コラム

 公開日: 2015-06-30 

マナーうんちく話994《是非実践したい標語「卑弥呼の歯がいいぜ」》

咀嚼回数を増やし、健康効果が期待できる日本咀嚼学会の標語「卑弥呼の歯がいいぜ(ひみこのはがいいぜ)」の解説です。

○「ひ」は肥満防止です。
良く噛むことにより、肥満を予防する効果は見逃せませんね。
反対に咀嚼回数が少なくなると「早食い」に繋がり悪い結果になります。

日本人の肥満度は世界ではあまり高く無いのですが、ダイエットを願う人は非常に沢山おり費やすお金も非常に多いようですが、とにかく良く噛むことです。

厚生労働省でも一口で30回かむことを推奨する「噛ミング30(カミングサンマル)運動」を展開しています。

○「み」は味覚の発達です。
良く噛むことで唾液が多く分泌され、食べ物本来の味がより深く味わえます。
噛めば噛むほど味が出ると言うことです。

最近はドレッシング、調味料、香辛料が非常に豊富で色々な意味で美味しいと感じることが出来ますが、なるべく食べ物本来の味をしっかり感じ取り、それで美味しいと感じて下さいね。

また、味覚が発達すれば薄味でも充分美味しさを感じることが出来るので、生活習慣病の予防に繋がります。

○「こ」は言葉が良くなります。
良く噛むことで、顔の筋肉が発達して発する言葉が明確になります。
言葉を発する時に口がよく動くと言うことです。
同時に顔の表情も豊かになり、すっきり生き生きと輝いてきます。

○「の」は脳の発達です。
良く噛めば首から上に血液が流れ、脳の細胞が活性化され、賢くなるそうです。さらに高齢者は脳の老化防止にも成るとか・・・。
脳が活性化され認知症予防にも繋がります。

○「は」は歯の病気予防効果です。
最近は医者の数は非常に多いような気がしますが、虫歯や歯槽膿漏の人は多いですね。良く噛むことで唾液の分泌が促進され、口の中が綺麗になると共に、歯肉も丈夫になるようです。

○「が」はガンの予防です。
しっかり書くことで唾液を出し、発がん物質が抑えられると言われています。
免疫力も高まるのでうなずけますね。

○「い」は胃腸の働きをよくする。
良く噛むことで胃腸の働きが好転することは容易に想像できます。良く噛み、食べ物を細かく噛み砕くことで、胃腸の負担を和らげ、活動をよくします。

○「ぜ」は身体全体に活力が湧いてきます。
よく「歯を食いしばって頑張る」と言いますが、歯を食いしばると全身に力が漲り、体力が向上してきます。

世界屈指の「飽食の国」「美食の国」という言葉で象徴される、今の日本人の食生活は、出来合いの物や加工食品や柔らかい物に重きがおかれ、噛む回数が大幅に減少しています。これでは短命になりかねません。

○一口30回或いは30秒噛む。
○一口食べたら箸を置く。
○口に食べ物がある時は飲み物を飲まない。
○食べ物を少量ずつ口に入れる。
○食べ物を飲みこんで次の食べ物を口に入れる。
○食材を大きめに切る。
○固い物を食べる。
○加熱し過ぎない。
○薄味にする。

そして、「箸使い」がとても大切です。
食べ物を口に入れたら箸を置く癖をつけたらいいです。

また、良く噛むことの大前提は常に歯が丈夫であると言うことです。
禁煙を心掛け、日頃のお手入れを大切にして下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1566《地域のふれあい会で「和食の出前講座」を開催し大好評》

日差しの弱まりを感じる季節ですが、小春日和の穏やかな天気に恵まれた11月15日に、岡山県の和気町の地域のふれあ...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1565《「新嘗祭」と「勤労感謝の日」》

稲刈りを終えた田んぼが静かなたたずまいを見せております。日本は「瑞穂の国」といわれるように、稲作を中心と...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ