コラム

 公開日: 2015-06-26 

マナーうんちく話991《雨の日の心和む話①「信言は美ならず」》

6月の終わりから7月にかけては、一年で一番雨が多い時節です。

蒸し蒸しするし、洗濯物は乾かないし、空はうっとうしいし、なにかと気分が暗くなりがちですが、こんな時は思い切って「晴耕雨読」と洒落てみるのもお勧めです。

旬の花を部屋に飾り、本を読み、音楽を鑑賞するのも心のメンテナンスになります。また、先人の名言に触れることもお勧めです。

そこで今回は、老子の「信言は美ならず、美言は信ならず」という言葉をお届けします。

「信言」とは真実味の在る言葉です。
「美言」とは飾りけの在る言葉です。

つまり「真実味の在る言葉は飾り気がなく、美辞麗句のように飾り付けられた言葉には真実味がない」という意味です。

いい人は口が立たない、しかし口が立つ人は本当の意味でいい人ではないと言う意味で、博学を鼻に欠けるのはお勧めできません。

ちなみにマナーも教養の一種だと思いますが、いくら多彩なマナーに精通しているとはいえ、誇張しないで、さりげなく発揮したいものですね。

また、マナーを心得ていない人にでも、自然に合わすよう心がけて参りたいものです。

ところで「美言」の一種にお世辞があります。

「称賛」と「お世辞」の違いは、それを発することにより見返りを求めるか否かですが、歯の浮くようなお世辞はともかく、言われた人が気分良くなるようなお世辞は、言えないより、言えた方がはるかにいいと思うわけです。

言葉の重みを理解している人や、教養の在る人は本質を明瞭簡潔に表現することが出来ます。

老子は言葉の重みについて繰り返し説いていますが、私のような凡人には難しいと思うことが多々あります。

加えて、飾った言葉には真実味が無く、言葉数が多すぎるのも自然ではないと説いていますが、実際問題として、「信言」と「美言」を明確に聞き分けるのも至難の業ではないかと感じます。

私もそうですが、お世辞を言われると「ついその気になってしまう」ことはありませんか?

普通のお世辞は、そんなに害に繋がらないからいいのですが・・・。

しかし、結婚話や保証人の話になると要注意です。
こんな時は今日のコラムを頭に描いて頂きたいところです。

そして、いくら美しく言葉を飾っても「心」がなければ、相手の心には届きません。

マナーもしかりで、先ずは「心ありき」です。
いくら美しく形式にこだわっても、心が無いと通じないと言うことです。

同時に、これを見極める目も養って頂きたいものです。
苦労をしないとモノにならないと言うことです。

人の生き方と良く似ています。
格好ばかり付けて生きている人より、当たり前のことを、当たり前のようにシンプルにやって生きることが、本来有るべき姿かもしれませんね。

2000年前以上前に説かれた言葉が、いまだに脈々と語り伝えられていると言うことは、この言葉に普遍的な価値があるからです。

つまり、時代を超えて私たちに、人生をより良く生きるヒントや気付きを与えてくれる言葉です。
嫌われるのを承知の上で、苦言を呈してくれる人を大切にして下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ