コラム

 公開日: 2015-07-12 

まなーうんちく話1003《「お中元」ってなに?なぜ品物を贈るの?》

梅雨がまだ明けていませんが、7月も中旬になるとお中元が気になる人も多いと思います。
毎年のことだから・・・。

ところで、夏のご挨拶であると言われる「お中元」って何だと思いますか?

中元の本来の意味は7月15日のことで、中国の「三元」といわれる年中行事の一つです。

ちなみに三元とは、1月15日の「上元」、7月15日の「中元」、10月15日の「下元」のことです。

このうち、7月15日の、神様に今までのご無沙汰をお詫びして、お供えをする「中元のしきたり」が日本に伝わりました。

そして日本では、7月15日は盂蘭盆会(うらぼんえ)、つまりお盆で、ご先祖様を供養する日でしたが、その習慣と合体して現在のようになったわけですね。

昔は「お中元」と「お盆」が同時期に行われていたようです。
今でもその名残は多々ありますが、期間は地域によりことなります。

また、四季が明確に分かれている日本では、暑い時期と寒い時期に、お世話になっている人や、親しい人にご挨拶に伺う習慣がありました。

訪問して、互いの無事を確認しあい喜び、「思いやりの心」を発揮したわけです。

やがて江戸時代になると、物が豊かになり、交際範囲もずいぶん広がってきます。

こうなると、訪問する際に素手でいくわけにはいかなくなり、手土産を持参するようになります。

また、交流が広まると7月15日だけでは、訪問できなくなります。
従って、7月15日前後に数日かけて、手土産を持参して、世話になった人達を訪問する風習が生まれてくるわけですね。

さらに明治時代になると、交通手段や輸送手段が格段にアップしてきたので、品物だけを送って感謝の気持ちを表現するようになります。

これに、デパートや商店が目を向けない手はありません。
多彩な企画を次々に発信させ、今のように盛大に夏の品物を贈り届ける挨拶になりました。

売り上げも当然、前年アップを目指しますので、品数を増やし、お歳暮の期間を早めたりして様々な戦略を展開します。
このように、お歳暮の概念も徐々に変化してきました。

これを虚礼と捉える人もいますが、日本は物が豊かで、もともと贈り物をするのが大変好きな国民性を有している国です。

日頃付き合いが十分できていない人に対しても、季節・季節の挨拶として、手間暇と真心を添えて贈ることにより、絆が維持されれば意義があると考えます。

但し欲を言えば、直接出向いて、日頃のご無沙汰を詫び、感謝の挨拶と共に手土産を渡すことがお勧めです。
品物より、直接出向き、元気の良い笑顔を見せることです。

ちなみに、既に何度も触れましたが、お中元を持参して訪問する場合は、部屋に通されて、キチンとした挨拶を終えた後で渡します。

品物は多種多様ですが、昔は麦の粉で作ったそうめんはとても貴重品だったので、そうめんが今でも定番になっています。

「ソウメンのように細長くても、長いお付き合いをお願いいたします」と言う意味が込められています。

次回は御中元を頂いた時の対応に触れます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1514《終活に役立つマナーとコミュニケーション能力②(終活7)》

前回は言語コミュニケーションに触れましたが、ここでは表情、視線、聞き方等の「非言語的コミュニケーション」に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1513《「終活」に役立つマナーとコミュニケーション能力(終活6)》

接客・接遇の基本は先ずはコミュニケーション、コミュニケーションでしょう。これは介護や看護、さらに婚活や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1512《「金持ち」もいいけど「友持ち」「仲間持ち」もね。(終活⑤)》

ひと歳重ねてつくづく思うことは、高齢期を《幸齢期》にするためには気の置けない「友人」や「仲間」が大切だとい...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ