたたんで、先方に正面を向けて両手で持って渡します。
その後、和室だったら座布団を勧められます。お礼を述べて座布団に座って下さい。座布団の上には立たないように、にじりあがります。
続いて茶・菓が出ます。出されたらお礼を述べてすぐにいただきます。流派により異なりますが、一般的には菓子が先です。菓子やお茶の味を褒めたり、楽しい会話をお勧めします。順次本題に入って下さい。

⑥おいとまのマナー
予定時間がきたらそろそろお暇をします。礼を述べて席を立ちます。予め帰る時間を相手に伝えておくと、「そろそろ時間ですのでお暇いたします」ときりやすくなります。
和室では、座布団から下座側に降りてお礼を述べます。洋室の時は、椅子から下座側に立ってお礼を述べます。玄関でスリッパは脱ぎっぱなしにせず、つま先を室内に向け揃えます。
挨拶をして外に出ます。
外まで見送りを受けたら、そのまま帰らずに途中で一度振り返って会釈して下さい。ここがポイントです。営業等の時は特に注意して下さい。

⑦礼状
訪問後は帰宅していったん電話でお礼を述べ、その夜、礼状を書き翌朝投函して下さい。
あなたの面影を先方が忘れてしまわないよう、礼状はすぐに出すのがポイントです。
勿論手書きの礼状がお勧めです。ビジネスの時でも、他社を訪問後の礼状は好感が持たれます。

「訪問のマナー」は大体以上です。訪問後のお礼をお忘れなく・・・
次回は「もてなしのマナーです」。併せて参考にしていただければ嬉しいです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ