コラム

 公開日: 2015-06-06 

マナーうんちく話974《日本人なら知っておきたい「芒種」と「早乙女」》

田んぼを耕し、水を張って、苗代を作り、苗を育てるわけですが、程良く育った苗を、今度は広い田んぼに植え替えなければいけません。
これが日本の「田植え」です。

最近は田植えも機械化され、スピーディーに行うことが出来ますが、田植え機が開発されるまでは全て手作業です。

水の張った田んぼに入り、腰をかがめて、数本ずつ束ねた苗を、手で植えて行くわけですから、かなりの重労働です。

幼い頃に父母や祖父母に「一粒のコメも無駄にするな」とか「米を粗末にしたら目がつぶれ」等と諭された人も多いと思いますが、狭い農地の、日本の米作りは本当に大変だったわけです。

私が主催する「和食のテーブルマナー講座」は、このような理由で、感謝の気持ちで食事をすることを大切にします。
これが出来れば、やがて周囲の色々な人への感謝の気持ちが芽生えます。

6月6日は、二十四節季のひとつ「芒種(ボウシュ)」です。
稲のように穂の出る植物の種をまく頃を意味します。

今や、二十四節季の中でも、なじみの薄い言葉になっていますが、米を主食のしている日本人として、是非心にとめて頂きたい言葉です。

だから、コラムでも色々な角度から「芒種」を取り上げています。

ところで、田植えに関連する言葉に「早乙女」がありますが、ご存知でしょうか?

「夏は来ぬ」の歌の二番に、《さみだれの そそぐ山田に 早乙女が 裳裾濡らして 玉苗植うる 夏は来ぬ》と有ります。

今から約120年前に発表された唱歌ですから、難しい表現が多々ありますが、中年以降の人なら、一度は口ずさんだ歌ではないでしょうか?

早乙女(さおとめ)は田植えに携わる女性です。
「さ」は「早苗」等と同じように、田植えに関連する接頭語です。

但し、田植えに従事する全ての女性ではなく、特別な役割を担う女性です。
特別な役割とは、豊作を祈願する神事です。

このコラムでも既に触れましたが、桜の咲く時期になると、村人たちは「山の神」をお迎えして、村にお越しいただき「田の神」になって頂きます。

そして、田植えの時期になると、特定の水田に斎場を用意して田の神をお迎えして、その前で田植えを行います。

そこに登場する、紺の単(ひとえ)の赤だすきに白い手拭をかぶった菅笠(すげがさ)の女性が早乙女です。

早乙女は苗字や地名にも使用されていますが、「田植えという神聖な儀式において、田の神に奉仕する特別な女性」と認識して頂ければいいと思います。

今でも、日本各地で田植えに早乙女が登場する行事が見られ、新聞でもテレビでも取り上げられています。

このような行事を見る機会が有れば、「田の神様に豊作を祈る行事」で、とても神聖な儀式だと思って頂ければ嬉しいです。

「稲=イネ=命根」という説があります。
それくらい日本人と稲との結びつきは深いということです。

最近、和食に関するマナー講演の依頼を様々な分野からいただきます。
食育や教育に携わる方を始め、各種女性部、企業、病院や行政、地域団体、老人クラブなど等・・・。

和食の基本知識、箸や器の扱い方もお話ししますが、時間が許せばこのようなお話をふんだんに取り入れます。
毎回、非常に深い関心を寄せて頂き、リピートも多く、大変嬉しく思うわけです。次回は「命の根」にふれてみます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ