コラム

 公開日: 2015-06-29 

マナーうんちく話993《「鼠の歯」から「卑弥呼の歯」へ》

《露店の傘負け顔や五月晴れ》(正岡子規)

早朝から抜けるような青空で、久々に雨傘に無縁の気持ち良い日になりそうですね。

昨日まで暗くよどんだ空が、今朝になると晴れ渡って太陽の光が燦々と差し込んでくる、まさに絵にかいたような五月晴れです。

ところで「五月晴れ」ですが、最近では意味が二通りあるようです。

「ごがつばれ」と読んだら5月初旬から中旬にかけて続く晴れの日で、「さつきばれ」と読めば今日のような梅雨と梅雨の合間の晴れの日になります。

ただし、本来は梅雨の間の晴れ間を意味し、季語は夏(初夏)です。
時代と共に使われ方も変化してくるということですね。

ところで子どもの頃、乳歯が抜けたら「鼠の歯と変えてくれ」と言って、屋根や床下に投げた記憶はありませんか?

鼠の歯は生涯伸び続け丈夫であることから、それにあやかりたいと願ったわけです。

乳歯から永久歯に生え替わるのはどこの国の人も全て経験するので、恐らく、これに似た風習は多くの国でも見られることだと思います。

生え替わってくる永久歯が丈夫であって欲しいと願うのは、誰しも同じですね。

ところで、前回「卑弥呼」の話をしましたが、弥生時代の人の咀嚼回数は、現代人の6倍くらいあったとされています。
ちなみに、江戸時代や戦前の人になると2倍くらいだったそうです。

そして現代では、咀嚼回数を増やせば健康効果が高まることを、化学的に解明できるようになりました。

そこで、「咀嚼回数を増やし健康的な生活を送ろう」という試みが関係機関でおこなわれるようになり、新たな標語が生まれました。

私たちが子供の頃には「鼠の歯」にあやかりたいと願っていましたが、最新の科学で「卑弥呼の歯」になりました。

《卑弥呼の歯が良いぜ(ひ み こ の は が い い ぜ)》です。

期待される「8つの効果」は次回に回します。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ