コラム

 公開日: 2015-07-19 

マナーうんちく話1007《「土用」と「暑中」と「暑中見舞いのマナー」》

そろそろ「暑中見舞い」が気になる頃ですね。

ところで、夏の土用は立秋前の18日間ですが、平成27年の立秋は8月8日ですから、7月20日(月)「海の日」が「土用の入り」と言うことになります。

そして7月20日の土用の入りから、8月8日の立秋までの間で、12支の「丑の日」が、「土用の丑の日」になるわけですが、今年は7月24日(金)です。

すでにスーパーやコンビニでは、土用の鰻の予約販売を大々的に行っているのでご存知の方も多いと思います。

ちなみに、夏の土用は「書中」の頃でもあります。

書中と言えば「暑中見舞い」を思い浮かべる人も多いと思いますが、何時ごろ出して、頂いた時の返事はどうしたら良いのか?気になる人も多いと思いますので、今までのおさらいも込めて解説しておきます。

暑中見舞いは、ビジネスシーン等で社交辞令として出される面もありますが、本来は寒い時期と同じように、暑い時期になると相手の健康を気遣う為に、訪問したり、手紙を出したりすることです。

では、何時から出したらいいのでしょうか?
暑中見舞いは年賀状のように細かな決まりはなく、諸説あります。
相手方(受取人)の、住所地の状況に応じて臨機応変にして下さい。

○夏の土用、つまり平成27年は7月20日から8月7日まで。

○二十四節季の「小暑」から「立秋」の前日まで、つまり平成27年は7月7日から8月7日まで。

○梅雨明けから立秋の前日まで。

概ね上記の時期が暑中見舞いを出す時期ですが、ポイントは相手先の住所地の状況に合わせることです。

日本は南北に細長いので、南の国と北の国では気候は大きな違いがあります。暑中見舞いですから相手方の住所地が暑くなってから出して下さい。

つまり一番良いタイミングは、暑中見舞いを受け取る相手が住んでいる地域が、暑さの頂点に達した時です。

勿論、そんなに神経質になることは無いですが、九州の友人と北海道の友人に出す場合は、かなり誤差があるということで、ここが年賀状と異なります。

加えて、暑中見舞いの時期は立秋の前日までです。
平成27年の立秋は8月8日ですからそれまでには出して下さい。

立秋を過ぎたら、たとえ猛暑であっても暦の上では秋ですから「残暑見舞い」になります。鰯雲やひぐらしなど、秋の気配がほのかに漂う頃です。

また、暑中見舞いの日付は平成27年「猛暑」という表現ですが、残暑見舞いは平成27年「晩夏」という表現に変わりますのでご注意ください。

特に、残暑見舞いの場合は、暑中見舞いより「くれぐれもご自愛ください」「お元気でご活躍下さい」等と、より相手の身体を気遣う言葉を添えるといいでしょう。

さらに暑中見舞いは、結婚報告、住所変更、勤務先変更、にも良い機会です。
ビジネスシーンだったら催しや特販売の案内を兼ねてもいいですね。

年賀状と比較すると数分の一と言われる暑中見舞い。
それだけに相手に与える効果は大きいものがあります。

暑中見舞いの本来の意味や意義を正しく理解し、どんな相手に、どんな目的で出すか?を考慮して下さい。

いずれにせよ、真心を込めることと、手間暇をかけることを惜しまないことで、思わぬ効果が期待できます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ