コラム

 公開日: 2015-07-25 

マナーうんちく話1011《今夜は枝豆と生ビールのうんちくで一杯どうぞ!》

これだけ暑くなってくると、待ち遠しくなるのが生ビールではないでしょうか?仕事を終えた後の一杯は格別ですね。

そして今や、「とりあえず生と枝豆」はすっかり定番になりました。
今回のコラムは、ビールをより楽しく飲んで頂くための話の種です。

酒の起源は大変古く、世界には数えきれない位酒の文化があります。
日本は大酒のみの国ではありませんが、酒が好きな人種です。

酒が好きだけど、そんなに飲めないと言うのが日本人の特徴のようですね。
だからビールは、日本人に相応しい飲み物かもしれませんね。

そのせいか、夏は「生ビールに枝豆」が定番になったようです。

ところで「枝豆」と「大豆」の違いをご存知でしょうか?

枝豆は今が旬で、私も作っていますが、成熟していない大豆を収穫したものです。つまり、枝豆と大豆は別の植物ではなく同じ植物で、収穫する時期が異なるわけです。

収穫する時に枝のまま収穫し、そのまま茹でるから「枝豆」という呼び名になりました。

枝豆の歴史は古く、奈良時代にはすでにそのような形で食されており、江戸時代になると、「甘酒売り」「鰻売り」などと共に「枝豆売り」が路上に現れ、夏の風物詩として定着します。

今のように冷蔵・冷凍技術が発達していなかった時代ですから、枝豆はこの時期しか食べられない、まさに旬の食べ物だったわけです。

枝が付いている豆をそのまま塩ゆでして、簡単に美味しく食べられ、しかも栄養価が高い、当時の最高のファーストフードであったと思われます。

そして明治になると、先ず外国人相手にビールの製造が始まり、やがて日本人の喉を潤すようになってくるわけですね。

ビアガーデンも当時には既に存在し、ビール工場に隣接する家で主に外国人がビアパーテイーを楽しんでいたようです。

昭和になるとビールもかなり飲まれるようになりますが、本格的に普及するのは戦後になって冷蔵庫が普及してからです。

ちなみに大豆は昔、中国へ留学した留学僧が持ち帰ったと言われておりますが、それ以後、味噌や醤油や納豆等と切っても切れない関係になります。

これらは冷蔵を必要としないので、通年で食せますが、枝豆だけは採れたてでないと食べられません。従って当時は旬の食べ物として重宝されました。

そして昭和30年頃から冷蔵庫が普及し、家庭で気軽にビールが飲めるようになり、それと共にビールと枝豆が定番になったわけですが、近年は栄養学見地からも枝豆が推奨されています。

他の野菜に比較して、多大な栄養効果が期待され、飲み過ぎや悪酔いを防止してくれ、安価で、美味しく手軽となれば頷けますね。

また、「生ビール」は国により定義は異なりますが、日本では熱処理をしていないビールを指し、枝豆とも非常に相性が良いようですね。

今から約60年前に「屋上ビアガーデン」といわれるものが登場して以来、毎年賑わっていますが、それがあるから仕事も頑張れるのかもしれませんね。

但し、ビールの効果は疲労回復、ストレス解消、コミュニケーション等など楽しみも多いわけですが、酒である以上はリスクもあります。

「百薬の長」になるか、「きちがい水」になるか飲み手次第です。
ビールには、「飲酒は20歳になってから」という表示はありますが、「飲み過ぎ注意」の表示はありません。

飲み過ぎに注意して、感謝の心と共に、楽しく、美味しく飲んで下さいね。
これが最高のマナーです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ