コラム

 公開日: 2015-06-27 

マナーうんちく話992《今夜は鮎のうんちくで一杯どうぞ!》

「清流の女王」と呼ばれる鮎が食卓にお目見えする頃です。

鮎は川や海を回遊し、鰻と共に日本人には大変愛されてきた魚で、代表的な川魚釣りの対象になる魚です。

だから季節毎に、色々な名前がついています。

春に川を上ってくるアユは「若鮎」「登り鮎」、秋になって川を下るアユは「落ち鮎」「下り鮎」と読んでいました。

旬を大切にして、野菜や魚などの素材の持ち味を大切にした江戸っ子は鮎の呼び方を、季節毎に使い分けて、それぞれの味を堪能していたようです。

それ以外にも様々な呼び名があるのも鮎の特徴ですが、それだけなじみの深い魚だと言うことですね。

普通に鮎と言えば夏の季語になり、最も華々しく活動する時期も夏で、主食として苔を食べます。
だから香りが良いので「香魚」という呼び名もあります。

そして水の中で見ると良く解りますが、泳いでいる鮎は口が銀色に光ります。
「銀口魚」と呼ばれる所以です。

まだあります。
約一年で寿命が尽きるので「年魚」とも呼ばれます。

秋に誕生し、冬になると海の生活になりプランクトンなどを食べます。
川魚ですが海水にも適応できるわけで、春になると川に戻って来て、夏には大きく成長します。

ところで、鮎は魚編に「占」と書きますが、これには諸説あります。

鮎の友釣りをされる人は良くご存知だと思いますが、鮎は縄張りを作り場所を独占するので「占」の字があてられたと言う説があります。
自分の近くに別の鮎がやってくると、縄張り意識を発揮し、体当たりして縄張りを守るわけで、この習性を上手に利用したのが「友釣り」です。

そして古事記や日本書紀の話ですが、神功天皇が鮎で戦いを占った説があります。

このように鮎はかなり古くから文献にも登場し、朝廷への献上品でもありました。貴族や武士に愛され、日本の食文化の中でも大切な位置付けだったわけですね。

加えて「鵜飼」等と言われる、非常に長い伝統漁法も受け継がれる等、世界屈指の文化を築いていると言えます。

ところで鮎の食べ方ですが、殆どの魚は刺身がお勧めですが、鮎は何と言っても「塩焼き」がいいですね。

新鮮な鮎に塩をふり、少し焦げ目がつく位に焼いて頭からどうぞ。

姿・形・味・気品の揃った新鮮な鮎を丸かじりする、何とも言えない夏の味覚です。但し、料亭など格式ばった場所では「マナーうんちく話561《鮎の塩焼きの正しい?食べ方》」を参考にして下さい。

鮎の塩焼きの定番でもある「たで酢」で食すと美味です。

「たで」といえば、「たで喰う虫も好き好き」という諺があります。
辛くて渋いたでの葉をこのんで食べる虫もいるように、人の好みも10人10色で、それぞれ違いがあると言うことです。

清流を好むアユもいれば、少し濁った水を好むナマズもいます。

見方や感じ方も人それぞれですが、大切な事は、それぞれの特性をよく理解することです。

鮎として生まれたら、鮎として生まれた意味を正しく理解し、鮎としての一生を全うすることではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ