コラム

 公開日: 2015-07-23 

マナーうんちく話1010《「蒲焼き」の歴史と「鰻重」の美しい食べ方》

【鰻重の美しい食べ方】

先ずは蓋を開けます。水分などが落ちないように丁寧に開けて、蓋は内側を上に向けておいて下さい。蓋は基本的には器の外側に置きます。

ちなみに、本体の下に蓋を重ねる人がいますが、これは蓋に傷がつく恐れがあるので感心しません。

蓋を開けたら、香りを充分楽しんで下さい。
箸をつけるのはどんぶりと同じように、左下から、右下にかけて下半分を頂きます。ご飯と鰻は、交互に食べるか、一緒に食べればいいでしょう。

下半分、つまり全体の半分食べ終えたら、器を180度静かに回転させ、山を崩すように左から食べます。

この時点で吸い物や、奈良漬などの香の物も一緒に召し上がって下さいね。

最後に蓋を元の状態に丁寧に戻します。
指先を揃えて、両手で持つと美しく見えるでしょう。
特に女性の場合、指先の所作はとても目立ちます。
日頃から指先のお手入れをお忘れなく。

【蒲焼きのうんちく】

フランス料理では「鰻の赤ワイン煮」等の料理がありますが、日本で鰻と言えば、すぐに「かば焼き」を思い浮かべます。

その位「蒲焼き」は、鰻本来のおいしさを見出した日本独特の料理で、米のご飯との相性も抜群だと思います。

まだ栄養学や食品学等の知識もない時代に、鰻効果で猛暑を快適に過ごした先人の知恵には脱帽です。

さらに江戸時代にはボケ防止にも効くとされ、お年寄りも好んで鰻の蒲焼を食していたと言われています。

今は超高齢化社会。
10年先には65歳以上の高齢者の5人に一人が認知症になるのでは?と危惧される中、鰻の需要はますます高まりそうですね。

そしてなんといっても、鰻の蒲焼の魅力は「たれ」にあります。
醤油、みりん、砂糖などで煮詰め、ある期間寝かせますが、このプロセスに独特の秘伝が詰まっており、それに伝統の技が加味されるから、より魅力的になるのでしょう。

ステーキのデミグラスソースもしかりですね。
ソースは英語もフランス語もイタリア語も「sauce」と綴られ、語源はいずれもラテン語の「SAL」、つまり塩の意味が込められているソウでス。

フレンチの「デミグラスソース」と和食の「たれ」。

日本は今や世界一「飽食の国」と言われていますが、美味しい物が食べられることは本当に幸せです。深謝すると共に、何時までもこの状態が持続するよう、それなりの努力も大切ですね。

ところで、蒲焼の名前の由来は諸説あります。

○香りが素早く鼻の中に入ってくるので「香ばや」が転じたとする説。

○鰻を焼いた時の色が樺(かば)の皮に似ているからとする説。

○夏から秋にかけて池や沼等の水中に群生する茶色の蒲の花穂に、鰻を筒状に切って焼いた形が似ているとする説。

○蒲鉾(かまぼこ)から転じたとする説。

さらに、鰻重は店により値段の高い順に「松・竹・梅」のメニューに分かれているケースもありますが、内容の差は様々です。
日本らしい格付けでいいですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ