コラム

 公開日: 2015-07-05 

マナーうんちく話998《花が織りなす初夏の風情》

この時期になると春の陽光をたっぷりと浴び、梅雨の恵みを受け、木や花は成長を早め色とりどりの花を咲かせます。

先ずは【向日葵】が自己主張を始めます。
夏の花火と共に日本の夏の風物詩を彩る代表格で、毎年のことですがマスコミが真っ先に取り上げます。

「日輪草」の別名を持ち、その姿から太陽の象徴とも言われ、青空に向かって逞しく伸び、大輪の花を咲かせるこの花に、夏を元気に乗り切るエネルギーを頂くのもお勧めです。

また、ぬけるような青空と向日葵の黄色のコントラストは、私たちに勇気を与えてくれるような気がします。
花言葉は「愛慕」。
憧れの人にプレゼントするのもいいですね。

一方、静かに夏の夜に咲く花もあります。
夏の夕方に静かに咲いて、朝にはしぼんでしまう【月見草】です。

江戸時代に観賞用と入ってきましたが、夕方になると人目に付かないようにひっそりと咲き、朝方になるとしぼんでしまう姿が、「わび」「さび」を好む日本人の感性に受けたのでしょうね。

「無言の愛情」という花言葉が付いています。

また、夕方の咲き始めの色は白ですが、朝のしぼむ頃はピンクに変わっているので「移り気」という花言葉も存在します。

そして鮮やかな橙色の花を咲かせる【姫百合】も旬を迎えます。

ユリは茎に比較して花が大変大きいので、ユラユラと揺れるから「ゆり」となった説がありますが、咲いている姿を見ると頷けますね。

また、キリスト教の国々では「聖なる花」として有名で、純潔の象徴です。
花言葉は「可憐な愛情」です。
美しく、そして気高く咲く花にぴったりの花言葉ですね。
ちなみに「姫」と言う意味は、女性の美称や貴人の娘と言う意味がありますが、「ちいさくてかわいらしいもの」と言う意味もあります。
姫百合はまさにこの意味です。

そして梅雨の終わり頃に話のネタになるのが「合歓(ねむ)の木」です。

夕がたに繊細で愛らしいピンクのハケに良く似た花を咲かせますが、地方により「眠りの木」等と言う名前があり、桃のような甘い香りがします。
本州、九州、四国のどこにでも見られる「夫婦円満の木」です。

《昼は咲き 夜はひ寝る 合歓の木の花 君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ》と万葉集に歌われているように、日が当たる時は咲き、日が当らなくと閉じるので、その姿がまさに男女が合わさって寝ている姿に見えるのでしょうか・・・。

「合歓」の意味は、男女が共に合わさって眠る、喜びを共にするという意味ですから、家族や伴侶との中が良くない時は、この花を飾ってみてはいかがでしょうか?
雰囲気がほのぼのと和らいでくる効果が期待できます。

太陽に向かって夏を華やかに演出し、人の心を明るくする「向日葵」。

月が出る時間帯に限り、人知れずひっそりと咲く「月見草」。

うつむき加減ながら、どこか自己主張の強い「姫百合」。

昼に咲き夜は閉じ、夫婦和合を意味する「合歓の木」。

それぞれに、それぞれの個性がありますが、あなたはどのタイプでしょうか?
不思議に花言葉は「愛」に関連しています。

じめじめした蒸し暑い時であり、天候の不順な時でもあります。
こんな時こそ、初夏の花を食卓や居間に飾り、気分転換するのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1485《物の豊かさから心の豊かさを「精神的成長」のお勧め》

日本はここ半世紀の間物質的には大変豊かになりました。衣食住においても世界屈指と言えるでしょう。勿論とて...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1484《本当に品の良い人とはどんな人なの?》

そこにその人がいるだけで場が明るくなったり安らいだり・・・。そんな光景を長年ホテルでの接客の仕事を通じて...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1483《「親孝行。したい時には親はなし」。親孝行のお勧め》

世話になった人や周囲の大切な人に対して「ありがとう」の気持ちを表現する事はとても大切だと思います。伴侶に...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1483《6月21日は夏至。夏の「短夜」をどのように過ごしますか?》

6月は旧暦では「水無月」と呼びますが、この時期になると日本では北海道を除き全国的に一年で最も雨が多い時です...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1482《打ち合わせ中に携帯電話が鳴った。どうする?》

今や公私とも携帯電話を持ち歩かない人は珍しいでしょう。携帯している以上所かまわずかかってきます。掛け...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ