コラム

 公開日: 2015-08-01 

マナーうんちく話1015《「八朔」と「薮入り」と「水入らず」》

8月は陰暦では「葉の落ちる月」、つまり「葉落ちる月」が転じて「葉月」と言いますが、もう1週間もすれば立秋です。

夏の盛りも過ぎ、暦の上では秋で、暑中見舞いから「残暑見舞い」に変わりますが、現実的には、一年で一番暑い時で、暑さの記録が更新される頃でもあります。

そして夏休み真只中です。
ちなみに日本の夏休みは、商家に丁稚や女中として奉公に出た男の子や女の子が、盆と正月に休みがもらえる「薮入」の名残です。

昔は今と違い大変貧しかったので、男も女もある年齢に差し掛かると働かなくてはいけません。

田舎では就職先がありませんので、都会の商家に出稼ぎに行くわけですね。
都会の商家の主人にとっては、田舎は木や竹が生い茂っているイメージが強いので、「藪」と表現したのでしょう。だから「薮入」になりました。

商家に奉公に出た若者は、日頃は朝から晩まで辛い仕事についているので、暇を与えられ、服を新調してもらい、子づかいや手土産を頂いて実家に帰ることは最大の楽しみです。

「水入らず」と言う美しい言葉があります。
他人を交えずに、内輪だけの集まりのことです。

薮入で故郷に帰った子どもは、わずか数日間ですが、家族水入らずのひと時を過ごすわけです。

学校や企業で夏の間、授業や業務を休にみにしてレジゃを楽しむ休暇が今の夏休みですが、かなり違いますね。

ところで、一日の事を「朔日(さくじつ)」と表現しますが、旧暦8月1日は「八朔(はっさく)」です。

この頃になると早稲(わせ)が実る頃で、農家ではこの穂を、日頃お世話になっている人に贈る習慣がありました。

「田の実の節句」と言います。
やがて、「田の実」が「頼み」になり、そこから、農家に限らず、武家の間でも、日頃お世話になった恩に対して御礼をする日になりました。

今でも旧暦8月1日頃、つまり8月下旬から9月下旬にかけ全国各地で「八朔祭り」が開催されていますね。

この頃から食べ始めることが出来るかんきつ類の「八朔」を思い浮かべる人も多いと思います。

また、習い事をしている人は、「これからお稽古をしばらく休みますのでよろしくお願いいたします」と言って、先生の所に行って挨拶する日です。

稽古を休むと言うことは、色々な事が出来ると言うことです。

楽しい事、やりたいことを一生懸命することにより、厳しい暑さをしばし忘れるのもお勧めです。

夏休みは子どものみならず大人も楽しいわけですが、色々な人が、色々な場面で頑張ってくれたお陰で、今の日本の発展があることを肝に銘じておきたいものですね。

そして、夏休みでないとできない、夫婦や家族水入らずの楽しい一時をお過ごしください。

ちみに「水入らず」とは、「水で洗う必要は無い」と言う意味です。

目上の人から杯を頂いたら、それをありがたく頂戴して、杯を返すわけですが、そのまま返したら失礼です。

だから水で洗って返すわけですが、あえて洗わなくてもいいよ!ということで、親愛を深めることです。

夏休みは、夫婦や家族のきずなを深める絶好の機会です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1407《新入社員・職員を活かすも殺すも先輩・上司次第①》

『梅一輪 一輪ほどの暖かさ』。今の時期に相応しい言葉ですが、松尾芭蕉の弟子である服部嵐雪(はっとりらんせ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1406《バレンタインデー、「義理チョコ」はどうして生まれたの?》

突然ですが「義理チョコ」の存在をどう思いますか?バレンタインデー商戦がピークを迎えました。今やバレン...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ