コラム

2015-07-10

まなーうんちく話1002《箸の先はなぜ左に向けるの?》

【聖徳太子が公式の場で使用】

「マナーうんちく話」でも箸について度々触れて参りましたが、先日「箸の先を左にする理由」について質問を受けましたので解説しておきます。

箸は日本人にとって毎日ご縁がある小道具ですから、使い方のみならず、その知識にも色々と拘ってみたいものです。

箸の起源は諸説ありますが、その発祥は中国というのが有力です。
恐らく人間が火を使うようになって、食べ物を焼いたり、煮たりして食べるようになると、素手では食べ難いので、箸という小道具が生まれたのでしょう。

そして中国に留学していた僧が日本に持ち帰り、これを聖徳太子が食法として公式の場で定着させたと言われています。

【箸先が左になる理由とは?】

ところで、洋食のフォーク・ナイフなどは縦に置きますが、日本では箸を縦には置きません。
横に置き、尖っている方(先)を左に向けます。

右利きの人には使い勝手がいいので自然な置き方ですが、実はこれには他の理由があります。

箸の先から太陽のパワーを吸収するためです。

世界中の共通の考えだと思いますが、太陽は地球を支配する圧倒的な存在であり、世界各地で太陽は崇拝されていました。

今でも太陽の光を浴びると身体にエネルギーが満ち、活力が湧いてきますが、昔は太陽への依存心が、私たちが考える以上に大きく、太陽暦といった暦が出来たり、信仰の対象になったわけですね。
「冬至」や「夏至」に行われる様々な行事もそうですね。

このように命はまさに太陽の恵みだと考えられていたので、そのパワーを食事の時にも箸を通じて頂こうということです。

太陽は東から昇り、西に沈みます。
だから、太陽のパワーが充満している方向は東になります。

現在のように照明器具が発達していない昔は、人が何かを行おうとすれば、大抵の人は明るい方に向かいます。

中国においても、天帝が政治を司る時にも、南を向いて重臣や大衆を諭したと言われています。

これに伴い、南に向いて座り、箸の先を太陽の力が漲っている東に向ければ、箸の先がおのずと左になるので、「箸先は左」に向けることが定着しました。

【左上位の考えもこの理屈による】

国際儀礼では「右上位」を採用していますが、日本では昔から「左上位」です。
左大臣と右大臣では左大臣が上位ですが、この理屈も箸の置き方と似ています。

天皇が南に向いて座れば、太陽が昇る方向の東は左になるので、左にすわる大臣、つまり「左大臣」が、右に座る右大臣より上位になります。

また、西洋では、方位を示す時の基準は北でしたが、中国では、家を立てる時も、人に道を尋ねる時も、南を基準にしていたようですね。

だから、人が人として道を踏み外さないように正しく教え導くことを「指南」というわけです。

ちなみに、正面が南になれば、背中は北になります。
背を向けて退散することを「敗北」と言うのはこのためです。

また、和食のテーブルマナーで、「左利き」の人の箸使い等のマナーについて質問を受けますが、できれば右で持つようにお勧めしています。

昔は左の手が清浄で、右が不浄であるという考えもあったようです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1320《親の葬儀に子どもは香典を出す?出さない?》

最近セミナーや講演会終了後に、「葬儀」に関する質問が目立ってきた感が有ります。少子化と超高齢化は「少子...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ