コラム

2015-07-08

マナーうんちく話1000《コラム投稿1000回、感謝の心が人を育てる》

年を重ねると時間の流れが早くなると言われますが、長いようで、実はあっという間に《マナーうんちく話》が1000回になりました。

感謝!感謝!感謝!です。

ところで、「ありがとう」の反対の言葉は何だと思いますか?

「当たり前」です。

ありがとう=「有難う」ですから、有り難いことです。
つまり、有る事自体が難しいということで、非常に珍しいことです。

従ってその逆は「当たり前」になります。

ちみに、当たり前の語源は、「当然」が「当前」になったと言う説がありますが、「そうあるべきこと」「ありふれている」という意味です。

地球上には70億人以上人が存在し、星の数ほど言葉があり、本があり、その本やインターネットを通じ様々な文章が発信されています。

その中からあえて、私のコラムにお付き合いいただいている事自体が奇跡の連続だと思います。

だからこそ、万感の思いで「ありがとう」をお伝えします。

コラムをお読みいただいている方々、このサイトを運営されているスタッフの方々等のお陰で、私のようなアナログ人間でも、1000回コラムを発信することが出来ました。

そして、本当に多くの素晴らしいご縁を頂きました。

「遠くに行くに、必ず近きよりす。」という言葉があります。

最初は、今まで仕事で身近に経験したことから、第一歩を踏み出したコラムですが、回を重ねるにつれ、アクセス数が増え、やがて講演や研修依頼が舞い込んでくるようになりました。

さらに、コラムを書き始め3年が経過し500回を超える頃になると、テレビ、ラジオ、FMテレビ、新聞、雑誌等のメディア出演も相次ぎました。

こうなってくると江戸時代の儒学者の言葉である、「半途にして怠れば 前功を失い 未熟に帰る」が頭をよぎります。

途中で努力を怠るわけにはまいりません。
元の未熟さにもどらないよう、前進あるのみです。

さらに回を進めると、コラムに関する専門的な質問が、テレビ局の番組製作室や教員を初め、多くの方々から頂くようになり、勇気づけられた次第です。

「感謝の心が人を育てる」と言いますが、本当にこの言葉を実感することができたと思っています。

逆に、常に感謝の気持ちを持っていれば、苦労が苦労で無くなる気がします。

毎回コラムを発信するに当たり、「感謝の気持ちを添えることが大切である」ということが、身にしみてきたわけですね。

そして、できれば今の感謝の気持ちを形にしたく、「サンキュー出前講座」をしばらく発信したいと考えています。

コラムで発信してきた内容の出前講座です。
お気軽にお問い合わせください。

加えて、「たどりきて いまだ山麓」(升田幸三)の心境で、2000回を目指して、地道な努力を続けていければと考えています。

今後ともなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1319《訪問先で出された茶菓は いただくか? 遠慮するか?》

他家や他社を訪問することは多々ありますが、「茶菓を振る舞われた時のいただき方」に迷うことが有ります。訪...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1318《物を贈るか?現金を贈るか?それとも・・・》

贈り物をする時は心を込めて贈ることが大切ですが、「品物」を贈るか、あるいは「現金」の方がいいのか迷うことも...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1317《あわれ秋風よ 情けあらば伝えてよ…》

「味覚の秋」を迎え美味しいものに目移りがする時期になりました。しかしなんといってもお手頃価格で美味しくて...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1316《正しく理解したい「春分」と「秋分」、「お盆」と「お彼岸」の違い》

日本には一年を24に分けた「二十四節気」が有りますが、それには大きな節目が4つあります。ご存知でしょうか?...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1315《まことお彼岸入りの彼岸花》

四季が明確に分かれている日本には「風物詩」という美しい言葉が存在します。風物詩は俳句の「季語」のように...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ