コラム

 公開日: 2015-08-04 

まなーうんちく話1017《「いじめ」の解決はマナーと食育から!②》

【いじめとは】

早速ですが、「いじめ」とは何でしょうか?

最近の傾向を見ていると良く解りますが、立場や経済力や体力の強い者が、弱い者を攻撃することではないでしょうか。

就職して経験する「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」等などはまさにこれですが、最近では就活中にも起こっています。

「他社の応募を取り下げれば今すぐ内定を出すよ」という「終活終われハラスメント」、つまり「オワハラ」です。

このように、大人の世界にもいじめは様々が形でうごめいていますが、さしずめ中学生の場合だったら、体力が強い子が弱い子に嫌がらせをする、あるいは暴力行為に走ることを「いじめ」と表現していいと思います。

【では、その解決策はどうか?】

いじめを受ける弱い者が「強くなること」が一番の解決策だと思いますが、現実的には小学生や中学生や高校生が簡単に強くなることは不可能です。

ではどうするか?
イジメに走る子を大人、つまり教師や親が、人生で本当に大切な事を教えることです。
凛とした態度で「良いことは良い」「悪いことは悪い」と教えるべきでしょう。

ひと昔までは、「他者に迷惑をかけてはいけない」と言うことを、日本人は徹底的に守っていました。

「嫌い箸」もその典型で、同じ食卓を囲む人に嫌な思いをさせないために、してはいけない箸使いです。その数は70を超えますので、いかに他者に配慮したかが伺えます。

そして、イジメに走る子を作らないことが大切です。
身も心も健康に育てることだと言ってもいいと思います。

【そのためには「マナー教育」と「食育」はとても大切です】

先ず、学校における「マナー教育の目的」を明確にすべきです。
マナーとは何か?なぜ必要かをきちんと説明すべきです。

職業経験をするために、会社訪問をすることになったので、あわてて行うのではありません。また、就職試験に備えてするものでもないでしょう。

学校でマナーを学ぶ目的は、クラスメートや教師と、良好な人間関係を築き、充実した学園生活を送るためと、将来思いやりのある子に育ってもらうためです。

日頃このような基本的なマナーの知識やスキルを身に着けていれば、就職する際にあわてなくてすみます。また陰湿ないじめも影をひそめるでしょう。

例えば挨拶。
挨拶の目的は、相手の存在を確認した意味と、相手と仲良くなりたい意味があります。

だから、挨拶を交わしたもの同士の間に、いじめは無くなります。
この理屈をキチンと教え、実行することが大切です。

ただ、今の親が家庭で子どもを正しく躾け、加えて美しいマナーを発揮できる力はかなり失せていると感じます。だから、教育委員会や学校や公民館等がマナー講座を積極的に発信すればと思うわけです。

数学や国語の点数が上がるわけではないので、なかなか実行に移すのは難しいかもしれませんが、子どものいじめ問題を解決するには、教師や親が変わらなければ無理だと考えます。

「子は親の背中を見て育つ」と言われますが、そんな視点で考えてみると、大人自身が主体的に、素敵に変身することが大切ですね。
そして、子どもと真摯な態度で向き合い、会話をすることです。
マナーうんちく話1018《「いじめ」解決はマナーと食育から!③》

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1446《「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の使い分け》

別にこれといった理由があるわけでもないのに、心と身体をウキウキさせてくれる春の風。「前向きに頑張ろうよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1445《大切にしたい「みずみずしさ」と「まろやかさ」》

日本は、食料自給率は先進国の中でも最下位レベルと非常に低いわけですが、「飽食の国」であり「美食の国」でもあ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ