コラム

 公開日: 2015-07-22 

マナーうんちく話1009《「鰻丼」の知識と美しい食べ方》

今はフルシーズン食すことが出来ますが、かつて夏のご馳走と言えば「鰻料理」ではないでしょうか?

鰻はビタミンAとビタミンDが豊富で、夏バテ対策として、また精の付く食べ物として万葉のころから食されていましたが、「蒲焼」といわれる調理方法が登場するのは江戸時代からです。

江戸中期になると、濃い口しょうゆが発明され、その普及に合わせて蒲焼も広く庶民に広まったようです。

そして、器の中にご飯を入れて、鰻のかば焼きを載せて、その上から蒲焼き用のタレをかけた日本料理が「鰻丼」「鰻重」で、平賀源内の傑作のキャッチコピーのお陰で、7月24日土用の丑の日には、食べずにはいられない食べ物になりました。

但し、当初は鰻の蒲焼きとご飯は別々に食されており、鰻丼が登場するのは大部の後です。

いきさつは下記の通りです。
昔は今のように大きな川に橋はなく、渡し船での移動だったわけですが、その渡し船を利用するため、船着き場近くの茶店で、鰻の蒲焼とご飯を食べていた旅人がいました。

食べている途中で船が出ることになったので、慌てた旅人は温かいご飯の上に蒲焼きを載せ、その皿を蓋にして船に乗り、暫くしてそれを食べたところ、非常においしかったので、それが定着しました。

特に江戸時代には、芝居が娯楽として人気があったわけですが、鰻丼は幕の内弁当のように、芝居にとても適した食べ物だったのでさらに普及したようです。

さらに明治から大正になると、鰻丼にさらにぜいたく感を出したいということで、漆器等をふんだんに使用した重箱に鰻を入れるようになり、新たに「鰻重」が誕生したわけです。

ところで、鰻の蒲焼も、丼で供されるか、重箱になるかで、値段は大きく異なりますが、中身自体は必ずしも異なるわけではありません。

ちなみに、鰻の一番美味しくてボリュームのある部分は胴体部分ですが、小骨が多い頭の部分や、幅が狭く身も薄い尾っぽの部分では、値段が異なるかもしれませんね。

しかし、「鰻丼」の方が庶民的で食べ易い感じがしますが、「鰻重」と言えば、たとえ中身が同じでも、なんだか格式ばった感じが歪めないようです。

その理由は、丼より重箱の方が、格式が高いとされているからだと思います。
いずれにせよ、高級料理ですからフォーマルな席でも供されます。
美しく、美味しく食べたいものですね。

先ず、鰻のかば焼きは、牛肉のステーキなどと同じで、注文を受けて焼き始めることが多いので、時間にゆとりを持って下さい。

焼き上がるまでの時間、良い香りを楽しみながら、ひたすら待つことも大切なマナーですから、香りを楽しむ余裕が大切です。

【鰻丼の美しい食べ方】

丼物は気軽に食べられますが、鰻丼もれっきりとした和食です。
たとえ一人で食べる場合でも、姿勢を正し、丁寧に召し上がって下さい。

丼が持てそうな場合は持って食べて下さい。ご飯と鰻を交互、あるいは一緒に食べてもいいでしょう。
丼の左手前から食べ始めるのがポイントです。

丼が持てないようでしたら、左手を丼に軽く添えると上品な食べ方になります。
但し、丼に口をつけて食べるのは感心しません。

丼に直接口をつけてもいいのは、「お茶漬け」や「とろろごはん」のように、箸だけではつまみにくい食べ物だけです。

次回は「蒲焼の知識」と「鰻重」の品の良い食べ方です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1559《「千歳飴」誕生の物語。七五三に秘められた謎②》

「七五三」は「髪置き」「袴着」「帯解き」といった儀礼が、公家や武家のみならず、庶民の間でも行なわれていたよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1558《正しく身に付けたい参拝の知識と作法②》

お賽銭の次は「鈴」を鳴らします。鈴を鳴らすことで神様におきて頂くわけです。神霊をお招きするということで...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ